スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベート2回目

この前の観劇と違うキャストは4人。
 
花ちゃんシシィはガラコン以来ですよ。
雪組初演から見ている身としては、花ちゃんとタータンとハマコさんが三人同じ舞台に立っているというのは感慨ひとしおってもんで
 
そして城田閣下が実は今日で見納めかもと気付き、ちょっと寂しさに襲われてますよ。
でも当日券チャレンジは続けるですよっ。きっと8月も抽選だよねー。
狭き門だろうけど頑張るのだ。
 
1幕終了。
花ちゃんはやはしシシィ役者だなぁ。年月経て凄みが増した感がありますよ。感動ですっ。
「私だけに」が素晴らしくて涙出た。
思えばガラコンでも「私だけに」で泣けたな~。やはり一番最初にインプットされた声の威力は絶大なのかも。

城田閣下はもういちいち格好良すぎて、立っても座っても羽根背負ってブランコで降りてきても、滑り台で斜め立ちしてても、椅子の後ろから突然ばぁーっと現れても格好ええ……たまらんぜ。
 
あとは……
ちびルドがうまいわー。
そして、ゾフィもめっさうまくて、そして美人な母なので、シシィが歌う「私を妬んでる~」が結構実感させられますな
 
ルキーニいっくんは余裕が出てきたのか、ガンガンフェイク入れて歌うようになってきたですな。歌うまさんがアレンジしてくるのは楽しいね。
 
終幕。
はぁー。良い舞台でした。
イープラスさんの貸切だったので花ちゃん陛下と城田閣下のご挨拶がありました。
8月末までやっているので、チケットはもうなくて大変だろうけどどうにかこうにかして(笑)また見に来て下さいと
連日満員の客席というのは、演じている側の役者さんもテンション上がるんだろうなーとか思ってしまいますよ。
 
あと2回分手元にチケットがありますが、2回とも芳雄閣下の回。15年前のルドルフデビューを思い出すと、またも立派になってとか思ってしまうわけで(おばちゃんになると一々感慨にふけるものなのさっ)
 
最後に、1回目の感想で書き損なって、今日見て思い出した事をつらつらと。
フランツのハプスブルク紋章入りガウンがすごいなと(黒地に金の紋章というのがまた個人的に萌えな色合いでありました)思ったり
何度か滑り台と化す真ん中のセットはルドルフの最期見ながら「あれは黄泉比良坂かのう」と思ったり
 
あ、そうだ。
カーテンコールで閣下の登場音楽が最後のダンスになったのねー。
これは最近変わったのかな?6月に見た時は愛と死の輪舞だった覚えが。
 
とりあえずこんなところでしょうかね。
 
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

東宝エリザベート

この前の東宝版っていつだっけ? と記憶を辿るともう3年前になるわけで。
5年ぶりの城田トートに会えるのがとにかく楽しみな今期の東宝エリザ。
予定では7月に入って初見のはずだったんですが、友人からチケット譲ってもらい、本日初観劇となりました。
キャストは↓
20150620121856.jpg
ちょっと写真がちっちゃかったな……まぁいいか。

キャスト一新のエリザベート、セットとか演出もあちこち変わっていて、そんな違いを楽しみつつ観劇しました。

しかしなんといっても城田トート閣下。
5年前からの成長の著しさに目を見張ったです。自信に溢れて俺様ちっくでありながら動の存在じゃなくて、佇まいが静なのね。
いつの間にかそっと忍び寄る感じ。
大きな黒い羽根のセットから舞い降りた姿に「おお!」と心の中で叫ぶ(笑)
最後のダンスのシャウトとか高音もきれいで、閣下の出番はオペラグラス上げる上げる。
「闇が広がる」ではルドルフを追い詰めていく様が肉食獣のようでね~。京本ルドルフがまた小動物のようで。
萌え心にどかんと火がつくってもんです。
そういえば、「愛と死の輪舞」のあと、シシィをお姫様だっこしてベッドに戻してあげるのが閣下で、今回の閣下は働きもんだな~とか思ったりも。
お姫様だっこといえば、ルドルフの最期もトートダンサー君が抱いて階段上がって黄泉の国に沈めるみたいな演出で。(しかもトートにルドルフからキスしにいくという……でもルドルフが選んだ最期を考えれば、自分からというのは理にかなってるのよね)
セリが3つくらい並んだ上でのお芝居が結構多くて、額縁のようなセットが上がったり下がったり、時には滑り台のようだったり、なんとなく梅田で見たウィーン版の雰囲気を思い出したりもしましたよ。
万里生くんのフランツは若過ぎたりしないかな? なんて実は思ってたりしたんですが、夜のボートの老けっぷりはお見事で。
悪夢で髪振り乱してトートに迫る歌は迫力だったな~。
ルドルフはさっきもちょっとふれましたが、京本大我くん。10数分の出番で花火のように人生を散らす彼の生き様を華やかに儚く演じてたと思うです。
しかしヒラヒラな衣装の似合う若くてきれいな男の子が増えたもんだなぁ。とか思ってしまうのは、観ているこちらが年とったからでしょうかねえ(てへ)
山崎ルキーニも飄々と軽やかに狂言回しを演じていましたが、悪夢のラスト、トートから凶器のやすりを受け取った瞬間に暗殺者の顔になったところはお見事でした。
15年前の初演から3年前までずっとルキーニは高嶋兄だけが演じていたので、どうしてもその面影が脳裏をよぎってしまいましてね~。
ウタコさんゾフィは厳格さと強さを。ハマコさんはルドヴィカでは少し俗っぽくて上昇志向の高い感じを、マダムヴォルフはいかがわしさ満載で、この二役を演じるなんてすごいわと思いましたよ。
そして、タイトルロールのエリザベート。
今まではずっと男役トップ出身の面々がシシィを務めてきていて、今回初めて娘役トップの2人がキャスティングされたわけですが。
帝劇で主役を張るという事、それはなかなかどうして大変な事なんだなと改めて感じましたよ。
シシィは圧倒的な存在感が必要な役なんだね。
蘭ちゃんは歌とか芝居とかはもうおいといて、あの俳優陣を相手に丁々発止するパワーをもっと出してほしいと思いましたよ。

それにしても、今回はチケットなくなるの早かったな~。
ほぼWキャストは網羅出来ているんですが、尾上さんルキーニの回だけないんだよね~。
当日券チャレンジも玉砕しまくってて……がんばるぞー、おー!(笑)

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

シスターアクト 厚木公演

続きを読む

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

しつこくシスターアクト推し!

東宝さんがPV第二弾を上げてくれたので貼ってみる。
ついにチケット増やしてしまいましたよ~。
月組が終わったので心置きなく(笑)……ってわけでもないんだけど……ふふふ。


帝国劇場「シスターアクト」

瀬奈デロリスの初日に行ってきました。

とにかく楽しかった~!!

「天使にラブソングを」の舞台化という事で、内容はほぼ把握しておったですが(映画見たの何年前だったかな~。この舞台見るにあたって見返してないのでほとんど覚えてないんだけど、シスター達のゴスペルがすごかったという覚えだけがありますよ。でも舞台版は音楽は全く違うのではなかったかな~)パワフルで、笑ってちょっと泣けて、歌声にノリノリになって。

帰って来てからスカイステージのOGエンタでツレちゃんとあさこちゃんの対談見たんですが、ダブルキャストのそれぞれの組み合わせ4回は見ないと! と話していて、確かに雰囲気違うだろうな~。見たいわ~とか思ってしまった次第。



このカーテンコール見ただけでも楽しさは伝わるかな~とリンク貼ってみましたよ。

あさこデロリスはチャーミングだったですよ~。
カズさんの汗っかきエディは時々トラボルタ入って(笑)
ツレちゃんの修道院長も最高におかしい。真面目なのが余計にね。
シスターたちも皆個性豊かだけど、浦嶋りんこさんのパワフルさ。春風姉さんのびっくりなおばあちゃんぷり。
見習いシスターのエマちゃんも可愛かった~歌うまかった。

教会のステンドグラスキレイだったし(1階席で見たいかも)
とにかく楽しい舞台でした。
おすすめっす。
モリクミさんのデロリスも見たいな~。

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

花ちゃんかぁ~

帝劇「レディベス」の第一次配役が発表になってた~。こちら
山口さん復活だ~。石丸さんとWなのね。
というかそれよりも! ベス役は花ちゃんと平野綾さんのWなのか~。全然予想してなかったな~。
ベスの母のアン・ブーリンがたっちんでお義姉さんのメアリーにハマコさんとか(吉沢さんはルドルフでステファニーやってた方よね)カナメちゃんも出演だし、OG多いな~。
1回は見に行きたいと思ったですよ。

帝国劇場「二都物語」

「二都物語」といえば、ヅカファンはまず大地真央様のサヨナラ公演を思い出してしまいます。
そして、あさこファンな私は、バウ&青年館であさこちゃんが主演した同作品を。
初演の頃に原作は読んでいましたが、今回の舞台を見て、もう一度原作読もうかなという気持ちになりましたよ。

で、帝劇版ですが、まずは曲がちょっと難しめだったかな~……というのも、見終わってから頭のなかをぐるぐるする印象的な曲が……ない……(^_^;)
それぞれのナンバーはいい曲だな~と思ったんですけどね。
シドニーが星空見ながら歌う歌とか、シドニー&チャールズが自分の心情を歌う歌とか。
マダムドファルジュを中心に歌うフランス市民の力強い歌とか……。
二都~は、シドニーとチャールズがウリ二つというほどそっくりであるのがお話のキモなんですが、今回は「なんとなく似ている」程度に抑えられていて。
さほど、似ているという事に重きをおいてないんだなと。ま、見た目全然違うしね。
井上王子のやさぐれ酔っ払い振りはなかなか新鮮でありました。
ルーシーにクリスマスにもらったスカーフをずっとずっと身につけているのがなんか泣けてくる感じで。
マダムドファルジュが怖かった~……恨みをずっとずっと持っている人物なので、そのあたりの妄執がね。
濱田さんの歌は初めて聞いたですが、うまかったです。迫力あって。

舞台装置は回り舞台を多用して、同じセットでロンドンもパリも表すので、ちょっとわかりにくいっちゃわかりにくいけれど、そこは出ている人で判断しろという事で(笑)
ただ、帝劇は広い空間があるのに、回り舞台の上だけでお話が展開していくので閉塞感みたいなものは感じるけれど、もうちょっと広さを感じさせてくれるとよかったのにと思ったりもしました。
あのセット使うなら、もう少し小さい箱のが効果的だったんじゃないかな~。

エブレモンド侯爵の岡さんが一人キラキラで、もう救いようのない悪で。
でも、意外と出番が少ないので、もうちょっと悪どいシーンがあってもねとか思っちゃいました。
チャールズに対しても、肉親の情とか全然なくってね~。あるのはゆがんだプライドばかりで。

この先はちょっとまああれなので、追記にて。

続きを読む

本日は

新装なったこちら↓に母のお供で行ってきました~そうです、歌舞伎座です
 
新しい劇場はやはり足を踏み入れるのに、ワクワクしますね。
ロビーの絨毯がフカフカだったり、どこもキレイでいながら、昔の歌舞伎座の面影もあちこちに。
お客様もお着物姿の方が多かったりと華やかで。
更に今日はスペシャルデー。
天皇、皇后両陛下と同じ空間にいられる事なんてそうそうありませんよ。
ただ、席の都合で全くお姿を拝見出来なかったのは残念至極。
歌舞伎座の入り口がいつもと違う厳戒態勢だったので、どなたかいらっしゃるのかな? とは
思っていたのですけど、まさか陛下とは~。
 
演目については色々語れるほどの知識もないのですが、「十八世中村勘三郎に捧ぐ」と副題のついた「お祭り」が華やかなだけに、なんだか泣けて来ちゃいました。
勘九郎丈の長男の七緒八くんがとにかく可愛くて場をさらっちゃいましたね。まだ2歳なのに、舞台に佇んでいる姿がなんかすごいの。普通あんなにじっとしてないよ。2歳児
今日は強行軍で一部と二部と両方見ちゃったので、約六時間堪能いたしました。
二部の最後の演目が、「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」滝夜叉姫のお話でした。
もう何年前になるでしょうかねぇ。雪組の「雪之丞変化」で一路さん扮する雪之丞が劇中劇でこの滝夜叉姫をやってたんですよね。
あの時は、たしか歌舞伎のどなたかが演技指導にいらしてたのではなかったかな?
「ああ、昔見たのと同じだ~」と妙に懐かしい気持ちになってしまいましたよ(笑)
結局何を見ても、宝塚を思い出してしまう私なのでした。

桜の記事に拍手下さった方、ありがとうございました~。

祝・博多座初日♪

博多遠征の予定はないので、出演者さんとかのブログや博多座のHPにて色々情報を追ってます。
暑い時期なので、皆様元気で千秋楽を迎えられますように。

Chanson de 越路吹雪 ラストダンス」のHPがリニューアルされましたね。
クリエでの初日の前にかめありと石川で公演があるとか。
こういうのも追加公演というのかな? 珍しいですよね、初日前というのは。

それにしても今日は暑いですな~(-_-;)
まあ……7月だしね。暑さが苦手な私としましては、これから数ヶ月はちょっと頑張らねば……でございますよ。

今頃総括

エリザベートの千秋楽終わって、もう5日経っちゃいました。
昨日ゆうひ君の楽であさこちゃんの姿を大画面で見て、「あ~エリザの総括記事書いてないや~」とか家帰ってきて思い出したりしてました。
もういいかなとか思ったけれど、記憶が薄れないうちにというか思い出せるだけ自分的覚え書きとして残しておこうかなと。
まず、エリザベート。
あさこちゃんは2年前よりもずっと歌が安定したと思いました。「私だけに」を地声であそこまで張る歌い方にしてくるとは思わなくて、初見の時はびっくりしましたが。
「強い皇后を演じるだけ」と病院のシーンでの歌詞にもありましたが、見えない敵と戦い続けていたという印象が残りました。
おさちゃんシシィは一度しか見ていない印象で書きますが、夢見る少女が夢破れて内へ内へと閉じこもってしまう閉塞感のようなものを感じたです。
こう浮遊感がまとわりつくようなシシィだったなと思ったです。

トートは三人とも全然個性が違って。
山口さんが絶好調だったのが嬉しかった。囁くような寄り添う風を見せながら、帝王のように強く出る。
緩急が抜群についていて、そして包容力のある閣下だったと思います。
マテさんは、繊細な野獣系(どっちなんだ)少年ぽい感じかと思えば、セクシーにシャウトして迫るところもあったり、シシィの心情によって違う表情を見せる感じがしましたよ。
石丸さんは結構粘着系?いつの間にか側にいて、意外とお行儀が悪いところも(執務机にいきなり座ってたのは石丸さんだけだったよね~)一回しか観られなかったのがすごく残念。

フランツがまた全然違ってて面白かったです。
岡田さん、一回しか観られなかったけれどなんというか……斬新なフランツ像でした。
「感情を抑えるのが皇帝の義務」って歌ってましたが、感情ダダもれなの。
シシィが大好きで大好きで。だから傷ついて去るシシィに最後通告つきつけられるところのガーン感がたまらなく切なそうな背中でした。
禅さんはね、もう「ザ・皇帝陛下」いつでもきちんとしてるの。
シシィの事も大好きなの。でもやっぱりいつでも皇帝陛下なのね。
そして禅さんてば結婚式のワルツがとってもお上手なんだなと気づきました(笑)
踊り慣れてらっしゃるというのは勿論あるんでしょうが、シシィをホールドするのがとっても深いの。
トークショーとかご挨拶でも禅さんがお喋りになるのは楽しくて、エリザベートを見るようになってから、この方をとても好きになりましたよ。

そして何度かチャレンジしたトートダンサーズ君を見分けてみようは敢え無く挫折。
彼らは舞台の上では片時もじっとしていてくれないもので。
(じっとしている時は顔がわからない振りだったりして)
でも8人みんなステキなダンサーズさんでした。

とりあえずこんなところで……。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。