スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス・オブ・ヴァンパイヤとアンジェ4話

相変わらず締め切り前な生活ではございますが、劇場通いは
心の潤い(笑)
今日は(もう昨日ね)帝国劇場へ「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」を
観に行ってきました。
とにかく楽しかった~。


この後、ネタバレ等含みます。




このくらい空けたらいい?



吸血鬼モノというとお耽美色溢れる雰囲気かと思いきや
随所で笑えてダンスを楽しんで。
中でもクロロック伯爵の山口氏の歌声は劇場内の空気を支配するように
圧倒され(そしてペガ子も真っ青のクレーンこうもりにちと笑い)
市村さんの軽妙な姿が実に楽しそうで。
図書館に目を輝かせる姿はまるでルヴァ様(そこに持ってくか…自分)
そして出ている場面数と時間を考えたら、彼が主役? なアルフレートは
浦井くんでした。今年のルドルフの時にも思ったけれど、うまくなったな~~~と
ひたすら感心。
ちょっと天然入ってる朴訥とした姿が可愛かったっす。
もっとダンスしてるの見たかった。
もっと踊るのを見たかったといえば、そう、この人。
伯爵の息子、ヘルベルトの吉野くん。
んもう、たまらんかったです。
美しいおみ足も、ちらちらブラウスの裾からのぞく魅惑の半ケツも(てへ)
そして何よりも恋する乙女な風情な、はにかみ方がもう……萌え(くすくす)
楽しそうにアルフレートに迫る姿に初見にも関わらず
オペラロックオンでしたよ(笑)
サラの大塚ちひろちゃん。歌声は結構好きなタイプでした。
あのサラって役を見ながらふと思い出したのは、ベルばらの外伝
「黒衣の伯爵夫人」編に出てきた発展家のお嬢さんでした。
(カロリーヌ? カトリーヌ? なんかそんな名前だった気がしる)
お風呂タイムのスポンジが気持ちよさそうだったな~。
あんな大きいの欲しいな~とか思いましたよん。
ご一緒した都さんがもう既に何度もご観劇なので、アルフレート登場や
クロロック伯爵登場や、幕間のクコールさんのお掃除タイムを
逃さず見られて嬉しかったっす。
終演後に食べた北京ダック風なピザも美味しかったね~。>私信

帰宅後、ちょっとだけ原稿頑張りつつ、またネット徘徊してしまいました。
そうこうしているうちにあっという間に3時です。
ってわけでアニメアンジェ4話は続きに。



続きを読む

スポンサーサイト

また金曜日か~

今日は雪組の全ツ「ベルサイユのばら」が鹿児島で千秋楽を
迎えたのですね~。相模大野で観たのがもう2週間以上前だなんて。
その間に月組観て、アルバトロス観て。
7月もあっという間に終わっちゃったな(ってまだ3日あるけど)

さてさて。そんな中、大好きなミュージカル「エリザベート」が
いよいよウィーンキャスト版来日というニュースを見ました。
新宿コマだそうですが、またお財布の中身の心配をしなくては、と思いつつ
その記事中にあった『来年は宝塚でも再演が予定されており』の一文のが
はげしく気になります。
噂では色々聞きましたが、記事になりますとねえ。
本当なのかなあ。ま、月組はないでしょうがね。
こちらの方が記事としては詳しいかもですね。

先日、月組観に行った時に仁美ちゃんには話したんですが
「Asience」のCMで白い服を着た黒髪びゅーちーの
チャン・ツィイーさんと黒い服着た金髪のお姉さんが
チェスの試合をしているバージョンに、激しくクラジュリ萌えです。
金髪のねーさんがコワモテ過ぎなのが、ちと残念ですが。
アニメ版のジュリアス様はストパー疑惑がかかっている(笑)ほど
髪の毛ウェーブがないのが残念ですが、このCMはちょっと巻き巻き
し過ぎてるのがちと不満です。(ってそれはツィイーさんの黒髪のが
美しく見えないとねえ)
すみません、ジュリファンのたわごとでした。
かくして、金髪と黒髪の人が一対でいるとなんでも妄想の種にするのが
腐女子の嗜みでございますな。(嗜みって……)

今日もいろいろつぶやき……

一日お休みだったので、原稿でもするべかとPC回りを片付け始めたら
止まらなくなって(しかも収拾つかなくなって)結局PC立ち上げないままに
夕方になってしまいました。
(しかも途中で読みかけの本読み始めたら面白くてやめられなくて
最後まで読んじゃいました)
ま、そういう日も必要よね(っていつもじゃないかと思いつつ)

昨日はまた月組観てきました。
1階の後ろだったのにオペラグラス忘れてしまうチョンボをやらかしました。
でも、久しぶりに全体をず~~っと見ながら、ローマ市民の動きとか
群舞とか観つつも、結局の所『センターにいるあさこちゃん』という図を
堪能してきました。
今回は理事様いらっしゃるからどセンターじゃなかったりするんだけどね。
帰りにLaLa買いました。
前情報をちょっと仕入れていたけれど、最終ページの「おわり」の文字に
ちょっとふにゃらら~~~となりました。
次回はDXでしかも来年の2月ですか。
あんなところで半年も先なんて~~~~~
アクラム様ったら鬼畜全開で、すてきだったらありゃしない。
心のかけらがなくなるのね。…なんて言ってた先月の私の認識が
甘かった事を思い知らされましたよ。
素顔シーン多かったけれど、本心見透かされそうになった途端に
仮面つける姿にちと萌え。
友雅殿は出てきたけれど鷹通がすっかり姿見えなくて寂しかったです。
あの後、二条のお邸に誰か連れ帰ってくれたのかしら?
でも、きっと友雅殿の事は覚えているのよね(なんてね)
水野センセの新連載は遙か関連なのかしら?
1も映画に合わせて新キャラプッシュがはじまってしまって
なんだかな~な感じです。
アニメ終了で、そのままいい思い出にしてほしかったよ。

にしても、蒸し暑さが戻ってきましたね。ちょっとだるい~。
そうそう。CSでアルバトロス青年館楽を見ました。
すみませんを連発しながら、涙のコムちゃんと仲間達。
どうせやるなら最後まで映してくれ~~~。と思いましたとさ。


間にあうのかなあ(呟き)

ちょっと間あけてしまいました。
4日連続で劇場へ通い、残りはちゃんと仕事してました。
世間は夏休み突入ですね。梅雨明けはいつになるんでしょうか?

アルバトロスの東京楽の様子を求めてネットをちょっと巡ってみたら
コムちゃんが最後のご挨拶で涙……だったとか。
何度目かのアンコールで何も言わずに1階席、2階席を見つめて
深々とおじぎをして幕…という記述を読んで、素敵な空間だったのだろうなと
想像してしまいました。
バウホールという更に狭い空間に移った時、アルバトロスはどんな風に
迫ってくるんだろうと思ったです。きっと濃密な時間になるんだろうなと
思ったら、バウで観られる方が羨ましく思えました。
きっとバウが始まったら、またネット巡りしていそうな気がします。
本当にコムちゃんのファンの人がたくさん観られるといいのにね。
なんて思いながら、ヤフオク見て溜め息ついてみたり。すごい値段になってますものね。
アルバトロス見て、すごーく観たい気持ちが高まってビデオの棚をあさり、
やっと見つけたパッサージュ。劇場で観てきた時よりも結構楽しかったりします。
中詰めの片翼の天使の紺野まひるちゃんが可愛くてね~。
堕天使がコムちゃんといづるん。
ぶんちゃんを誘惑する堕天使が男役時代のいづるんなのよね~。
コムちゃんはまひるちゃんとペアで。
真っ白な衣装だったまひるちゃんがここでは真っ黒な衣装になっていたりして、
ちょっとクラジュリな妄想も浮かんできたり。
アンナ・カレーニナも観たいんだけど、さてどこにしまったものやら。

明日はまた日比谷へ行くわけなんですが、この前観ていて思ったのは、
お芝居のフィナーレって、なくてもいいかななんて。
刃に身を投げ出し、自分を手に入れた物言わぬブルータスを、ただ静かに見る
アントニウスとオクタヴィアヌス。
あの静かな中に緞帳が下りてくる静寂感が初見の時に好きだな~と思ったんですよ。
いえね、その後の漫才も楽しいし、銀橋で投げキスしたりするカエサルとブルータスを
手拍子入れながら見るのは勿論楽しかったりもするんですけどね。
明日観てきてまたどう思うのかはわからないもんですが、観れば観るほど
ツボが出てきて楽しかったりします。

そして、今ちょっとブルータスで泰衡様な妄想も脳内駆け巡っていて(笑)
んもう、なんでも平泉かよとちょっと自分でも笑いますが。
夏の原稿の内容がちょっと変わりそうな予感があるようなないような。
ええ、2冊目は平泉主従本です。
間に合うのかなあとちょっとどきどきしはじめました。

そしてアニメアンジェリーク第三話は続きにて。

続きを読む

4日連続

怒涛の連続観劇も本日でとりあえず打ち止め。
またしばらくインターバル取りながら今度は月組と帝劇に通う事に
なりそうです。
(そして、脳内はこれから聖地から平泉へと旅立ちます)

「アルバトロス、南へ」2回目にして、今回が最後。
コムちゃんの流れるようなダンスは、本当に惚れ惚れします。
体重を感じさせない鳥が飛び立つような軽やかさを感じて
ただただ見惚れるばかり。
2部のお芝居については、過去の作品のコラージュでありながら
それが微妙にパロディになっていたり、新作を織り交ぜてみたり
荻田先生の構成力に唸りました。
エリザベートとアンナ・カレーニナをうたかたの恋で橋渡ししたような
作りはすごいなと。
アリョーシャとアンナがイタリアへ行ったシーンのダンス見ていたら
「アンナ・カレーニナ観たいな~」と思いましたし
キムちゃんとの闇が広がるを聞いたら、コムちゃんのトート閣下も
観てみたかったな~と思うし。
やっぱり宝塚のスターさんってのは、惜しまれて退めるってのが
一番華なんでしょうねえ。
花火みたいというか………桜みたいというか。
今までで一番入れ込んだご贔屓の時に、こんなにセンチメンタルに
なれなかったのは、ちと不幸だったのかなと今更思ってみたりして(笑)
ま、あれはあれで完全燃焼して真っ白になったからよかったのか。
(燃え尽きたもんな……と、自己完結してみました)
そのおかげで、空いた心の隙間にクラとジュリがね、こう入ってきた
わけですよ、するする~~~~っと。(笑)
で、話を戻しますが、総勢7人の舞台はとても中身が濃くて
一度観ると、ずっしりと心にくる舞台でした。
明日、千秋楽ですね。早いなあ、一週間。

そして7月ももう20日なのか。早いなあ。


テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

月組3回目

3回目の今日は2階A席で観て参りました。
A席だとショーの幕開きのブランコはちょっと遠いのね。
(2階SSで観た母がとっても近かったのよと教えてくれたので)
そして2階から見ると、ローマ市民の右往左往ぶりがよくわかって
カエサル暗殺後のブルータス達VSアントニウスの場面が
より楽しめたような気がします。
あの場面、もうちょっとアントニウスのソロ(演説)とコーラスの
バランスがアントニウス主体になるといいのにと思います。
あの演説がブルータスに傾きかけた市民の心を、一転させるわけですから。
それから、クレオパトラとの場面の後に二人きりになった
カエサルとブルータスの場面で、多数決でいい国は作れないと
歌うカエサルのセットがごご~~~っと前に移動してくるのが
ブルータスの心の中にあるカエサルへの敬意とか畏れとかの心理状態と
相俟って、あんな風にカエサルが大きく見えてくる効果なのかな~とか
思いました。
シンプルなセットだけど、今回のお話にはあれだけでもいいのかなと
ちと思い始めました。
みほこちゃんの調子は日曜日よりよかったみたいです。
まだフルパワーじゃない気はしますけど。
ショーの「僕とダイヤ~」は今日もお答えをいただけなかった模様。
でも銀橋からガン飛ばしちゃダメっすよ(笑)こわいから。
ゆらさんともちとおとなしめでくすっとする位でした。
Xタイムは今日はお一人。あの位置にスタンバっているのはちわわちゃんかな?
そしてもう一人(多分みっぽーちゃん)をちょいちょいと呼んだのに
やっぱや~めたと。兄さんそりゃないぜな感じでした。
娘役チェックに関しては、ちと自信ないぜなあさこちゃんロックオンな
私でございます(てへへ)でもね、ブラックダイヤモンドで
髪振り乱して踊るあさこちゃんはかなりかなり好きです。
そして、ロケットで下手から数えて10番目にいる麗百愛ちゃんの
足の上げっぷりには惚れ惚れしますな。
(花道出てきた時にねねちゃんの隣にいるのも、もえちゃんよね?)


明日はもう一度青年館へコムちゃんのアルバトロスを観に
行って参ります。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

とりあえず今日の最初は

譲くん、お誕生日おめでとう~
この季節に生まれてくれたおかげでいつもお祝いしか
言えない状況ですが、今年は一味違うぞの入稿記念日
(が、しかし、クラ×ジュリ本だったりする)
今年の夏は君のお話はお預けですまん。
景時さんと仲良くやって下さい。
16歳の夏休みなんて楽しいだろうねえ。

とりあえずお祝いが17日中に間に合ったのでほっとしております。
というわけで、上にもちらりと書きましたが、1冊入稿してきました。
今年初の(笑)オフセ本です(威張って書くことじゃないけれど)
この後、あと2つばかり頑張りますっ。

そして、今日は入稿後、大江戸線に乗って神宮外苑へ。
日本青年館で公演中の雪組「アルバトロス、南へ」を
観て参りました。
コムちゃんの退団前のすぺさる公演ということで、階段下のさばき待ちの
人がなんと多かった事!
三井住友VISAカード様、貸切公演ありがとうと心で呟きつつ
中に入りました。
アルバトロスとはあほうどりのこと。
翼が大きくてうまく歩けないけど、遠くまで飛んでいける鳥。
どこまでも飛んでく鳥みたいに、コムちゃんの軽やかなダンスが
素晴らしかったです。
内容は2番手時代位までの名場面集だったり、やった役を色々絡めた
ダブルパロディになっていたり、オリジナルなお芝居があったりと
盛りだくさん。
花組の新人公演時代の曲とかも結構多かったので、聞いた事あるけど
何の曲だっけと記憶を手繰り寄せたりもしました。
個人的に1幕ラストの黒い衣装でのダンスに背筋がぞくぞくしましたよ。
ずっとコムちゃんを応援してきた方には、涙腺刺激の構成なんだろうなと
思いました。
7人だけの出演者でしたが、とっても熱くて素敵な舞台でした。

近況報告

クラジュリ本は早期入稿を果たせそうです。
明日印刷所に入れる予定です。やったぜ。
今日は月組観てきました~。
WOWOWの貸切で色紙が当たりました。
轟理事様の色紙っす。ふふふふふ(謎笑)
ショーのXタイムは3人にキスしてました。
あの場面のあさこちゃんは楽しそうだなあ。
みほこちゃんがちと不調っぽいのが気になります。がんばって~。
僕とダイヤ~はなかなかお答えが出なかったようで
「どっち?!」「どっち?!」「どっち~~~?!?!」と
唸ってました。そんなあさこちゃんも可愛いvv
「暁のローマ」がなんだか段々楽しくなりつつあります。
やっぱりブルータス総受風味。
ゆうひくんのカシウスの素敵な攻めっぷりがたまりません。
終演後のインタビューでは、ブルータスを演じるのに
「ローマもカエサルも同じくらいに愛している」のが
とても大事だと。

昨日のアンジェアニメ2回目。
ジュリ様のストパー疑惑はますます深まります。
あのふわふわしたウェーブにはお目にかかれないのね。
エンジュの基本設定がゲームと違いすぎて違和感が拭えません。
少女の成長物語も兼ねてるんだろうけど、後ろ向きすぎてうざいっす。
エンちゃんはね、もっとやる気いっぱいの元気娘なのだ!
オスカーとゼフェルがお約束のように意味ありげないい立ち位置キープ。
2回目にして立ってるだけのクラヴィス様に涙~~~。
ロザリアさまが身の回りの世話してくれるなんて
この果報者め~と思わず思ったりする。
(きっと女王アンジェはそう思ってるに違いない)
作画にはもう期待しちゃいけないんでしょうか?
来週はどうやらジュリアス様の出番多そうですな。
最初で最後かしら?(あくまでも自虐的なジュリファンな私)

今日から、NHKで始まったフランス縦断の旅も楽しみ~。
入れただけでまだ見てないですが、今日はフォンテンブローですよね。
ハイビジョンで入れ損なったのがちと残念。
この番組を地上波にしたためにマラケシュの初回放送見逃したし(涙)
エンター・ザ・レビューは終わった後にほとんど全編見ました。
樹里ちゃんのサヨナラショーで、ミーマイのジャッキーの歌とか
ランベスウォークとかやっていて、先日見たばかりだったので
宝塚版の歌詞が懐かしかったとです。
あすかちゃんとのシンデレラも可愛かったな~。
ファントムの父子の銀橋デュエットがやはりちと泣けそうに素敵。
この頃、おさちゃんエリックやるなんて思ってなかったのかなあ。
とか思いながら見てました。

さ。クラ×ジュリ原稿出来たから次いってみよー!おー!!

シトワイヤン、行こう~~~

ってまだ夜中の3時でございますが(笑)
オスカル様のご命日、パリ祭ですね~。
アンドレは昨日でしたね。な~む~。

で、絶賛原稿中です。
なのに、夜中のアニメ三昧しちゃっております。
まずはもう既に見たにもかかわらず「アンジェリーク」。
途中からニ画面にして吉宗の絵だけ見て、2時から「学園ヘヴン」を。
で、学園ヘヴンなわけですが、なんかこうこっぱずかしい感満載で
見ていて一々うきゃ~~~とか思います。
ってかこの前中嶋編のコミックス買ったんですけど、今日の中嶋さん
見てても思ったんですけど……
「高校3年生って……嘘でしょ~~~」
聞こえる台詞の一つ一つがエロオヤジなんすが。
セクハラ魔人だし。
成瀬さんはね、いいの、ああいうキャラだから。
眼鏡キャラ好きを公言してはばからない腐女子なわたしですが、
彼はやっぱり最強の部類に入る眼鏡くんですね~。
んで、やっぱり恥ずかしいっす。いや~勘弁してくださいよ。
同じ森川さん声で同じ眼鏡くんでも、エルンストさんは受けで
中嶋さんは攻めだなと。すごいな~森川さん(ってそこなのか?)

とりあえずただいま推敲中。連休中に勝負つけるぞ~!! お~!

今日はパリ進駐の前の日ってことは

今宵一夜の日~♪
ってわけで相変わらず修羅場なのに、ベルばら話を続けます。
今日は全ツ組は移動日ですね。明日のアンドレさん(byロザリー?)
の命日は富士。折角の7月14日に公演がないのが残念ですね。
きっとバスティーユが盛り上がっただろうに。
全ツでアンドレとロザリーの場面が追加になり、そこでロザリーが
アンドレさんと呼ぶのが不自然だよね~。と昨日観劇の合間に
話題になりましたが、平成入ってすぐの雪組公演ではアンドレ様
言われてたから、それに比べたらまあいいか~と。
でもね、でもね。何度も言うけど、ロザリー。
ちみとベルナールは同じ境遇じゃないから~。
そしてアンドレも呼び捨てでいいと思うから~。
ちみは両親とも貴族で(でもジャルジェ家の小間使い扱いだけど)
ベルナールはパパだけ貴族でアンドレは根っから平民だから~。
その時点でオスカル様と同じ境遇なのはロザリーだけなのねと
気付いてちょっと笑ってしまいました。
ってそんな話題じゃなくてね。
コマちゃんジェロっちはやっぱりすごく可愛くてマント持って
立ってる姿が七五三に見えたりしたのは私だけかも知れないけど。
一つだけすごく気になったのはね。身を引きましょうの場面で
オスカル様に言う台詞「幸せになって下さい」の涙出そうに
いい男感溢れるあの台詞。どうしてどうして
「幸せになって………下さい」ってためるの?
気になって仕方なかったのはまた私だけなのかも知れないけど。
そしてもうどうにでもして~ってほどに笑いそうになった
天国の場面のアンドレの「オスカ~ル」連呼。
横浜より相模大野のが音量下がってた気がしました。
歌の合いの手に入れるのはやっぱり笑っちゃうっすよ。
んで、緒月さんはなんで薔薇タンの衣装があんなに似合っちゃうんでしょうか?
最近のジェンヌさんであれを着こなせる人はなかなかいないっすよ。
彼(敢えて彼と呼ぼう)は湖月氏の流れを組んで漢な雰囲気だよねと
観劇後に友人と話したりしましたとさ。

今日は鍼灸治療していただきました。
治療してもらう時に色々聞くお話がとってもためになります。
ちょっと気をつけるだけでいいのにね。
ちゃんと長続きするように頑張ります!
シルクの例のやつも見つけました>私信

全ツmy楽

雪組全国ツアー「ベルサイユのばら―オスカル編―」
本日は相模大野へ行って参りました。
グリーンホール相模大野は、前回行ったのは多分マミちゃんとだんちゃんの
「うたかたの恋」の時なので……1999年? 7年も前?!
いや~~~もうそんなになるのか~。
その頃の配役見たら、ゆらさんがエリザベートやってたのね。
……とそれはさておき。
水さんのオスカル編は2度目の観劇にしてマイ楽となりました。
やっぱり、あったかくていいなあ。水カルは。
今宵一夜の前に突撃告白にやってくるロザリーの気持ちを受け止めて
「嬉しいよ」の件も、なんか優しいし(笑)
アンドレとロザリーの場面のえりドレの言い含めるようでいて
実は自分に言い聞かせてるみたいな台詞もなかなかよかったし。
(ってか、子供の頃から好きなのは自分だから。俺のが早くから
好きだからって主張してるのかな~なんて笑い話にもしたのに)
あとはね。美穂姉さんが、マロン・グラッセとアラン母とエトワールと
本当に同じ人? という感じだったのに感激です。
ベルばらやるには人数少なすぎですが、少ないながらも
熱気溢れるいい舞台でした。
これから中部地方、そして九州へ回られるのですね。
本当の千秋楽にはまだ2週間以上もありますが、これにて
ベルばらは打ち止め~~~。

来週は、コムちゃんのアルバトロスと月組を交互に観るという
贅沢観劇週間がやってきます。
追い込みも頑張るです。

追記もあります~。

続きを読む

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

お~~~とこはみんな~♪

王~になりたい~♪
って歌うあさこちゃんの声を思い出してくすくすしてしまいます。
というわけで、観てきました。月組公演。
大劇場で初日を迎えたばかりの頃、どの評を見ても書いてあった言葉は
おおむね「駄作」
だからこそっていっちゃなんだけど、気を楽~~~に初見。
カエサルを暗殺するかしないか。しちゃったらどうなるか。
ローマは誰のものか? と、ストーリーは至ってシンプル。
キムシン先生の事だから、ここで理想論を掲げてガンガン攻めて
くるかと思ったら案外そうでもなし。
ひたすら苦悩するブルータスと揺るぎない信念の人カエサルを
並び立たせて話は淡々と進んでいく。
で、苦悩するブルータスがとにかく色っぽくてねえ。
もう理想と現実の狭間でがんじがらめになって、
親友のカシウスの一言とか妻のポルキアの一言とかで
揺れまくって揺れまくってヘタレ街道まっしぐら~。
しかも、母はカエサルの愛人で、妻一筋な自分を情けないとしか
評価しないで、しかも嫁姑の中は最悪ときてる。
ああ…辛い立場だねえ。
後はね、カエサルの愛人ズの娘役さんたちが可愛かった~。
(ちなみに24人+ブル母セルヴィーリア+クレオパトラ)
更に正妻のカルプルニアが別にいると。元気だなあ。
まさに英雄色を好むってやつですか。はははは(乾いた笑い)
アントニウスきりやんは、ちと姑息だったりするんだけれど
ああいうのが老獪というのかも。政治家だよね。奴は(奴扱いだよ)
あとはエリザのルドルフも真っ青な位に出番の少ないオクタヴィアヌス
みっちゃん。お歌がようございました。月組最後の舞台なのよね。
(あ、めおちゃんとチアキちゃんもだね)
暗殺軍団はなかなかにイケメン揃いで、寝言の場面はなかなかおいしゅうございました。
幕開きと終幕のきりやんとみっちゃんの漫才も楽しかったっす。
萌え所は追記にという事でショーいきまーす。
幕開き、ネックレスのブランコに乗るあさこちゃん。かっこええ。
銀色のお衣装で銀橋で「僕とダイヤとどっちが好き?」は
本日ご観劇のジャルパパ星原先輩に。
無事に選んでいたただき、下手でゆらさんに絡まれるところでは
「先輩助けてっ」可愛いvv
17歳のアンリも可愛かったし~(この場面の夢に誘う男のきりやんは
クラヴィスちっくで素敵でしたわ~)
そうそう。タンゴの場面のゆうひくんがなんともいえずに色っぽくて
素敵素敵素敵~~~~。
紺の燕尾服もよかったな~。
なんだか本当にあっという間の1時間でした。
ショーは楽しいよ。たまには1本立てもいいけど、こう続くと
二本立てはイイネ!!! と思いました。
そうそう。ビシバシ踊るゆらさんもかっこよかった~。
理事さまとタンゴ踊ってる姿は惚れ惚れと観てしまいましたよ。
姐さん本当にかっこよかったっす。寿退団はおめでたい事だけど
寂しいなあ。

さ、これから通っちゃうぞ~~~~(いや…そんなには通わないか/笑)



続きを読む

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

恋する天使???

只今テレビ神奈川第一回放送終了~。
これから見る方もいらっさるでしょうから
追記にて書きます。

仁美ちゃんとメールでチャット状態で見てしまいました。
楽しかった~☆彡

続きを読む

全国ツアー「ベルサイユのばら」

神奈川県民ホールへ行ってきました。
今回の主役オスカル様は雪組の水夏希さん。水くんは5月までの
本公演ではアランとアンドレを演じていて、これで3役目。
でも、オスカルは2001年の宙組と今年の星組版でも演じていてこれで3回目。
ある意味ベルばらプロと呼んでもよろしゅうございましょうか?(笑)

とっても素敵なオスカル様でした。
すごく女らしい部分と軍人としての潔さと凛々しさと乙女心が
こうなんていうか絶妙のバランスで。
あったかい人柄が滲み出るようなオスカル様でした。
もう一度相模大野で会えるのが嬉しいです。
えりたん(壮一帆さん)アンドレ。大健闘だったと思います。
影に徹して、でも恋心は抑え切れなくて…な感じがね。
ペガ子もペガ男もいなくて、天国はお迎えの馬車もなくて
アンドレが単身雲の向こうからお迎えにやってくるラストでも
階段がたとえ5段でも、アンドレが最期を迎える橋が異常に低くても
バスティーユが客席方面でもロケットが14名でも
(それが全ツのいいところ/笑)
人数も少ないけれどパワー溢れる舞台でしたよ。

8日の日付になってるけど、実はもう9日の3時(笑)
これからアニメのアンジェリーク見るのでとりあえずここで~。

七夕ですね

七夕なのに、珍しく雨じゃなかったですね。湿気がすごくて
ちょっとだる~~~っとしております。
追い込みの時期ではありますが、あちこちに萌えの種が蒔かれていて
それがどんな風に育っていくかが楽しみでございます。

今日から東京宝塚劇場で月組公演が始まりました!
今回は残念ながら初日に行けなくて仕事終わって夕飯終わって
すぐにPC前に陣取り初日報告を探しております。
上に貼った記事中にあった「金さんで~す」「銀さんで~す」を
読んで平泉のワンコ二人(笑)を思い出してしまいました。
初見は10日。あと3日か(ちょっと遠い目をしてしまふ)

で、金さん銀さんで思い出したのは、内々でただいま萌え真っ盛りの
泰衡様でコンスタンティン(都さんちにぺたり)
そのうち、泰衡様でオプス・デイなんてのも出てくるかもです(笑)が
あまりに配役がハマって、DVD見直したら益々萌え萌えです。
こうなるとキアヌが泰衡様に見えてくるから不思議なものです。
元々はダキニー様実写版はティルダ様なら出来るってな話でしたよね?

んで、天使繋がりで次回の雪組の大劇場公演のポスターが
公式にUPされていたのですが、これがまたいつになくお耽美なポスター
(コムちゃん素敵~水くん、その位置は真の相手役はアナタ?)
このポスター一枚で、公演を「見たい!この目で確かめたい!!」(byアンドレ)
ってな感じで盛り上がってきております。
(今月組で盛り上がってると書いたばかりなのに……てへへ)

そして、コンスタンティンから洋画つながりで(なんか今日は連想ゲームか?)
22日公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のPRで、
ジョニー・デップとオーランド・ブルームが来日するそうじゃないですか。
み…見たい! でもそりゃさすがに無理ってもんでしょう。
わざわざラッシュの電車に乗りに行くようなものだものね~。

そんな事をつらつらと思いながら、過ごしております。
明日は神奈川県民ホールへ水オスカル版の「ベルサイユのばら」
観に行って参ります。
フィナーレのボレロはどうやらアダルト指定らしいです(ふふふ)
オペラグラス忘れないようにしなくては!!

そんなわけで、ただいまクラ×ジュリ原稿の追い込み真っ只中なのに
脳内萌えが激しくて腐女子は忙しいってな日記でありました。
クラ×ジュリはね、書けば書くほど書きたくなるの(笑)
不思議なもんですねえ。

ダ・ヴィンチ・コード

本当なら今日は入稿しに出かける予定にしていたし、
当たっていればアンジェリークのアニメ上映会観に行きたいかもなんて
行ってたから、ついつい「ま、いいか」と映画館行っちゃいました。
(こんな事なら立川行けたですよ>私信)
で、「ダ・ヴィンチ・コード」です。上映始まってもう1ヶ月以上
経つんですよね。ってわけで今更感もちと漂ってしまいますが(笑)
やはり、原作読んで行ってよかったと思います(ありがとう、仁美ちゃん)
2時間45分という時間の中では、クリプテックスの暗号も
一つしかないし、なんだか色々時間に追われてはしょった部分も
あったりで、ラストも「あれ~?」とか思いましたが
冒頭の夜のルーブルとか、闇夜に浮かぶピラミッドとか
ロスリン修道院とか(風景ばかりかい)
欧米の人の中にはキリスト教の基礎知識ってのは常識として
叩き込まれているのだろうなとか思いながら、水の上を歩く~とか
ワイン~とかの件は「もしかしたらあそこは笑うところなだったのか?」と
映画館出た後に思いました(笑)
公開直前にフジテレビでやっていた特集も割りと最近見たので
(米倉涼子さんとか堺雅人さんとかが出ていたやつ)
個人的にはロスリン修道院の地下にとっても興味があります。
エンターテイメントな謎解きものとして、楽しかったです。
サーの切れっぷりと、やはり不気味な存在感な天使シラスの
ベタニーさんが印象に残ります。
本で読んだだけでも痛そうだった鞭打ちとかベルトとかが映像にされると
や~め~て~~~ってな位に痛そうでした。
あとはね。
歩道をバックで暴走するのはやめましょう。危ないですから(笑)

ああ、ルーブル行きたいな~~~。

そして、今朝はコムちゃんの「アルバトロス、南へ」の
追加公演チケット発売日に参戦。
アクセス集中画面に5回ほど入った後、10:00:30くらいに
オンセール画面に切り替わりました。
「今日は早いぞ!」と浮かれたのも束の間。全て×印がついてました。
秒殺でしたか……枚数制限つけてほしかったな……。

今日も頑張ってました

お暑うございますですね。
〆切を先送りにして、ちょっと気持ちは楽になってついでに
原稿書きもちょっと楽しちゃいました。
とりあえず色々やっております。
昨夜の原稿のBGMは1999年の宝塚パリ祭。
ディナーショー関係は音楽だけ聴いてればな感じなので
ちょうどいいやと流したままにしていたのですが
これも実は間違っておりました。
なぜかといえば、1999年のにはあさこちゃんが出ていたから(笑)
「魅惑のパリジャン」としつこいくらいに連呼してた
7年前のあさこちゃん、可愛かった~
でもお歌は………いえなんでも。
7年経って本当にうまくなったなあ。歌。
芯はチャーリーでたまおさんとかあきちゃんとかまーちゃんとかが
出ていて、ついつい1時間チラ見しながらの結果はほとんど進まず。

で、パリ祭といえば7月14日。オスカル様のご命日ですねえ。
14日は雪組の全ツはどこを回って…と思ったら移動日でしたか。
アンドレの命日13日は富士での公演なのですね。
ベルばらでもひとつ思い出した事が。
ジャルジェ夫人がお姉さま達に「みんなで集まるのはノエル以来」
という台詞が先日までの公演ではありましたが、
ノエルってオスカルの誕生日でしたよね。
末娘のお誕生日にはお姉さま達が集まるのね~と微笑ましく
思ったりしたのをずっと書こうと思ってたのに忘れてました。
本日初回の全ツの「NOW ON STAGE」。ジェンヌさんの口から
「ペガ子とペガ男」という単語が出てくるとは
きっと皆さん、お手紙にペガ子とか書いてたんだろうな~とか
想像してしまいました。
ポニーと呼んでたのはひょっとしてコムちゃんだけなんでしょうか?
今週末、神奈川県民ホールで観るのが楽しみです~。
「銀の狼」の時みたいに寝坊しないようにしなくては(笑)
みなとみらいを駆け回った事をふと思い出します。
海の日のある週は怒涛の観劇予定が入っているので、それまでには
夏の舞踏会のお支度3本のうち2本は終わってるはずなんだけど。

そうそう。2日開幕の帝国劇場での「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」
今月末が初見なのですがとても楽しみです。
詳しい観劇記は樋口さん宅のブログでお楽しみ下さい。
(こういうときの為のトラックバックなのはわかってるんですが
イマイチこのトラバ貼るのが苦手なのです/笑)
吉野圭吾くん演じるヘルベルトがすごいという噂です。
軽くシカネーダーを超えたそうですよ。うぉぉぉ早く観たい~。

延長~♪

近頃めっきり体力の衰えを感じます。ってか無理が効かない感じ?
ってわけで、こりゃ間に合わないな~と思った所で〆切延長を
決めましたさ。SCCやオンリーのときに比べたらまだまだ余裕だし(笑)
一番早いのは諦めてその次に早いまだ割引してもらえる時に入稿にしました。
無理はいかん無理は(言い聞かせるように繰り返す/笑)
月組公演始まる前に入稿するはずだったのにな。
2回目観劇の前には必ずということにしてみよう。

今日(というか昨日)の敗因はちょっと心当たりがあります。
1時間だって2時間だって惜しいのに、2時間以上テレビの前に
座り込み「HERO」のスペシャル見ちゃった事ですね。
(こちらの感想は限りなく腐のかほりが漂うので追記にて)

え~と。この前ブログ書いたのは2日(というか1日の夜中ね)か。
2日は宙組の千秋楽でございましたね(とまたヅカ話から入る)
たかちゃん、ハナちゃんの最後の日ということで、日比谷周辺も
時折雨が降る中たくさんの人が待っていたんでしょうねえ。
(夕方、あの辺りを訪れた友人から「屋根もないのに酸欠状態」
というメールが来ましたよ。)
でも、パレードの頃には雨もあがったみたいで。
CSの映像とか見ると、車道も関係なく(ま、日曜はホコテンだし)
目一杯白い服の方で埋まってましたね。
たかちゃんもハナちゃんも初舞台公演から見てきましたが
大きいばかりだった彼女(すんまそん)もちょっとあの演技は
なんなのよだった彼女(更にすんまそん)も立派なスターさんになって。
とやはり最後の日はじわんと思いますね。
こっそりと宝塚でアンジェリークやったらクラヴィスはたかちゃん
ジュリアスはハナちゃんとか言い続けてきただけに、ちょっと
「ああ、宙組でクラジュリ妄想は遠くなるのかしら?」と思ったりも。
お二人と退団される四人のご活躍をお祈りいたします。

そして秋の月組全ツと日生組の班分けが決まりましたね。
組替えのあひちゃんが全ツ組ということで、最初は何の疑いもなく
「天比古かなぁ」なんて思ってましたが、最近の黒っぽい役がすごく
魅力的な彼女を考えると「鎌足か?」という気もしてきました。
リュウ様がいないという事で、えりさんが鏡王に回るという事も
考えられるし。そうなると龍真咲くんが天比古で(ちと若いけど)
タータンがやった時みたいに恋の歌とか一曲ソロを復活させて。
「ええい、世話がやける。まったく!」とあの低い声で言ってもらいたい
ものでございますな。ってわけで鎌足に一票。

でまだまだ続きます。

続きを読む

またもPK戦

イングランド、負けてしまった……。
なんだかカード飛び交う一触即発な試合でございましたね。
(見ながら原稿書いてたらしい←だから効率悪いんだってば)

しかも、テレビをニ画面にして半分で「望郷は海を越えて」を
見てしまいました。
今日明日はたかちゃんデーなんですよね。
「カステルミラージュ」とかも見ちゃって、レオ総受けで
妄想しまくったあの頃を思い出しましたよ。
見直してみたらやっぱりジョー×レオ萌えでした。
いいなあ。幼馴染って(そこなのかい)

ってわけでとりあえず脱稿~。
目標通りの早期入稿に光がさしてきたです~。
ジュリアス様のご加護でしょうか?(笑)

ベルばら全ツのお話とか、明日(もう今日か)の宙組のお見送りは
どうなっちゃうんだろうかとかはとりあえずまた今度ということで。
これで心置きなく明日は飲みに行けるぞ~!!
(だから今晩頑張ったらしいです)
さ、寝よう。ブラジルVSフランスも見たいんだけどね~。

明日FAXするよ~~~>私信
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。