スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ustreamにて

エリザベート製作発表を1時間みっちり見ました。
おさちゃん(春野寿美礼さん)の「私だけに」が素晴らしかった~。
そしてマテさん、日本語うまかった~。

回線の不具合もなく、最初から最後まできちんと見られた事にまず感謝です。
カメラが固定で、ほとんど動かなかったので、小池先生の話の時に言われてる当人達の反応が見たかったな~というのが残念なところではありましたが、きっとスカイステージのOGインフォとかがフォローしてくれると信じましょう。

まず、出演者の方々が扮装じゃなかったのもちょっと残念なところ。
おさちゃんは白いロングドレスであさこちゃんは青?のミニドレスで対照的。
あさこちゃんは髪をアップにしていてそれもかわゆすでした。
席に着くなり、石丸さんがマテさんのグラスにお水を注いであげてたりして、相変わらず気遣いの人だなと。
小池先生が演出家としてのお話を色々話している時に印象的だったのが
「行く末が見えない中でのエリザベートの人生が今の時代にマッチしているのではないか、時代を生き延びていく作品だ」ということだったかな。

エリザベートの魅力を出演者が語る所では、
おさちゃん「エリザベートは耽美である」
あさこちゃん「音楽性の素晴らしさ、登場人物の誰もが主役になりえる魅力。トートという存在がドラマティックな人生を彩る」
山口さん「何年か後に客席で見ながら質問の答えを思い出したい」
石丸さん「女性が元気をもらえる。ノーと言える女性の強さを絡め取りたい」
マテさん「エリザベートは国境を越えて(←ここまで日本語)愛されている。
日本人にここまで受け入れられるのは信じられないくらい」

一番ナイスな質問だと思った
「同じ作品で違う役を演じる難しさ」について

おさちゃん
今回初めてなのでまだわからないが、瀬奈さんから違う視点から見る事のおもしろさを言ってもらったのが味わえるのを楽しみにしている。一生懸命やっていくばかり。おもしろさに気づきたい。何役もやった瀬奈さんを見続けたい。

あさこちゃん
ルキーニの時は額縁の絵を観光客を連れて見せている感覚。
エリザベートとトートは絵の中に入って紹介されている感覚。
色んな視点で演じられるのが楽しかった。
最初はナイフを受け取った。そのナイフで二人で殺されたい(おさちゃんと顔を見合わせて笑)

2人の相変わらず仲良しな雰囲気が見ていて微笑ましゅうございましたよ。

歌披露はマテさんが「愛と死の輪舞」を日本語で。
おさちゃんが「私だけに」を。
舞台で生歌を聞けるのを楽しみにしておりますよ。

囲み会見はここで見られます。半分くらい高嶋弟の離婚問題だったりしますけど(-_-;)↓

高嶋政宏、弟・政伸の離婚問題は「底なし」

日テレNEWS24

スポンサーサイト

倍率37倍……

昨年からここ1年ばかり、東宝さんちの製作発表はいい感じに当たりをいただいていた私なのですが、「エリザベート」製作発表は37倍の壁を乗り越えられませんでした……。
見たかったよ、ダブルシシィの揃い踏み。
でも当日はユーストで配信があるそうなので、PC前で待機です。
250募集に9300ちょっとの応募って、やっぱりすごいな~としみじみ思いました。

次の月組公演と雪組公演は時代と国は違っても、王室モノ。
月組のエドワード8世の時代は実はあまり詳しくないですが、雪組のドン・カルロスのパパ、フェリペ2世の時代は人物相関図見たら結構わかるぞっとか思いました。
「七つの黄金郷」とか「エル・アルコン」とか「サラディナーサ」のおかげですが(笑)
まっつがパパなのね~。
みみちゃん演じるレオノールがオペラのエボリ公女にあたるのかしら?
そして、あゆちゃんの役名がエボリ公女。こちらはパパの寵姫さんの方かしら?
とかいろいろ思いながら配役を見ていて目が止まったのがファン・デ・アウストリア!!
そう、キタさんの役です。
「サラディナーサ」で主人公の婚約者だった不憫な彼が実はとっても好きなキャラでした。
その昔(そう、かなり昔)宝塚グラフで「サラディナーサ」の扮装ポートが載って、ドンファンをシメさんがやってたのよね~(遠い記憶はすぐに思い出せる……最近の事はすぐに忘れる……えへへ)とかいうのをふと思い出してしまいました。
その前に英国王室のお勉強です。
こんな風に私の歴史知識は偏っていくのです。
もちろん、一番得意なのはフランス革命時のフランスです。なんてったって年季が違いますからね(おそるべし、ベルばらパワー)

雪でーす

なんだか外が静かだな~と思って見てみた数時間前。
窓の外は真っ白になってました。天気予報はやはり侮れない……。
膝から下をちっこい毛布でぐるぐる巻きにして、すぐには動けない状態でPC前に座ってます。

さっき「ラッキーセブン」見ていたら鮎ちゃん(鮎ゆうきさん)が対象者の奥さん役で出ていて、彼女が出ているところだけしっかり見ていたんですが、いまいち話に集中できませんでしたよ(笑)
1話目もなんか殴ってばっかりでこれはパスかな~とか思っていたのですが(てへへ)来週の予告にはまひるちゃん(紺野まひるさん)が。
ヅカOGにつられて見てしまうってどうなんだ~。(正しいファンのあり方でしょうかね……笑)
久しぶりに見たけど鮎ちゃん、相変わらずおきれいでございました。
あと、ワンちゃんずが(本物の方ね←そんな注釈はいらんてか)可愛かったです。

追記に拍手御礼

続きを読む

10日以上ぶりでございますm(__)m

どもです。
元気にしております。こんなに毎日寒いのに風邪ひとつひきません。
今年は絶対風邪ひかないぞー(ことだまことだま)

さて。
相変わらずな毎日を送っておりますが、萌え……というか、さっきお風呂に入りながら真剣に私は何を考えているんだろうとか笑ってしまったネタを書きます。
今日も今日とて6時からBSプレミアムにて「平清盛」をリアルタイム視聴。
登場人物が少しずつ出揃ってきて、白河法皇さまの退場の寂しさを感じさせない今日の放送でありました。
璋子さまがもうなんというかあそこまで天然に「だってみんなが私の事好きって言うんだもの~仕方ないじゃない~」的に無双だと、余計に鳥羽上皇さまのお気の毒さが際立って萌えるったらもう。

でもって、何を考えていたかというと、遙かの話です。
(多分長いので追記にて)
2月に5の派生ディスクが出るではありませんか。
遙か友達との雑談で、今出すなら絶対に3の派生だよね~。○ー○ーさんも商売っ気ないよね……的な話をしていたのをふと思い出して、どうせ出ないならこんなのがやりたかったという希望を考えていたわけで。

以下、追記にて。

続きを読む

風が身に凍みますな……

毎日お寒うございます。
お正月が開けて早や11日。そろそろお正月気分も抜けなくちゃと思いつつも、なんとなくまだのんびりモードで日々送っております。

ここのところ、我が家にしては(てへへ)たくさん拍手いただいてありがたく思っております。
コメントのない方も、何かを感じてパチを押して下さったんだな~と思うと、やはりありがたやと思います。

お正月番組とかでまたちょっとHDDの残り容量が減ってきているので、録画したのをちょっと早めに消化しないといかんかな~と思っている次第です。
1月期ドラマの話はもちっと出揃ってからにしますかね。
……と書いてて今週「夏目友人帳」を見るのを忘れたのを今頃思い出した……くぅぅ。ちと悔しい。
でもあれね。最近はCSとかで追いついたり出来るし、いい時代になったなと。
昔は録画機器もなくて、毎週楽しみにしていたのにその日に出かける予定があったりすると、最終回だけ見られなかったりとかして泣く泣く諦めたもんだったというのに……。
(いまだにそれで思い出すのがNHKの人形劇「真田十勇士」だったのだ。数年前にアーカイブスかなんかで最終回見られた時は嬉しかったな~。話の流れとかすっかり忘れてたけど……)

というわけで追記に拍手御礼を。

続きを読む

今年の大河は面白い事になりそうだ!

6時からBSプレミアムで「平清盛」をがっつり見ました。
あれかしらね、「坂の上の雲」が終わって予算が大河に戻ってきたのかしら?(こら)
全体的にものすごく埃っぽい画面なんだけど(平安時代で、平清盛でといったらもっとこう雅な雰囲気を想像してしまうじゃないですか)彼の生まれた頃の武士は、こんな扱いだった……という冒頭から1時間半しっかり見ちゃいました。
いや~、去年のアレはなんだったんだろう(いや……言うまい)
お貴族さまがみんな麿眉毛なので絵面が怖いわ~(笑)
白河法皇のエロじじいっぷりの潔さとか、三上鳥羽帝の病みっぷりがステキすぎるとか。
頼朝&ナレーションの岡田くんはもっと頑張れとか(1年で成長してびっくりさせてくれ)
舞子さんの吹石さんがすごくステキだったのに1話で退場なのが残念すぎるとか。
清盛&盗賊の子役はまえだまえだだったんね~。
冒頭から血しぶきガンガン飛ばすし、白河×璋子もがっつり描写するんだとか思ったり、そうするとなると藤原頼長のアレとかアレとかもやっちゃうのか? とか期待してみたり。(いや、そうなると夕食時に親と見るのはやめた方がいいんじゃないかとか思ったり)
でもって、何が一番素晴らしかったかといえば父上役の中井貴一氏だったわけで。
大河の重厚感が戻って来たわ~という感じがたまらんかったです。
来週から松ケンもいよいよ本格登場!
予告編見たら源義朝@玉木くんとか西行@藤木くんとかも登場のようで、イケメン揃いで楽しすな~と思ったりもして。
今年の大河は楽しそうだぞっ。

星組オーシャンズ11

観に行ってから、もう4日経っちゃったです。
すぐに観劇日記あげようと思ってたのにな~。
さて「オーシャンズ11」です。
映画は実はきちんと見てません。なんとなーくテレビでやったのを見たような見てないような……な記憶なので、比較はできませんな。
記憶が鮮明なうちに映画見て~と一緒に行った仁美ちゃんに言われたので、今度レンタルしてみようと思います。
お話の筋はいたって簡単明瞭。
ムショに入ってる間に妻の心と関心を奪った男(あくどいやり方で金を稼ぐ奴なので敵多し)の金庫から金を奪い、妻を取り戻そうと仲間を集めてがんばる男の話。
……こんなでいいんか?
なにしろ金庫破りのお仲間が11人。一人一人に少しずつ見せ場があって、11人集めるだけで1幕終了~。
離婚届を持ち歩く(でも肝心の時に持ってない)妻テスは、エコ活動に熱心な歌手。
エコとか環境団体とかエバーグリーンとかコンピューターとかが台詞に頻繁に出てくると、ああ、小池先生だな~としみじみ思います。
薔薇の封印の洗脳団体はエバーライフだったけど、ちょっと調べたらPUCKで出てきたのもエバーグリーンだったわけで……(苦笑)
ま、それはおいといて。
まずは紅ゆずる氏の驚くほどの歌唱力アップにひたすらびっくりする。
いや~~~~うまくなったわ~~~~。どんな特訓を重ねたんだ?すごいよ。
そして組替えの二人、ともみんとみやるりにも見せ場があってよかったよかった。
そして何よりこの舞台はマヤさんこと未沙のえる氏のファイナルステージなわけで。
パレードでのマヤさんへの拍手の大きさに、劇場に集う宝塚ファンがどれほどマヤさんを惜しんでいるかがわかってじんわりしてしまった。
ああ、ほんとに惜しい人を……。
エトワールがすずみんなのにもちょっと驚いたよ。
あとはね~。れおんくんのチョイ悪風味がちょっと懐かしい感じだったり、ちょっと若くなったな~とか思ったり。
ねねちゃんの足がどれだけ長いんだと見惚れたり。
れみちゃんの大女優っぷりが潔くてやっぱり見惚れたり。
フィナーレ演出、小池先生のテッパンぷりが安定しすぎててもう笑うしかなかったり。
お正月公演にはスカっといいかもねと思いました。以上。

もう3日ですね

あっという間に三が日が終わってしまいました。
元日は、記事を上げたようにミッチーのカウントダウンライブに行ってきました。
楽しかった~♪幸い筋肉痛は出ませんでしたよ。
終演後、終電には間に合わないのがわかっていたので、そのまま明治神宮まで初詣に。
途中、代々木体育館横を通ったのですが、あゆファンの愛と力のこもったものすごい車列に圧倒されました。
キラキラしていて眺めながら通るだけでも眼福でした。
世の中まだまだ知らない事があるんだなと。
明治神宮は多分そんなにものすごい混雑だったんじゃないと思いますが、やはり人人人でした。
結構若い人が多いのね~。夜中だったからなのかな。
今年一年無事で過ごせますようにとお祈りして、5時過ぎに帰宅。
そんな一日の始まりだったので、元日はもう使い物になりませんでした(笑)
結局三が日は朝いつもより早起きで家族そろってお雑煮をいただいて。
元日はその後お昼寝~。2日と3日はお昼まで箱根駅伝を見て。
午後はお年賀に訪ねてくる妹一家と遊んだり、母と買い物に出たりでもうあっという間に3日終わっちゃいました。

明日は今年の観劇初め。宝塚星組の「オーシャンズ11」から今年の観劇は始まります。
楽しみ~。

初詣終了~

ここから40分かかりますと言われた所からちょうど40分かかって拝殿に着きました。
新年の始め、気持ちを厳かにお祈りしてきましたよ。
終夜運転の電車の待ち時間もたった五分というありがたさ
明日の(もしかしてあさって?)の筋肉痛が目下の心配事です

明けました

新年ですね。
今年もよろしくお願い致します。

私はただいま明治神宮におります。元日に初詣なんて記憶にないほどいつぶりでしょう(笑)

カウントダウンは及川さんのライブで入場待ちも入れて、ほぼ4時間立ったまま(^-^;
今年は年明けからアクティブですよ。
さていつお参り出来るやらです。
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。