スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうこちゃんおめでとう♪

CSで見たベルばらの全ツのお稽古場の話とか書こうと思ってたのに
夜になってから大きなニュースがやってきましたね。
星組次期トップに安蘭けいが内定 (公式ページ貼ろうよ…私)
とうこちゃんおめでとう~~~。
やっとこの日が来たですね。いやいやだってアナタ(って誰に?)
77期で誰よりもTOPの座に近いと思ってたのに。
10年位前の雪組とか見たら、扱いの大きさにきっとびっくりしますぜ?
なんだかとっても嬉しく思う私です。
本当におめでとう~~~。

原稿書かないで、ブログ更新しちゃってる私を許してね(てへ)
書き始めたところなので、雪組全ツのお稽古場感想も書いちゃおう。
新場面が二つ。ちらっと見ただけですが、本公演であれ入れるべきだよと
実は思いました。
カットは多分衛兵隊家族の場かなと。
水カルはすごく凛としたオスカル様。えりドレは微妙にヘタレ風味
なのが、豹変する(んですよね?)様が楽しみ~。
緒月アランには漢を感じました。すごい男前だよ~。
そしてそして!
「身を引きましょう」というコマジェロを水さんの肩越し映像で
見た母と私は声を揃えて言いました。
「か~わいい~~~~」
そうです。にこにこと微笑むジェロっちはとてつもなく可愛かったです。
多分オスカル様より10歳位年下風味です。
いや…むしろルイ・ジョゼフと言っても通るかもしれない。(おい)
衣装をつけてヅラをつけた彼がどんな風になるのかがとてつもなく
楽しみで仕方ありません、がんばれ、コマちゃん!
フィナーレはえりたん中心の薔薇タンと水まーのボレロ。
ボレロはオスカルとロザリーのデュエットという括りでは
見ないで単体フィナーレナンバーとして見たらなかなかに濃いシーンが
期待出来そうな。
ブイエ将軍が更に嫌味倍増でステキ親父風味を増しているようです。
明後日初日なんですね~。早いなあ。

ってかFAX動かないじゃないか~~~~という仁美ちゃんの
叫びがちと聞こえるようです(昨日からするすると言って
出来てないのです)
さ、続き書く前に風呂入って来ようっと
スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

NEVER SAY GOODBYE

昨日は帝劇、そして今日は東京宝塚劇場。
先月ベルばら観て以来なので、1ヶ月ぶり以上だ~。
久しぶりだな、こんなに来なかったの……と思いつつ
まずはキャトルレーヴへ行って、暁のローマの舞台写真とか
あさこちゃんの新しいポストカードとかを購入。
カシブルなぐわし! と抱き合った(笑)2ショット写真が
あったのだけど、ブルータスが背中だけなんだよね~。
と、とりあえず眺めて帰ってきました。
あと2週間で会えるんだね~。待ってるよブルータス。

と、それはさておき。
一回限りな観劇のタカハナサヨナラ公演「NEVER SAY GOODBYE」
幕開きの花道での孫同士の会話からハリウッドへの華やかな流れに
思わず「ギャツビー?!」とか過去の記憶がちとよみがえりつつ、
小池先生はこの時代のハリウッドとか好きなんだろうな~と
改めて感じました。「ヴァレンチノ」とか「失われた楽園」とか
でも描いてましたよね。そしてマリブビーチにも何か憧れがあるんでしょうか?
小池先生の作品は、一本モノ大作より、二本立ての作品とかバウとかの作品の方に
私は心惹かれるものが多いような気がします。(あくまでも私見)
と、それもさておき。
宙組生のコーラスが素晴らしかったです。迫力がありました。
過去にたくさん恋愛してきたキャサリン(ハナちゃん)と
たくさん恋愛してきたらしいけどどれも本気じゃなかったジョルジュ(たかちゃん)
の大人のラブストーリーをスペイン内戦に絡めての1本立て。
小池先生らしいステキな場面や台詞はたくさんあったのだけど
リピートはちとつらい……いえいえ、一度でたっぷり堪能出来ました。
ワイルドホーン氏の音楽は、メロディーがとてもロマンチックで
耳に馴染みが良い感じでした。
男役にも随分高音歌わせるんだね~とも思いましたが。
そうそう、和音美桜ちゃんの迫力の歌声が素晴らしかったです。
で、今回惚れたのはあひちゃん~。アギラールは権力志向の強い
やな男ですが、そのいや~な男がとても魅力的でした
月組公演で会えるのも楽しみです。いつから出るんだろう? わくわく。
そしてステキ親父好きな私としては、制服姿のソルーナさんにドキドキでした。
彼も悪い奴でしたが(会いたい~悪いや~つ~♪←セシリィかい)
腹に何かありそうな、でも表面は柔らかな親父はさすが絶品です。
まりえさんはいい人オヤジで、立さんはやり手オヤジ。
トリプル親父攻撃だあ! (ここが一番嬉しそうな感想?)
たかちゃんとハナちゃんが次の公演からいないのね…と思ったら
最後のパレードでちょっと寂しさを感じました。
だってだって。たかちゃんは6年。ハナちゃんは13年センターに
いるのをずっと観てきたわけですからね。
次の宙組は、真ん中にかしちゃんとるいるいがいるんだね。
周りのメンバーもガラッと変わるから、どんな風になるのかなと
先を楽しみにしたいと思います。
7月2日は日比谷の劇場前はどんな事になるんでしょうね?
あと5日。もうカウントダウンに入るんですね~(しみじみ)
一つの時代の終わりを感じました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

もうすぐ〆切だというのに

帝国劇場で上演していた「ミー&マイガール」の千秋楽の公演を
観てきました。
今回は1階後方席。
開演前には、階段付近でのランベスウォーク講座が相変わらず開かれて
最後の熱気溢れるロビーでございました。
オーバーチュアから指揮者の塩田氏の飛びっぷり(笑)が
すばらしくて、千秋楽だな~とかしみじみ感じてしまいました。
汗びっしょりで拭く間もない井上ビル。下町風のあんちゃんより
やっぱり貴公子なぴしっとした姿が良く似合いました。
サリーの笹本玲奈ちゃん、カーテンコールのご挨拶ではもう
号泣モードで、なんだかちっちゃな子が一生懸命ご挨拶してるみたいな
可愛さがあって思わずもらい泣きしちゃいましたとさ(てへへ)
マリア公爵夫人とジョン卿のカナメちゃんと村井さんもステキでした。
誰も悪い人のいない、楽しい気分なミュージカルってやっぱり幸せな気分になります。
先日のLOCK ONのあさこちゃん編でも月組生の見たい役№1に
選ばれてたビル役。あさこちゃんで見たいな~と思いました。
パーチェスターはマヤさん熱望(笑)
そして、アンジェのサイトをご覧の方はミーマイでクラ×ジュリな
TOPイラストをご覧になられた事と思いますが、すっかりあの配役が
ツボにはまって、ビルと公爵夫人のやりとりを見ながら、うっかり
クラ×ジュリ妄想に入って何度かにまにまと幸せ気分になってしまいました。
あの英国貴族を体現しているかのような公爵夫人は、やはりジュリアスに
ぴったり(雰囲気がね/笑)
一幕ラスト前のパーティーの支度をしている場面。
歌いながら燕尾服に着替えてるクラヴィスを想像してかなりかな~り
萌えました。
窮屈なカフスやカラーを執事さんにつけられてうんざり顔なクラ。
うわ~可愛いぞ~。
上着を着る前のベストのボタンをいやいや嵌めてるクラとか見たいなあ。
ああ、観劇感想のはずなのに、話がどんどん横道に逸れていく~。
カーテンコールのご挨拶で、「またこのメンバーでやりたい」と
語っていた井上君。私もまた見たいです。
楽しい舞台でした~~~。

そしてこれが終わるという事は、もうすぐヴァンパイヤが開幕すると
いう事なんですよね。
…という事は、もうすぐ7月で月組公演も始まるし
〆切が目の前という事でもあります。

今日のCSニュースではベルサイユのばらの全ツメンバーのインタビューも
ありました。
始めは緊張だったえりたんアンドレは、次第にきらきらお目目の
水オスカルを「可愛い」と思っているご様子。
アンドレとロザリーの新場面があるとか。
ペガ子もペガ男もツアーには連れてってもらえないとか。
フィナーレはえりたん中心の薔薇タンと水まーのボレロが
あるとか(ロザリー大願成就か?! と言われてますが)
なんだかまるっきり違うオスカル編が見られるらしいので
これはこれで楽しみです。
7月、劇場行く回数を怖くて数えられません。
原稿は……ほんのちょっと進んだのですが、肝心の二人の場面に
なかなかたどり着けません。どうしてなのかな~~~。



あと一週間で

6月が終わる………うっそ~ん(嘘じゃない)
今日は一週間遅れで父の日の買いに
午後から両親と出かけてきました。
ずっといらないと言っていましたが、どうやら父も
必要に迫られてを持つ気になったらしいので
よし! それじゃ今年のプレゼントと思いまして
プレゼントにするには申し訳ないような金額でしたよ(笑)

そうそう、昨日仕事帰りにLaLa買いました。
「激闘! 神泉苑!!~アクラムの魔の手が八葉に伸びる~」
ってな感じでございましたね。
アクラム様ってば強いわ~。冷酷だわ~。
んでもって水野先生の描く彼はなんて美しいんでしょうねえ。
そして2歳児やっすんの行動にアセアセする鷹通の可愛い事。
それ見た友雅殿の絶妙のフォロー(っていうか仲裁?)は
「泰明殿GJ」と内心叫んでいるかのようで(笑)
早く玉砕すればいいと思ってるのよね。全くもう困ったちゃんな大人だな。
(でもそんな所も好き)
んで、舞一夜のゲームが出るんですって? 映画用の新キャラが
落せるわけですか? へぇ~ほぉ~ふぅ~ん。
システム変わってたり映画のストーリーを追ったりするんでしょうか?
まさか、八葉抄にもう一人突っ込んだりはしないですよね?
(そういや、八葉抄は友雅殿の中途半端なEDだけしか見てないな~)
そしてエトワールがBestで出るとか?
うぅぅ。また私の懐を狙っているな(笑)

昨日、デザートにと買ったライチのムース
raichi.jpg

ほんのりライチの香りがして美味しゅうございました。

本当に修羅場真っ只中に突入の時期なのに、肝心の原稿はあまり
進んでいないのが実情です。
そして明日も帝劇へGO! な私です。
ダ・ヴィンチコードも読了しました。面白かった~。
早く動くシラス氏が見たいでございます。

そうそう、銀ちゃんが泰衡様より年上だったって本当ですか?
(誰に対しての問いかけやねん)

桃もさくらんぼも美味そうだ~

どっちの料理ショー2時間半スペシャル、しっかり見ちゃいました。
さくらんぼのアイスってどんな味がするんだろう。
しかし、あの桃ってばなんて美味しそうだったんだろう。
はぁ、毎度溜め息の出る番組ですなあ。いいなあ食べられた人(笑)

そうそう、サンリオピューロランドの新しいキティちゃんの
ショー「くるみ割り人形」は小池修一郎先生の演出だそうですが
なんてまあ、ヅカテイストなんでしょう
大階段でデュエットまでしてるそうですよ、キティちゃんとミミィちゃんが。
そういえば宝塚とのコラボグッズもミミィちゃんとのツーショットで
なんでだろうとか思ったら、宝塚だから女の子じゃないとダメって
事だったのよね。
迂闊だったわ。こんなに長い事ファンやってるのに。
なんでダニエルとちゃうんだろうとか思った自分に(笑)
グッズが出たばかりの頃、CSで商品紹介をしていて
組ごとに色違いなファイルとか出ているんですけれど
おリボンの飾りがちゃんと花、月、雪、星、宙になっているんですね。
(それ見ながら、宙組は土星がついてたりしてね~なんて母と笑いつつ
見ていたら本当に土星でしたよ。インパクト大きかったっす)
そうそう、このミュージカルは樹里ちゃんが声の出演してるんですね~。
ちょっと多摩センターも行っちゃう? ってな気持ちになりました。
やはりキティちゃん好きとしては、聖地詣では一回くらいしなくちゃね(笑)

昨日はちょっとおさあさ対談で飛ばしすぎてしまいました。
今日改めて読み返して、また涙しちゃいましたよ。
ちょっともうどうしたらいいんでしょうかね。
昨日、あれからレビュー誕生全部見ちゃって、黒い鷲でも
うるっときちゃったりして。
東京の千秋楽だったので、クレアトール君が飛ばしてて
可愛かったりもしたんですがね。
いや~、それにしてもあらゆる場面でとことんふーちゃんとの間を………
いやなんでも。
あの頃の花組公演楽しかったなあ(過去形かよ。いや今でも楽しいです)
そうして着実にクラジュリ妄想も進んでます。
さあ、頑張らなくっちゃ!!!


恥ずかしながら……

ご贔屓退団の時の特集見ても泣かなかった私が
宝塚グラフの対談読んで落涙する日が来ようとは(不覚)

楽しみにし過ぎて本屋へいくのを忘れた発売日の昨日。
そして今日こそはと意気込んで、「エロイカより愛をこめて」の33巻と
共にゲットしてきました。そう『宝塚グラフ』和央ようか特集号!
たかちゃんの足跡をしみじみと眺めながら(美味しいものは
最後まで取っておきたかったのか/笑)
暁のローマ*レ・ビジュー・ブリアンの舞台写真も隅々までしっかり拝み。
おさちゃんと新妻あやねちゃんとのラブラブツーショットを
微笑ましく眺め(このページのおさちゃん、表情が随分柔らかでしたね)
いよいよ………
キターーーー!!!おさあさ対談
いえね、このお二人のこういうノリのお喋りって今に始まった事じゃ
ないんだけれど、あさこちゃんが組替えになってからは本当に
接点なくて、ここのところの雪組さんの公演を見ていて
栄転するかしちゃんを雪組さん皆で暖かく送り出してあげてる様子が
本当に羨ましくて仕方なくてね~。(痛くてスマン)
そのあたりの空白を埋めてくれる対談で、今月号は保存用にもう一冊
いっとく? な位でございますよ。
昨日のみほこちゃんのインタビューでもあったけど、黙ってても
空気でわかりあえる関係ってステキだよね。
お互い違う組で並び立ってる姿をやはりTCAとかで一度は観たいのだ。
去年は月組が、そして今年は花組が東京公演でTCAには一緒に出られないのが残念だな~。
来年こそ! と切実にお星様にお願い
そしてあちこち読みながら一々うんうんと頷いたり、
きゃ~っと萌えたり、うるっときたりしていたんですが
最後のおさちゃんの
「私の前では、全然強がらなくていいから、あさこのことは分かってるから」の一言にときました。
おさちゃんってば男前だ(笑)
さ、レビュー誕生の黒い鷲の場面見るかな~。
その前に王子と黒鳥も見ないといかんな(笑)
ってあれもう3年前の公演なのか~そうか~そうだよな~。
轟さん出てたんだよね~そういえば。専科特出初めての時でしたかね。
白いロングコートの場面もかっこえがったな~。
(どうやら観始めたらしいです)

そんなわけでなんだかもう心がいっぱいです。
今度の本でクラヴィスがジュリアスに
「私の前では強がらなくてもよい」なんて言ってたりしたら
笑って下さい。
わはははは。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は20日だったのね……

おさあさ対談を楽しみにし過ぎちゃってうっかり発売日を
失念してしまいました。本屋さんへ行くのを忘れたぁぁぁ。
明日はグラフ買いに行くぞ~!

気を取り直してCSの
LOCK ON!-スター徹底検証-「瀬奈じゅん」を見る。
この番組は本人には内緒(笑)で対象になってる方の魅力を
5人の方に語ってもらい、そのVTRを見るご本人の
表情やらコメント返しを楽しむという番組なのです。
出演はめおちゃん、ともよ王子、谷先生、立ともみさん、みほこちゃんの5人。
中でもみほこちゃんが語る花組時代に春野寿美礼さんといたずらしてたり
何も語らずわかりあってる雰囲気が……な話を聞いて思わず
「妻公認かよ」と嬉しくなってしまったおさあさ信者(笑)
(ゆうひくんとのエピソードもありがとうみほこちゃん)
月組生へのアンケートで一番笑ったのは
これだけはやめてほしいことベスト3の中で出てきた
「お稽古着の裾が短い事」にかなり笑いました。
ますます顎がとがってましたね、あさこちゃん。

月組千秋楽の映像も観ました。
ゆら姐さんは最後までオトコマエでいらしたです。
カシブル楽しみだな~~~(そればっかりや)
噂の「ボクとダイヤどっちが好き?」の場面を初めて見ました。

ダヴィンチ・コード上巻読了~。
引き続き下巻いきま~す。
原稿は相変わらずです~。

久しぶりにCS話

こだわりアラカルトの今月のお題は「印象的な衣装」
印象的な衣装と問われて、とりあえず思い出すのは
トゥーランドットのハナちゃんの衣装か(あのなが~いやつ)
イッツ・ア・ラブ・ストーリーのグンちゃんのエトワールか
いずれにしても娘役の方が印象的だったりしますが、
この番組ラストはハナちゃんオンパレードでしたな。
さすが女帝陛下(笑)
HANACHANG!から始まってやはり出てきたトゥーランドット。
アントワネットにメルトゥイユ夫人にえ~とえ~と。
後はジャクリーンか。(あの千鳥格子のスーツは印象的というには
ちと地味な気もしましたが)
ゴージャスなドレスオンパレードな後に出てきたのが
炎にくちづけをのたかちゃんのズタ袋みたいな衣装で
思わずその対比に目が釘付け。
メルトゥイユ夫人は紫の(よく色んな公演で着回されてる)ドレスでしたが
私が一番印象に残っているのは、手紙読むだけに着ていた真っ白な
大きなお袖のドレスだったんだけどな~(ってリクエストすればよかったのか)
そういえばこの公演で、たかちゃんはハナちゃんの別れた彼氏(ただしオヤジ)で
かしちゃんが若いツバメだったのよね~。
(そして理事さまがつまみ食いされてた)
あれから9年ですか(遠い目)
人に歴史ありですね。

他にもたくさん印象的な衣装見たのに、ハナちゃん連発で
すっかり記憶が飛んでしまいました。

明日は月組の千秋楽です。
東京公演まであと3週間か。入稿間に合うのかなあ。
(いや間に合わせるけど)
頭の中で練り練りしていたものをそろそろ形にしなければです。
一週間遊びまくってしまったので、今週こそと週の頭にやる気宣言。
(いつまで続く事やら)
でも一週間なんてあっという間ですね。

……クロアチアの選手もオーストラリアに負けず大きかったなあ。
ブラジル戦も頑張って下さい。

遊び過ぎな2日間

ねずみーりぞーとで悪天候にもめげず2日間遊んできました。
2年半ぶりくらいになるのかな? いつでも行けると思いながらも
なかなかね。

1日目は初めての海。(なんで日本語で書くんだか/笑)
事前にちょっとだけマップ見たんですが、なんだかもう
方向感覚がつかめなくて同じ所を何往復したやら。
イタリアの街並みを抜けるとそこはニューヨークだったり
もそっと抜けると古代遺跡が出現したり。
火山がどの位置にあるかが目印になるんでしょうかね?

午後から雨が降り出しましたが、夜のショー「ブラヴィッシーモ」は
やるというので、そぼ降る雨の中1時間以上立ってた自分に
ちょっとだけまだ根性がある事を感じました。
火と水の精の愛の物語という触れ込みなのですが
火の精は…火の鳥? というよりも思わずヤマタノオロチ? とか
思ってしまいましたとさ。
水の中で萌える…いや燃える炎はなかなかに迫力があってお天気のいい日に
完全バージョンも見てみたいなと思いました。
ミュージカルの有名どころをあつめた「アンコール」も楽しかった~。
知ってる曲多数だったし(笑)
海の方はやはり少し大人向けな感じなのね。
この先5年位経ったらまた行きたいかな。ってか、あそこはミラコスタに
お泊り前提で行きたい所ですな。

そして朝からの雨風に負けず、今日はランドのほうへ。
こんな天気なのに、結構人が来ています。さすがです。
屋根のある施設を巡り、念願のプーさんはちみつ探検に行けました。
トイストーリーの光線銃も撃って参りました。ちなみに52000点(笑)L-3でした。
初めてにしちゃ頑張ったじゃない? と小さな自己満足。
15時のパレードと17時のリロ&スティッチのパレードも見てなんだか幸せv
ねずみーのパレードはなんか夢があっていいね~。
お隣に座ってた赤ちゃんが超ノリノリで笑顔だったのも相乗効果で
楽しかったです。
今回両親と一緒だったのでファストパス取る為に一人走ったり
パレードのお茶調達係だったりといつもよりちょっとだけ動きました。
行きも帰りも運転手でしたが、平日の首都高速は相変わらず混んでますねえ。
遊びまくりの2日間でございました。
しかしやはり寄る年波ってやつですかね? さすがに疲れました(てへへ)

さ、そろそろ本当に夏の為に本腰入れます。
いただいたバトンも早めに回答したいです。

蒸し暑い一日でした。

梅雨~~~ってなお天気ですね。
まだ夏物の入れ替えが済んでいません。
こう天気悪くっちゃ、なかなかお洗濯もはかどりませんや。

で、今日は「トリック2」見てきました。
いつもの不思議ワールドに加えて、今回は随分映画とかTVドラマの
パロディが多かったような気がします。
片平なぎささんが出ていたからこその、手袋を歯でくわえて外して
さあ、ピアノを弾くぞ~なんてスチュワーデス物語パロは
回りに座ったお嬢さん方(レディスデーなのでお嬢さんたちが多かった)
ご存知ない世代なんでしょうかね?
私一人でウケててちょっと寂しかったです(てへへ)
本当にこれで終わりなのかな? な寂しさもちょっとありました。
そうそう。回想シーンに出ていた男の子になんとなく見覚えがあって
誰だっけと思っていたらちびルドの塩野くんでした。
で、まあお話としては、レディスデーとか月初めに見るなら
よろしいのではないかと(笑)
X-MEN新作の予告編がちょっとわくわくでしたよ。

ミー&マイガール

新装オープンの帝国劇場に行って来ました。
1階席を覗いて(今日は2階席)来ましたが、確かにセンターは
千鳥配列になっていたものの、椅子は変わらず?
そしてA席はやはり足が届かない?(笑)
な風に見えました(座ってないのでまだなんとも)

というわけで、井上芳雄&笹本玲奈主演のミーマイ見てきました。
やっぱりハッピーエンドはええなあ。
耳になじみのあるナンバー多いし、楽しかった
開演15分前くらいにロビー階段あたりで、1幕ラストのナンバー
「ランベスウォーク」のダンス講座(笑)が指揮者の塩田氏と
オケメンバー4人。そしてアンサンブルの皆様と繰り広げられて
既に盛り上がる事。
(実際の1幕終わりではキャストほとんどが1階の客席に下りて
しまうので、指揮台で踊り狂う(笑)塩田氏をただひたすら見ていたような)
そしてやはりついつい思い出してしまうのは、1987年に上演された
月組剣幸&こだま愛主演のヅカ初演バージョンでした。
もう19年も前になるのね(遠い目~~~~)
ウタコさん(剣幸さんね)のビルって本当に魅力的でね。
あの頃劇場で観た楽しさがなんかよみがえってきましたよ。
でね、仁美ちゃん>私信
1995年版のパーチェスターは汐風幸ちゃんだったよ。
(配役見て「ああ、そうだよ。こうちゃんだった」と思い出した)
そして1995年の新人公演(第一部)でビルをやったのが研3の水くん
だったんだよね~(そして第二部の配役見てジョン卿さえちゃんだったんだと思い出したり)
1987年にジャッキーを演じたカナメちゃん(涼風真世さん)が
マリア公爵夫人だったのも時の流れを感じます。
厳格でいながらすごく可愛い公爵夫人でした。
どうもヅカ版な歌詞が頭の中にすっかりインプットされているので
今回の東宝版の歌詞が若干外国語並みに頭に入ってこなかったりも
初演の刷り込みって怖いな~なんて思いつつ。
で、今回ジャッキーだった純ちゃんは今ひとつ声と歌のキーが合わないのか
「あれ?こんなに歌えなかったっけ?」と久々に彼女の歌を楽しみにしていた
私にはちと残念でございました。
高音キレイだったから、やはり合わないんでしょうな~ジャッキーには。
そして井上くん。元々王子様役者なイメージがある彼。
下町育ちでも血が貴族っていうのがとても合っていた感じがします。
品のある姿って見ていてやはり気持ちがいいものですね~。
玲奈ちゃんも同様。蓮っ葉なんだけど、すごく心の優しいサリーでした。
最後の貴婦人姿も美しかったです。
そして、エマとか読んでいたせいか、ついついメイドさんにも注目(笑)
新しいご主人様が下町育ちで、紳士には絶対になれないと思いながらも
ちゃんとご主人を敬って扱う辺りに、『貴族の家で働く人間』の
プライドみたいなものを感じました。
でもやはり2階だとちと寂しい。1階席がオススメです。
踊りながらランベス・ウォークは見たいですね(笑)

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

負けちゃった……

さっきまでサッカー見てました。
後半あと何分かな~と残り時間確かめようとしたら1点入りました。
後は試合終了まで「うそ~~~ん」と呟くばかり。
クロアチア戦、頑張って下さい。
ドイツはいい天気だったなあ。

さて、気を取り直して。
え~と。今日は一日ダラックマでした。
暑くなるというから半袖着てたらなんか寒いし(笑)
本読みながら昼寝しちゃうし。
そうそう。お昼のドラマ「吾輩は主婦である」が毎日楽しくて
お昼いない時は録画までしちゃってます。
30分に何回かくすっと笑えるのが楽しくていいですね。

そうこう言ってるうちに6月も3分の1終わってしまったのね。
梅雨に負けず、夏コミ原稿頑張らなくては。
久しぶりに連載物資書いていたら、平安創作もちょっと懐かしくなりました。
クラ×ジュリ妄想も進んでますよ~(脳内で←またかよ)
明日はリニューアルオープンの帝劇行って「ミー&マイガール」
見てきます。
井上くんのビルがどこまで下町風味を出せるのかが楽しみです(笑)

友雅殿おめでとう

今年も巡ってきました。貴方のお誕生日。
去年も一昨年もこの日は京都の地でお仲間とお祝いしていたのに
今年は決戦を控えて(笑)潔斎精進の神子殿の気分な私です。
明日は神泉苑だ~(意味不明ですみません。明日は仕事なんです/笑)

そんなわけで、去年あれほど心を入れ替えたはずなのに
1年経つのはあっという間。というわけで、どこまで書いたのか
すっかり忘れた連載更新です。
とりあえずこの日に間に合ったのでほっとしてます。
次回は来年かもしれません(っておい)

今日(あ、もう昨日ね)のアド街は池袋の乙女ロードでした。
恥ずかしくて、いつもは親と見ている番組なのに部屋にこもって
こそっと見てました。
それでもBLCD流すのはやめてほしかったです。
腐女子(笑)としては。ああ…この言葉も電波に乗ってしまったのね。
噂の執事喫茶のリボンタイのフットマンさんが見られて嬉しかったです。
さ、今日は早く寝ようっと。

テーマ : 遙かなる時空の中で
ジャンル : ゲーム

組替え(*_*)

お昼間にヅカ友達からメールが来ました。
シンプルにタイトルは「組替え」。
へ~~。今度は誰が異動なのかなと開けてみたら結構びっくり。
タキちゃんが月組長(っていきなりこれを持ってくるあたりが
月組ファンな私)
タキちゃんはアーネストのブラックネル夫人でお馴染みになってたし
女傑ゆら姐さんの後にまたも女傑という感じですね(笑)
えりさんが副組長になったばかりだったので、そのまま
組長にスライドは大変そうと思っていたので、組長経験者の
タキちゃんっていうのは「ああ、なんだかよかった」と思えました。
そして、ゆみこちゃん雪へ、えりたん花へのトレード。
二人とも元いた組に里帰りですね。
いよいよ、星、雪次期さんの発表も近いのかなと思いました。
成り行きを黙って見守りたいですね。
でも、かしちゃんが栄転で抜け、年末でコムちゃんまーちゃんが抜け、
そしてえりたんも抜け……霧ミラから始まった『豪華過ぎて
どこ見ていいのかわからない』雪組はもう見られないのか~
花組も顔ぶれ変わるな~~~。
本当に、舞台上の組み合わせは「一期一会」になりつつありますね。
宝塚から組カラーという言葉が消える日は近いんでしょうね。
それはそれで、ちょっと寂しいなあ。

そんな私の耳にテレビから聞こえてきたステキな台詞。
「愛人たちより私の息子が大事?」
カエサルに対してブルータス母セルヴィーリアえりさん(ちなみに彼女は
カエサルの愛人その1)が言ってる台詞です。
カシブルカシブル言ってますが、カエブルもあるのか~(語感悪いな)
だから「ブルータスおまえもか…ならばいい」なのね(勝手に納得)
ダイジェスト見てると、カエサルもカシウスも母も妻ポルキアも
ついでに(笑)アントニウスも皆攻めキャラに見えます。
東京公演まであと1ヶ月か~。
原稿進めて入稿して(ひぃぃあと1ヶ月しかないのか)待つべしですな。

NOW ON 見てたらやっぱりしいちゃんの「フェット・アンペリアル」は
ちょっと見たかったゾと思いました。
バウは遠いねえ。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

昔の記憶がよみがえる

数日前、ふと見つけた「オルフェウスの窓外伝」
「へぇ、こんなのが出てたのか~」と早速購入。
第二部でイザークがピアノを教えに行ってたザイデルホーファー家の
長女イングリットの誘拐された息子と誘拐した使用人アントンとの
不思議な親子愛の物語でした。
池田先生の絵じゃないんですけどね。
ザイデルホーファー家の末っ子クララがピアニストとして大成してて
甥っ子が誘拐された時に宣言していた通り、世界中を演奏旅行しながら巡ってずっと彼を探していたエピソードも盛り込まれて
懐かしい顔ぶれも時々顔を出して、ちょっと懐かしく読みました。
第一部読んでいた頃は、モーリッツがこんなにステキ親父に
成長するとは思ってもいませんでしたよ(笑)
マリア・バルバラお姉さまもダーヴィトと幸せそうだったし。
イザークもなにげに音楽学校の先生やってるみたいだし。
オル窓の生き残った人たちのその後はそれなりに幸せを掴んでいるようで
何よりでした。
…でも、これからのドイツの状況を考えるとそうも言ってられないのかな。
モーリッツは反ナチスっぽかったし。

…にしてもオルフェウスの窓の悲恋効力は、年月と共に
だいぶ薄れてきたんでしょうかね?
クラウスとユリウス、イザークとユリウス。
そして件の家の次女マルヴィーダとフランツ。
に比べたら、この話のキーゼルとフーリエは淡い初恋の頃に
悲恋決定がわかって却ってよかったんじゃないかと。
なんせすごい悲恋ばかり見せられたので、当人達にはかなり深刻だろうけど
たいしたことないと思わせてしまうあたりが大河ロマンの恐るべしな
所でしょうかね。
(ネタバレになるので、敢えて悲恋の原因には触れませんでした)

オル窓も長いから読み始めたら大変な事になるので、記憶を
呼び覚ますだけにしておきましょうかね。

そうそう。宝塚ホテルでのかしちゃんのDSにあさこちゃんと
ゆうひくんいらしてたそうな。
コムちゃんもいらしていたそうです。
客席も豪華だな~。

で…なぜか海猿

美容院でも行こうかと予約状況聞いたら一杯だというので
素直に別の日にして(ま、そういう事もあるだろうなと)
水曜日はレディスデーじゃないかと思い出して映画館へGO!
読み終わってないけど、ダヴィンチ・コード見ちゃおうかなと
時間見たらば始まったばかりだったのでした。
しかし、何か見ずに帰れるものかい(笑)と
時間見たら、程よい時間に「海猿」があったので
これは萌え補給とばかりに見てきました。

ベタっちゃ~ベタなんですけど。
ドラマもずっと見ていて多分こうなるだろうと思っていたけど。
なんでだろう…泣けちゃった(笑)
なんかね~、皆熱くてよかった。
主人公仙崎君は最初の映画でも、TV版でも相棒たるバディを
事故でなくしていて、今回のバディは三人目の吉岡君。
吉岡君は、ドラマ版では最初潜水士じゃなかったんですよね。
ドラマ版での仙崎君のバディ池澤さんは特級隊スーパー潜水士で
でも、目の病気で潜水士を辞めざるを得ない所で、殉職しちゃって。
どう見ても彼が仙崎君の最愛の人にしか見えなかった私はこの先
どうなるんだろうとドキドキしながらドラマをみたものでした。
それはさておき。
海難事故の船にちょっと痴話喧嘩しちゃった彼女が乗ってたり
(でも、その彼女がうっかり船に残ったりする展開じゃなくて
よかったとか思ったり。ドラマとかだと良くあるじゃないっすか。そういうの。
今回自作のウェディングドレスを船に置いてきたりしてたし)
陸で見守る彼女と最後まで諦めない彼。
(そして吉岡君との信頼ね)
まあ、突っ込みどころは勿論多々あるですが、素直に
「一緒に空を見よう」とかいう台詞に泣けちゃったり
海保のお兄さん達の男気に泣けちゃったりしたわけです。
諦めない男達ってステキよ~。
映画ってこういうのがいいよね。
…にしても、仙崎君、君すごい鍛えてたんだね。
ラスト近くのあの状況はすごすぎるよ。うん。
そうそう。思い出したのですが、見ていてとても息苦しかったのですよ。
「さあ、潜りますよ」とか言った瞬間つい息止めちゃったりして。
沈没寸前の船の中でこれでもかと難事が襲ってくるのでついつい
力入れて見ちゃってちょっと肩こりました。

もひとつ思い出した事。
キッズステーションのHPに7月分の番組表がアップされていたので
アンジェリーク放送時間をチェック!
土曜日の21:30と翌朝(笑)4:30
日曜日20:30の3回放送。
初回は7月8日の模様。
これにテレビ神奈川とMXテレビの放映で週に計5回。
こちらは何曜日なのかな~。そろそろ情報出る頃よね。

ダヴィンチ・コード

やっとこさ上巻途中までやってきました。
一気に読める時間が欲しい~~~。
来週は仕事休みなので……とか思ったものの
休みにしたからこそとやたら予定入れちゃったのよね(笑)
こうなったら映画は読んだら見るにしようと思います。

昨日のブラックジャック。Dr.キリコ役で速水さんが
出てらしたですね~。
実はここのところBJを余り見ていなかったので、
ピノコと二人逃避行な旅を続けているBJ氏が謎の組織に
追われているのが何故なのかがよくわかってません。
速水氏といえば4月からのアニメでは、時々「吉宗」に
色んな役で出ていたり、「いぬかみっ!」では、はっちゃけた
次回予告が楽しかったり(本編ほとんど出てこないから
大抵EDから見たりする私)するけれど、やはりあの美声を
うっとりと堪能出来る役に巡り合いたいものです。
7月からのアンジェアニメは多分出番少ないだろうしなあ(遠い目)
そうそう。7月といえば地上波(といってもU局ですが)で
学園ヘヴンの放送が決まったとか。ちょっと楽しみだったりします。
(ちなみに、女王様が好きです

そうそう、今日はまーちゃんの退団会見がありましたね。
(公式じゃなくてENAKさんの方貼っちゃった/笑)
CSニュースでコムちゃん、水くんのパリ旅行&トークショーの様子が
ちょっとだけ放送されて、ベルサイユ宮殿の運河脇を歩くお二人が風景に
マッチしていてとてもステキでした。
(水くんがコート肩に羽織っただけなのがまた男前でねえ
来月の本放送が楽しみです。
あと、「ブルボンの封印」で泉つかささんが演じていたニコラ・フーケの居城
ヴォー・ル・ヴィコント城も訪問なさっててお庭がすごいキレイでした。
ああいいなあ。パリも行きたいなあ。
(とか言うと、仁美ちゃんからローマは?!と突っ込みがきっと入るだろうなあ)

もひとつ、ENAKさんで見つけたキティちゃん
好きですけど、これはさすがに「欲しい!!」とは思いませんでした。
……ファン失格?……(それならそれでいいや)

あ、も一つ。
先日の17歳バトンでの答えで、爆笑メールをいただいたので
ここにご披露させて下さい。観劇仲間の某嬢から「生徒会室で
●スロ●が」死んでたのかと思ったと。
そんなの見つけちゃった日には、怖くて一人で生徒会室には
行けないぜと思いながら携帯握り締めて大爆笑してしまいました。
楽しいメールをありがとうございました~~~。

さあて。
続き読んでこようっと。今日中に上巻読み終わる予定~。

漢字バトン

いつまでも持っていると忘れそうなので、もらって1ヶ月。
そろそろ上げようと書き始めました。
ら、ちょこさんからもバトンタッチ頂いたので、その分も
併せて書かせていただくです。

■好きな漢字3つ
「美・優・賢」ってそれはジュリアス様の理想の女性。
ってかそういう事を真面目に言う男がいたら張り倒してやる所です。
でも、ジュリアスはほら~世間知らずだから許す(偉そうな私)
なんて書いていたのは「優」は好きな字かな~とか考えてたら
ふと思い出したので。
と、前置き長すぎで3つですね。
☆優
☆彩
☆智
ふと思いついたのは上3つ。ただし、これは今日の気分かもです。

■前の人が考えた漢字に対して自分が持つイメージ
(有羽さんから)
☆助…助さん格さん…を真っ先に考えてしもた。助力とか助教授(笑)
   とかこの漢字からは支えるってイメージがわきます。 
☆輝…輝くというのも、色んな種類がありますよね。ピカピカよりは
   キラキラに憧れます。
☆素…素顔、素直、生まれたままというか、本質って感じがします。

(ちょこさんから)
☆夢…なくしたくないもの。届きそうで届かないけどつかみたい。
☆現…地に足が着いている感じ…かな。
☆幻…霧の向こうに何かある。手を伸ばすと消えちゃう。

■次の人に回す漢字

「聖」「華」「艶」

■大切にしたい漢字
「信」

■漢字のことをどう思う?
一文字でも気持ちをあらわす事が出来るステキな言葉。
同人始めた頃は、小難しい漢字をやたら使うのが耽美だと
思ってました(笑)

■好きな四字熟語を3つ
「才気煥発」
「明鏡止水」
「順風満帆」
ないものねだりともいう。
嫌いな四字熟語「滅私奉公」(笑)

■回す人7人とその方のイメージする漢字
ごめんなさい。7人は思いつかず。
という事で、この方達の漢字への拘りをぜひ伺いたく。
☆ゆきさん「巧」
☆樋口都さん「匠」
☆森居志子さん「実」
いつもの事ですが、お忙しかったらパスして下さい。
でも聞いてみたいな~~~。

有羽さんからは「明」ちょこさんからは「幸」という字をイメージで
いただきました。
どちらも「まあ、いいのかしら?」と思ってしまいました。
人からそういうイメージを抱いて頂けてるというのは
ちょっと嬉しかったです。
いつも明るく周りを幸せに……をモットーに頑張ります。

いや~、難しかったです。
でも、漢字についてかなり色々考えました。楽しいバトンありがとうございました。

スカパーの開放デー

の前に、今日は月組東京公演の一般前売りの日でした。
なのに起きたらなぜかAM11:40。
出遅れもいい所で、参戦する前に敗れました。

そして、今日は自分の部屋でスカイステージが見られる月一回の日。
という事でお片付けしながら、「想夫恋」を観ました。
児玉先生テイスト溢れる作品でしたが、一本筋は通っていたような。
(今までの作品比でそう思いました)
今回盛り込まれてなかったのは、『一夜の過ちで子供が出来てしまう』ですかね。
だって、『親友の許婚を好きになってしまう』も『火事』も健在で
見てて「楽しすぎるぞ!児玉センセ!」と思わず天の鼓のミカディ
みたいに思ってしまったり。
今回のミカディ役高倉帝@もりえちゃんには、キャトルのスチール
売り場で毎回癒されていたので、やはりここは観ておくべきかと。
(って論点ずれてますが)
都一の美女なあいあいはしっとりしててよかったな~。
今月組の若手君の中でちょっと注目株のみりおこと明日海りおちゃんは
その美女と結婚間近だったけれど、不遇の死を遂げてしまって
一幕でいなくなっちゃったのは残念。
しかしお化粧はもちっと頑張ってくれい。きれいなお顔がメイクダウンしていたですよ。
主役のみっちゃんは、なんだか貫禄出たな~と。
歌がうまいのはもちろん、お化粧もきれいになったし
東京公演終わったら宙組行っちゃうんだね。かしちゃん、タニちゃん、
トムくんと並んだ絵が今ひとつ頭に浮かばないのだけれど
きっとお歌でも活躍するんでしょう。
お話的には平清盛全盛の、まさに奢れる平家な時代だったので
それも楽しく観られました。
最近若手クラスのバウ公演は東京に来ない演目が多いので
たま~にこういうのは観たいかなと思いますだよ。
今星組がやってる「フェット・アンペリアル」も面白そうなんだけどな。
そして夜もタニちゃん主演の「十二夜」を見てしまいました。
でも、あの話をオーシーノ公爵が主役でやるのはやはり無理が……。
あの学年なら、タニちゃんがシザーリオやっても可愛かったんじゃないのかなとか
ちと思いました。
オリヴィアがゆら姐さんだったのは、ちとびっくり。
タニちゃんが恋焦がれる姫にしちゃ……いやなんでも。
7年も前になるのね。これやってたの。時の流れは早いものですな。

そして最近ちゃんと毎週見ている大河ドラマは来週が「本能寺」
アダルトな配役を嘆いていたお正月頃ですが、さすがに見慣れてきましたね。
今回のツボは信長さまが蘭丸くんを「お蘭」と呼ぶ所でしょうかね。
(所詮腐女子さ)
森蘭丸役の渡辺大さんは、謙さんの息子さんだったんですね。
でも蘭丸役にはちとトウが立っているような気がしなくもなく。
昔松岡君がやってた時は生意気そうでよかったな~とか思い出しました。
濃姫と明智光秀との間に仄かに恋心が……という展開は今まであまり
見た事なかったんですが、大人のプラトニックという感じで
ちょっと注目してました。
先週は有名な馬の話でしたし、これからどんどん歴史の流れが動いていく
時代にさしかかってきてなかなか楽しそうです。

ああ…なんか一日テレビ見ていたな~。
お片付けはまあまあ進みました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

メガネくん萌え&17歳バトン

ネットをふらふらと彷徨っていたらこちらの記事を見つけました。
え~と。
このアンケートはどの層がお答えになった結果なんでしょうね?
とちょっと思いました。
コナン君はまあおいといて、スラダンの木暮くんとか
金田一の明智さんとか手塚部長がのび太くんやマスオさんに
負けてるなんて
でもこのメンツで21位に食い込むなんてすごいぞ!緒方さん!
(どうやらそれが言いたかっただけみたい)

そして、ゆきさんから頂いた17歳バトンが案外するすると
書けたので、頂いた順番まるっと無視して(ごめんなさい~)
こちらに上げたいと思います。

●17歳の時何をしてた?
ごく真面目に学校行ってました。高校は音楽科だったので、ピアノ弾いてましたね。
私は12月生まれだから17歳の内訳は高校3年の時のが長いわけで。
宝塚は一番観てなかった時期かも知れません。
生徒会で会計とかしてたんですが、ある時生徒会室の入り口にゴ●●リが死んでて
一週間位怖くて部屋に入れなかった事をふと思い出しました。

●17歳の時何を考えていた?
早く大学行きたいとか思ってたかな~。高校生活も楽しかったんですが
なんだか大学生活って『自由!』って感じがして。

●17歳の時のイベント
校内演奏会かな~。全員出られる催しじゃなかったので、
選ばれたのがすごく嬉しかったのと納得出来る演奏じゃなくて悔しかったのと(^^ゞ
後は学園祭。私達の代で、結構色んな事変えてやる事が出来たので燃えてたな~なんて。
いや~青春してたんじゃん、私。
(その割りに学園祭当日は、疲れちゃって控え室に籠もってひたすら友達と喋ってた記憶が)
あとは、この頃既にアニヲタだったので、声優イベントとか行ってた覚えが。
この頃は井上真樹夫さんが好きでした。ハーロック!(笑)

●17歳でやり残した事
とりあえず、あの頃は一生懸命やってたからない事にしましょう。

●17歳に戻れたら
17歳より27歳くらいなら戻りたいかも。

●17歳に戻って頂く方
女王候補仲間で聞きたい人はほとんどやよいさんからバトンが
回っているようなので、神子殿仲間(笑)
樋口都さん
森居志子さん
のお二方の17歳ライフをぜひ伺いたいです。

クラ×ジュリの17歳の頃の話を書きたいな~と彼らの若い頃を
妄想練り練りしていた所にちょうどこのバトンが回ってきて
タイムリーだな~と実は思ったです。

漢字バトンは唸ってます。難しいね~。

久しぶりに

WOWOWでやっていたので「アレキサンダー」を改めて見ました。
やっぱりアンジェリーナ・ジョリーが怖いわ~~~(笑)
彼女はスミス夫妻の時のが可愛くて好きです。

それはさておき。
もう見てきてから10日位経ってしまいましたが、
陽気なギャングが地球を回す」がとても楽しかったです。
監督さんが『ルパン三世好き』というのを見て、カーチェイスとか
ルパンの実写みたいだ~とか思ったのは間違いじゃなかったんだなと。

見る前に出演者に佐藤浩市氏がいただけで
「見るぞ」な気持ちが高まりましたが期待に違わずステキでした。
加藤ローサちゃんみたいな若い子を嫁さんにしてても不思議じゃない
色気があるのよね~~~。
鈴木京香姐さん演じる雪子さんが、良心的な不二子ちゃんみたいで。
(良心的って時点でそれは既に不二子ちゃんじゃないけど)
見終わった後に、すかっと楽しい気分で映画館出られるのって
やっぱりステキじゃないですか。
前に仁美ちゃんも日記で書いてたですが、折角みなとみらいが
舞台なのに、あの辺りで上映されてなかったのは残念だなと思います。
みなとみらいで見て、外出たら同じ景色が広がってるのは
きっと爽快だったんじゃないかと思うんですがね。
と今更言っても仕方のない事を(笑)
あの広い通りを雪子さんみたいに爆走する輩が出ないようにかも知れませんね
なんてね。

ダヴィンチ・コードも見たいし。
嫌われ松子もちょっと見たいし。
トリックも実はちょっと見たいし。
という気持ちな今でございます。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

やるな……スカイステージ

開局4周年記念「タカラヅカニュース-宙組千秋楽 生放送-(フィナーレ以降)」
だそうですよ。
家でたかちゃんのサヨナラショーが見られるわけですな。
7月のラインナップ見てみたら、去年の今頃萌え萌えだった花組の「マラケシュ」も
やるし、コム水パリ旅行はやるし(やはり全ツベルばらが7月だからでしょうね)
久々に(笑)来月の予定見て、やるなと思った次第です。
(って久々にかい)

そんな今日の夕方、まーちゃんもコムちゃんと共にイブに退団という
ニュースが。
共にお披露目で共に退団という俗に言う添い遂げ退団って
そういえば久しぶりなのかも。
雪組のTOPコンビは共にダンサーで、ショーで二人が踊る姿は
本当に溜め息モノでした。(おっと過去形にはまだ早かった)
サヨナラ公演の二本立ては、またチケット取るのが大変なんだろうなあ。

有羽さんから大分前にいただいた漢字バトンと、ゆきさんからも
新しく17歳バトンをタッチさせていただきました。
ゆっくり考えてアップしたいと思ってます。
(サトさんから頂いたマンガバトン…未だに蔵書数確認できずで←
ずっと温めたまんまですんまそんです。忘れてるわけじゃないんです)

ん~とん~と……他に書きたい事がたくさんあったのですが
………思い出せない~。
というわけで、今日はおしまい。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。