今日は6月11日だ

だからなんだと言われるかもですけど、6/11といえば!
そう。友雅さんの誕生日!(笑)
白虎CPに手を出してからもう14年なのか~とちょっと遠い目になりました。
今年もおめでとう31歳。

でもって、萌えついでに相変わらずシスターアクトをおすすめしてみる(笑)
東宝芸能さんが舞台映像のPVをアップしてくれたので貼ってみますよ。
春風姉さんの一番弾けてる所がたまらんです。

てか賢也さんカーティスも観たくなるし……。まんまと罠にはまりつつあります。

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

ベルばらとかフランス革命とか

ちょっと前にも書いたですが、アニメのベルばら一挙放送を見直して、改めて随分アニメは色々とアレンジされてたんだな~と思いつつも楽しく見ていました。
5/20に発売になったマーガレットにアラン編の新作が掲載されていて(付録のポストカードが地味に嬉しかったりしたですよ)7/14から数日後からお話が始まって、アランがず~っとオスカル様を引きずったまま生きていく人生がここから始まったわけだなと感慨深かったりしました。
宝塚のアラン編は幻のように出てくるディアンヌちゃんがヒロインでしたけど、今回もちょこちょことディアンヌちゃんの幻が出てきて、あれやこれやと……(一応ネタバレになるので詳しくは語りません)
にしても、あれですよ。アンドレの「武官は感情で行動するものじゃない」という台詞、アランは聞いてないはずなのに、空耳アワー出来るというのは、あれですか? アランがほんとに好きだったのはオスカル様じゃなくて……以下自粛。
8月末には今までに出た番外編がまとまってコミックスになるそうで。
しかもマーガレットコミックス11巻として。
1~10巻まで復刊されるというじゃありませんか。
私のふるいふっる~いマーガレットコミックス10巻もいよいよ買い直す時が来たという事なのかしら?

でもって、ベルばらつながりで最近見た映画と読んだ本のお話もついでに。

「マリーアントワネットに別れをつげて」をWOWOWでやっていたので見たわけですが………。
いや~。マリーアントワネット最低~~~~。

以上(笑)

いやいやそれだけじゃなんなので。
あの頃のベルサイユ宮殿で働いていた人たちがどんな部屋で暮らして、どんな日常を送ってたのかというのが結構えがかれていたのでそれは興味深かったです。
王妃様のご用でベルサイユ宮殿行ったら「プチトリアノンよ」とあっさり言われてぜいぜいしながらプチトリアノンまで走っていくヒロインの姿見て「ご苦労様」と心底思ったですよ。

小説の方は藤本ひとみさんの「ウィーンの密使」
元のタイトルは「マリーアントワネットの恋人」とついていたそうですが、改題されたこっちの密使の方が内容に合ってた感じがしましたよ。
こちらもアントワネットとフェルセンが頭の中がお花畑すぎて、主人公のルーカスが非常に気の毒になりました。
ま、ルーカスはルーカスで女でやっちまった人なので、そこが惜しかったなと。
ルーカスはアントワネットの幼馴染で「聖戦ヴァンデ」の主人公アンリの義兄という設定の架空の人(多分)なのでしょうな。
ヴァンデであれだけ大変なものを背負って頑張ったアンリのちょっと若い時代にこんな日々があったのか~と思えて、この本は「聖戦ヴァンデ」を読んだ後に読んだ方がいいかもと思ったです。
1789年7月14日からヴァレンヌ逃亡のちょっと前までのお話なので、その後の歴史がわかって読むからもう切なさ満載なわけですが。
この小説読むと、ブルボン王家がもちっと違う形で生き残る道があったんじゃないかなと思えてきましたよ。
そうしたらナポレオンの台頭もなかったのかなとか色々考えたりしちゃいました。
一気に読めて面白かったですよ。

フランス革命期に浸る日々

カテゴリを何にしようかなと思いながら、とりあえずフランス革命括りで記事を書くことにしました。
まずは松屋で9/24まで開催されていた「ベルサイユのばら」展に行ってきました。
oscar
入り口のオスカル様~

連載開始から40周年という事で開かれた展覧会は、漫画の原画、宝塚の衣装やポスター、小物など。そしてアニメと「ベルサイユのばら」を網羅した催しでした。
マンガ描きの仁美ちゃんと一緒に行ったので、原画は初期の頃のスクリーントーンの少ない事やら、カケアミも手描きだね~とか、細かいところも色々見る事が出来て楽しかったです。
ベルばらは多分私が今までに一番たくさん読み返したマンガじゃないかなと思うのです。(出会ったのが子供の頃でしたからね~……初めて読んだときにはさすがに週刊誌連載は終わってましたけど)
復刻版用にカラーページとして新たに彩色されたページとかもあって、いまだにマーガレットコミックス全10巻が棚に並んでる身としては、「新しい版も買えと?」とかちょっと思ったり思わなかったり(笑)
宝塚の衣装は、これは誰の衣装だろうとかアントワネット様の赤いドレス談義に花を咲かせたりと、ここでもまた盛り上がり。
アニメのコーナーではダイジェストで流れるビデオ画像をチラ見しながら「アントワネットは上田みゆきさんだったよね~」とか「うぉー、なっちゃんの声がする~」とかここでもまた盛り上がり。
そして、出口の山のようなグッズを隅から隅まで見て、40年経ってもこうして新しいグッズが出て、こんなにたくさんの人がベルばらが好きなんだわ~とびっくりしちゃうほどの人波を見て、改めて作品の力の大きさを感じた次第なのでした。

そして。
数日後。日本青年館で星組公演「ジャン・ルイ・ファージョン~王妃の調香師~」を見てきました。
このお話は、実在のマリー・アントワネットのお気に入りの調香師だったジャン・ルイ・ファージョンがフランス革命で王室御用達商人だったということで、革命裁判にかけられて、過去のアントワネットとの心の交流や香水に対する思いの強さみたいな回想をはさみつつ、裁判が進む……という物語でした。
革命裁判、恐怖政治の時代ということで、「スカーレット・ピンパーネル」とか「二都物語」の頃の雰囲気に包まれつつ、回想のアントワネットとのシーンはプチトリアノンとかが中心で、ゴージャスなベルサイユのばらとはまた一味違った空気感があったように思います。
恋愛関係とは違うけれど、アントワネットはファージョンのインスピレーションの源でミューズで。
景子先生はファムファタール的なお話を書くのが好きなのかなと思いましたよ。
ファージョン氏には奥さんいるけど、ヒロインじゃないしね(苦笑)
フランス革命史の側面的なお話として、あの時代フリークな私はちょっとお勉強になりました。という感想です。
「二都物語」の時もそうだったけれど、「ラ・マルセイエーズ」と並ぶという革命歌「サ・イラ」が流れるとちょっと私は気持ちがぷしゅ~っとなってドキドキしちゃいます。
あの頃の人間の狂気みたいなものが凝縮されてる感じがするのよね~、あの曲。
裁判シーンの日付がとても詳しく出ていたのは、まさにロベスピエールが失脚するか否かの瀬戸際の時だったからで、テルミドールのクーデターのあたりも再勉強してみようかなと思ってますよ。
観劇した日はアフタートークがついていて、公演と協賛しているロクシタンの広報の方のお話とかも聞けてちょっとお得な感じもありました。
ロビーにはバラの香水を吹きかけて持ち帰れる特別製のムエットがあって、それをお店に持って行くと試供品がいただけるというので、早速もらってきましたよ。

そしてこの後は横浜そごうで開催されている「マリーアントワネット物語展」にも足を運ぶ予定です。

なんともフランス革命三昧な昨今でございますよ。

6月11日といえば

友雅殿のお誕生日♪
遙かコンテンツでHPを始めたのが2001年の6月11日なので、11年か~。12年目かぁ。
てか、遙かが出てからそんなになるんか~(しみじみ)
11年経っても31歳おめでとう相変わらず優雅なんだろうなぁ。うんうん。おめでとうございます。

さて。
だいぶ前に録画してあった国営放送のヒストリアの厳島神社伝説の回を見ていたら、「恋人の聖地」と書かれたなんか見た事のあるプレートが。
そう↓コレです。
20120528105704.jpg
ちなみにこの写真は宮島ではなくて、京成バラ園です(笑)
まるっきり同じプレートだったので、ちょいとぐぐってみましたらコチラに行き当たりました。
商標登録だったんかいっ(@_@;)日本全国にこんなに聖地があるんかいっ(@_@;)
とちょっと驚いた次第です。
ピックアップされていたリストを見ていると、なるほど風光明媚なデートするにはもってこいなところばかりですな~。

そして今日の宝塚方面のニュースはみみちゃんとみわっちの退団発表ですかね。
午前中は月組のロミジュリの友の会チケの大当たり具合が嬉しかったのですが、ちょっと寂しくなっちゃいましたよ。はぅ。

宮島にちなんだわけじゃありませんが、久しぶりに追記に清盛感想を。

続きを読む

10日以上ぶりでございますm(__)m

どもです。
元気にしております。こんなに毎日寒いのに風邪ひとつひきません。
今年は絶対風邪ひかないぞー(ことだまことだま)

さて。
相変わらずな毎日を送っておりますが、萌え……というか、さっきお風呂に入りながら真剣に私は何を考えているんだろうとか笑ってしまったネタを書きます。
今日も今日とて6時からBSプレミアムにて「平清盛」をリアルタイム視聴。
登場人物が少しずつ出揃ってきて、白河法皇さまの退場の寂しさを感じさせない今日の放送でありました。
璋子さまがもうなんというかあそこまで天然に「だってみんなが私の事好きって言うんだもの~仕方ないじゃない~」的に無双だと、余計に鳥羽上皇さまのお気の毒さが際立って萌えるったらもう。

でもって、何を考えていたかというと、遙かの話です。
(多分長いので追記にて)
2月に5の派生ディスクが出るではありませんか。
遙か友達との雑談で、今出すなら絶対に3の派生だよね~。○ー○ーさんも商売っ気ないよね……的な話をしていたのをふと思い出して、どうせ出ないならこんなのがやりたかったという希望を考えていたわけで。

以下、追記にて。

続きを読む

修羅場日記とか書いたくせに………

1日早く相棒の劇場版BDが届いちゃったもんで、テンション高くメイキングとエクステンデットを2本丸々見ちゃいました。ほぼ4時間半……てへへ。
特典ディスクはあと2枚。これはのんびりと見たいと思います。

今日のお昼もかる~く揺れが。
でも震度2くらいだと地震速報もないのね。
ここのところ毎日なので、ちょっと気を引き締めねばですね。

いつから修羅場日記になるでしょうかね。わはははは。

Wが終わってしもた

Wとはなんぞやと問われれば素直に「仮面ライダーです」と答えるのはちょっと恥ずかしくもありますが(笑)
最終回と一つ前を続けて見てしまいました。
とりあえず伏せます(笑)

続きを読む

ちょっとやそっとじゃ

驚かないつもりの私なんですけど、さすがにこれは驚いた……ちゅうより笑った。
フラッシュであっという間に画面切り替わっちゃうけど、ちゃんと譲キティがメガネかけてる点(笑)
しかしこりゃ……ど……どうなのよと。
どっちも好きなんだけど、このコラボはねぇ……不思議。
最近のる○ーぱーちーさんがどの方向を向いているのかがネオロマ歴10余年の私にもさっぱりわかりませぬよ。

萌えといえばもう一つ(て、コラボきてぃちゃんは萌えなんですか?←自問自答)
エリザベート開幕近しで、ミュージカル関係の雑誌に特集記事の多い昨今ですが。
9日発売(初日だ!)のレプリークBisの表紙が素敵だったのでこちらもぺたり
いや~真っ白だよ~。

それはそうと。
いよいよ来週の金曜日がコミケなわけですが。
週間天気予報見たらすごいっすね~……いや、最高気温が。
東京は7日間キレイに33度が並んでましたよ。
暑いんだね。そうか……暑いんだね……(^_^;)
少し外に出て暑さに強い体力づくりをしなくては。


萌えすぎて何を書いたらいいのやら……

2~3日前、雑誌の巻末についてたクロスワードパズルをやっていたのですが
ヒントに『光と~』とあったので、なんも考えず当然のように『ヤミ』とマスを埋めました。
その後が続きませんでした。
そのマスは『カゲ』が正解でした。
ふんっ!
光とくれば闇なんだいっ!!!

と、どうでもいいけど思い出した話を書いたところで。

残りあと2回(だよね)となってしまったシンケンジャーがもうすぐ終わるのが寂しくてなりません。
今週も萌えどころが多すぎて、23分ガン見すること(既にCMカットして編集済み/笑)3回……いや4回?
その前に。
7話で出てきた出戻り黒子の朔太郎さんて、綱島郷太郎さんだったのね~。
放送当時は3月だったのね(遠い目)
最近ファニーガールのCM番組でよくお目にかかるお顔だったので
あの黒い布を取った瞬間に「あれ? この人は……」と。(そのあとOPでキャスト確認したりして)
彼のあの一言があったから、流ちゃんのあのかっこええ場面が見られたわけで。

なんか書き始めたらなんだかなーになってきたので続きは追記にて。

続きを読む

3回分続けて見たら……

年末は観劇と原稿に忙しく、年始は録り溜めたHDDをあけるのに忙しく(長時間の番組から頑張って見た)
やっとこさ続けざまに3回分見たシンケンジャーに………萌えた………どうしてくれる(笑)


続きを読む

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ