スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」

演目発表になってからずっと楽しみにしていた宝塚版銀英伝を見てきました。

プロローグからテンション上がるわ~。
まさに「宙組イケメン祭り開催じゃ~~~」とばかりに。
(幕開き、オーベルシュタインが銀橋で語り始めた時には「太王四神記かっ?」とちょっと心の中でツッコミを)
でも、物語の背景やらそれぞれの関係などを簡略に説明することによってお話に入りやすくという意図はよくわかります。
私は原作は未読で、アニメは全話見ていてという偏った前知識はあるのですが、登場人物の関係性と人となりを一応把握していたので、テンポよく進んでいく物語を素直に楽しく拝見しました。

かなめラインハルトはやっぱり美しかったvvvvv
キルヒアイス役のまぁくんは花組時代あまり歌声を聞いた記憶がなくて、今回「うまいな~」と思いましたよ。
双璧の2人もロイエンタールのちーちゃんはクールに。ミッターマイヤーのカイちゃんは実直に。
帝国軍ではビッテンフェルトの澄輝くんがとてもキャラにはまっていたように思ったです。
ヒルダのみりおんも歌うまさんで。
ヤン・ウェンリーのキタロウくんがいつものアクの強さがすっかり抜けて(失礼)すごく自然体なヤンで、ほほぉ~と思いました。ユリアンの伶美うららちゃんも凛々しくて、もう少し背があれば男役出来たのにと思ったり(笑)
ラインハルトが主役なので、もっと帝国寄りなお話になるのかなと思ったら、自由惑星同盟の方もかなりしっかり描かれていて、トリューニヒトのモンチの歌声と立派なたたずまいに目を見張りました。ほんに大きくなって……。
ルビンスキーとドミニクはちょっと狂言回しっぽく、それでいて抜け目ない胡散臭い感じが良く出ていたですよ。
やっぱり大作になると、小池先生の演出は冴えるな~と思いました。
(フィナーレのパターン化は相変わらずでしたけど)
新生宙組の船出を見届けましたという気持ちです。
あ、今読み返して大事な事を……。
観劇して、私の萌え心の80%位をぐわしっと掴んでいったのは、まぎれもなくともちん演じるオーベルシュタインでした。なんかね、もうね……諸々たまらんかったです。

この後はクラジュリ的萌えを語りますので、純粋に銀英伝の感想をという方はこちらまでで。
(腐女子警報発令な追記に続きます)

続きを読む

スポンサーサイト

全国ツアー!

さいたま行ってきたよっ! 南浦和遠かったぞっ!
「愛するには短すぎる」と「HEAT ON BEAT」の二本立てで、その二本ともがトップさんのサヨナラ公演の演目という……トップ披露公演終えたばかりのまさおくんに、なんでこの二本を当てたじゃろと思いつつの観劇でもございましたよ。
「愛するには~」の方は、真ん中陣が演目にはちょっと若過ぎたかな~という印象を正直持ちましたよ。
でも、フレッドのまさおくんは人の事をまず考える優しい好青年を実直に演じてました。
マヤさんがやっていたオサリバン役が執事ではなくて、元家庭教師のすーちゃんに性別チェンジしたことで、フレッドのお坊ちゃま度がぐぐーんと増していたような気がします。
ミセス・オサリバンにはきっと頭が上がらなかったんだろうな~。
ミセス・オサリバンの方も「純真なフレッド坊ちゃま」がきっと可愛くて仕方なかったんだろうと思えて、悪い虫がついちゃならんとヒロインのバーバラや、行きがかり上彼にくっついてたキャサリン嬢を追い払う仕種が一々面白かったです。
アンソニーのみやるりは、軽やかで(いささか軽薄な?/笑)それでいて、フレッドの事を大事に思ってる風でやっぱり萌えるな~と。
バーバラのちゃぴは「若いのに大変だのう……」と思わせる雰囲気でしたよ。
空回りで熱血な船長マギーはやっぱり避難訓練が楽しかったし、組長は妻と愛人の間をすいすいと(笑)相変わらず色っぽくてステキっす。
愛人役のちゅーちゃんはやっぱり美人さんだな~。

で。
「HEAT ON BEAT」ですよ。
なんといってもあさこちゃんのサヨナラ公演ショーですよ。
もう、あさこちゃんの幻があっちにもこっちにも見えて楽しめなかったらどうしようとドキドキでしたよ。
結果。
半分くらい別物だったので、普通に楽しく観劇しましたよ。
しかーし! プロローグは赤と黒の衣装で主題歌を歌い踊るまさおくんを「立派になったのう」と見てましたが、黒燕尾では音楽が一緒なので、あのファンファーレ聞くと胸がぎゅぎゅっと捕まれるかのごとく……。
でも、前半部分にちゃぴちゃんがいて、まさおくんと2人で組んで踊るのを見ていたら、新しい月組はこの二人が引っ張っていくんだよと思えて、意外に簡単に心のなかがリセット出来たように思えます。
やっぱり3年経ってるというのも大きいかな~。
「BODY HEAT」の場面はそのまま残ってて、メットルが組長だとかなんていう配役なんだ~と思っていたら、やっぱり妖しさ倍増計画(笑)
ちゃぴちゃんの衣装がここは一人だけ薄紫のドレスになってたので、お人形さん的な娘役さん達の中でも特別かわいらしい雰囲気があったように思いましたよ。
例のリフトも頑張ってました。キレイにクルクルしてたですよ(うんうん)
後半は全然違う場面になっていたので(何かで見た覚えがあるんですが、あれは何のショーの場面だったのかなぁ……プログラム買ってない←コラ……なので、後で調べてみます~)ちゃぴちゃんのエアギターのところがたまらなく可愛かった。
「頭振り過ぎちゃった」はデフォルトの台詞なのかアドリブなのか?
ご当地出身者は光月るうちゃん一人。暑さで有名な熊谷出身だそうです。
これから約一か月。どんどん進化していくんだろうな~。もう一回位見たいな~と思いつつ、武蔵野線に揺られて帰ってまいりました。

とりあえず覚え書き終了~。

宙組イケメン軍団が

嵐の番組にキター!
勇んで22時にテレビをつけたら野球が伸びていたのね。ついつい悪夢ちゃんのラストだけ見てみました。わけわからんかったです(笑)

男役の仕種や、歩き方、座り方など、宝塚の現役さんがテレビに出ると、まあよくあるタカラヅカ講座的な側面もありつつ、最後は嵐くんたちと一緒にレビューシーン再現とか、リフト実演とか楽しかったですよ。
ちーちゃんはスカフェだったり、今もナビゲーターズしているのでお喋りうまいな~と。
一番笑ったのはカイちゃんの「わし」だったような気もしますが(てへへ)
まぁくんをリフトするちーちゃんの力強さにも萌えですた。
テルくんはやっぱり美しいな~としみじみ。
やっぱり宙組の男役さんたちは背が高くてかっこいいわと改めてしみじみ思いましたよ。
にしても、30分くらいで振りを覚えちゃう嵐くんたちもさすがですな。

昨日の記事にたくさん拍手をいただき、ありがとうございました。

クリエに行ってきたですよ

といっても、「DRAMATICA/ROMANTICA Ⅴ」ではありません(^^ゞ
夜に開催された『Chanson de 越路吹雪 ラストダンス』ファン感謝祭のオーディエンスに当選したからなのです。(東宝さん、当ててくれてありがとうございますm(__)m)
くじ運がよくてオペラグラスの必要のないお席を引き当てましたよ(^^)v
出演は瀬奈じゅんさん、斉藤由貴さん、柳家花緑さん、大澄賢也さんの4名さま。
司会は花緑さんでした。さすがに喋りはお手のものでいらっしゃいます。とても軽妙な進行で楽しませていただきました。
でも、お稽古は正直ほとんど始まってないらしく(個人の歌稽古が今の所中心らしいです)まだ手探り状態で、出演者の皆様方も「どうぞよろしく」状態だそうです。
男優さん方はみなさん6役とか7役とかされるようで、そのあたりの演出も一体どうなるのか……と出演者さんがみんな結局「よくわからない」というお答えになってしまうのは、トークショー開催が早過ぎたからなのでしょうね(笑)
というわけで、全体的に台本を読んでの自分の役のイメージを語るとか、イメージとして持っている越路吹雪さんの印象とかを語るといったトークに終始していたと思います。
でも、こういうこれから始まるよ! 的なカンパニーの初期状態というのを見られる事もほとんどないので、新鮮といえば新鮮だったかもでした。
あさこちゃんは、越路さんの宝塚音楽学校時代から演じるそうですよ。
イメージにあったよりもずっと天真爛漫な方だったようです。
斉藤さん演じる岩谷時子さんは、越路さんの影のマネージャー的な存在という捉え方をしていたけれど、二人三脚で人生のある意味パートナーなのかなと思ったとか。
大澄さんは、小林一三さんとか越路さんの夫の内藤さんとか、日劇の演出家とか、男Bとか(あと二つ忘れてしまいました)をなさるそうです。
花緑さんは、宝塚歌劇団の理事長とか、古川ロッパさんとか、菊田一夫さんとか男Aとか(男Cは別所さんだそうな←というお話をされてたので、この役だけは忘れないのです)あとの3役はやはり失念してしまいました。

歌は「ラストダンスは私に」と「愛の賛歌」を。
あさこちゃんが「ラストダンス~」の時に客席に降りて歌ってくれたので、ものすごいものすごい間近に微笑みながら歌うあさこちゃんを見て「ひぃぃぃぃ~~~~近いぃぃぃぃぃぃ~~~~」と心の中で思いながら、顔はでへら~~~っとしていたと思います。
声域が合ってるのかな? すごくステキに歌っていたですよ。
特に「愛の賛歌」の出だしの「あなた~の燃える手で~」の低音にシビれました。
(萌える手と最初に変換してしまう自分のPCにバカバカ~~と思う私)
1幕の歌は、越路さんがステージ上で歌っている歌で、2幕の歌は越路さん自身の心情を歌う歌という違いがあるそうです。
リハーサルでは歌ってたあさこちゃんが歌詞を間違えちゃったりしてたらしく、ご本人も作詞の名人だったというエピソードがあるそうなので、好きに歌ったらいいのよ~と斉藤さんにハードルあげられてましたが、無事に歌詞間違いもなく歌えましたと。
あとなんの話があったかなぁ~。
そうそう。越路さんは舞台に出る時に岩谷さんに背中に「虎(寅?)」と書いてもらって出ていらしたとのこと。
あなたは虎。お客さんは猫よと。
あさこちゃんも背中を叩いてもらうということで、斉藤さんに虎って書いてもらったら? とか言われてました。
こうやって、この二人も越路さんと岩谷さんのように絆を深めていくのねと(笑)

フォトセッションも見られて面白かったですよ。あっという間の45分でした。
音楽劇という事なので、ちょっとミュージカルとは違うみたいですが、あさこちゃんは20曲位歌うとか。
ストレートプレイの間に曲が挟まる形なのかな?
どんな舞台になるのか楽しみです。
演出は山田和也さんなんですよね。
「三銃士」や「ニューヨークに行きたい」でも演出されてる方なので、手堅く作って下さるんだろうな~と期待してます。

涼しくなってきたですね

朝晩涼しくなってきたですね~。
相変わらずのんびり更新でやっております。
風邪はだいぶよくなりましたが、まだちょっとすっきりしません……やぁね~。

今日は花組さんの千穐楽でしたね。
コンガが去って秋が来るといった風情でしょうか(笑)
もう来週は月組の全国ツアーが始まるんだなと思うと、イベントまで1ヶ月あるしね~なんて言ってられないですな。
(その前にイベント申込みしなくちゃですが←あはは、まだなんです)

なにかブログに書こう! なネタがあったはずと携帯の写真データを漁ってみましたが、
ベルばら展も書いたしヅカヲタティッシュも書いたし……と諸々思い出せず。

というわけで、困ったときのドラマ語り。
男女逆転版「大奥」第一話見ました。
堺さんの有功さまが思った通りに品がよくて頑固者でステキでした。
麻生さんの春日局さまがとても役に合っていたと思いましたよ。

今日の清盛は建春門院さまスペシャルでしたな。
彼女の死で平家と朝廷の関係がまた変わってくる……というか、平家滅亡への幕が切って落とされたといっても過言ではないほど、彼女の存在というのは大きかったんだなと。
そういえば、政子さんが小奇麗になってて(笑)
清盛58歳、後白河院50歳には……見えませんなぁ。
そろそろ鹿ケ谷の陰謀かな?
もう10月も半ばですものねぇ。

あ、そうだ。一つ思い出した事。
青山劇場、円形劇場を含んだこどもの城が2015年に閉館になるとのこと。
老朽化っていうけれど、1985年開場だからそんなに古くない印象なんですけどね。
というか、こけら落としの「ドリーミング」でセリの動きのなめらかさと早さにびっくりしてすごい劇場だわ~と思っていたのに。
最近はあまり足を運んでいないですが、残念な気持ちでいっぱいです。
日本青年館は国立競技場建て替えのための取り壊しだとか。
ル・テアトル銀座の時もそうでしたが、劇場が閉館というニュースは寂しいです。

涼しくなってきたので、やっとこさ衣替えに着手し始めました。
とりあえず仕舞う前にいらない夏物をちゃんと処分しようと思ってます。
お片付けするぞぉ~!

いまひとつ調子があがりませんのこと

衣替えせんとな~と思いつつも10月入ってもなんか暑いし。
若干風邪気味のせいか、気持ちがちょっと上がらない連休を過ごしてしまいましたよ。

さて、何を書きましょうかね(笑)
そうそう。あさこちゃんのマネージャーさんがツイッターを始められたそうで。
あさこちゃんがシシィの吹き替えをした「エリザベート〜愛と哀しみの皇妃〜」はテレビ放送とかではなくてどうやら販売DVDのようですな。
禅さんがフランツで、岸さんがフランツの弟のメキシコ皇帝マックスの声をあてられるそうで。
特典映像とかもあるらしいので、やはり入手せねばですかのう。

昨日は夜にアイアンマンの映画を地上波放送していましたが、吹き替えが藤原氏じゃなかったのね~。
(でも池田さんだったのね~。ふふふ)なんというかダウニーjrの顔からは藤原氏の声が出てくるのがなんかもう自然な感じに受け止められてしまっている私なので(笑)ちょっとだけ見ましたけど、やっぱりレンタルとかで1の方から見てみようかなと。
アベンジャーズ見てから、アイアンマン見ようと思ってたのにもうあれから1ヶ月半経ちます。
ああ、毎日が早い事。
吹き替えで思い出した事その2。
地上波放送の最終回見損ねて「ま、いいか」とか思ってたエウレカAOをBS放送でキャッチ出来ました。

レントンが……レントンが………。

ちょっとびっくりしたエンディングロールでしたとさ。

さて、次は多分ヅカヲタならばわかってくれるけど、そうじゃない方にはなんじゃそらな話。
先日5個入りのボックスティッシュを買いました。
今朝起き抜けにそれを眺めていたら、あら組カラーの5色がキレイに揃っているじゃないのと思い
次の瞬間に「惜しい!」と思いました。

box

何が惜しかったかというと順番がね(笑)
わざわざ写真までアップしてこの記事ってどうよと思いますが。
しかもBOXティッシュだし。
そういえばベルばら柄のロールされた紙も発売されたそうですが、実用出来ないに違いないと思うと、見つけても購入する気にはなれませんな。

そうそう。11月の新刊の方向が定まってきましたよ。
ラビリンス下巻を出す予定です。(あくまで予定←ヲイ)
その前にイベント申し込みせねば(締切が伸びてたのを幸いに、申し込みをさらにのんびりしてる体たらく)

秋ドラマはとりあえずいつもの水9(お目当ての彼がいなくなっても見るよ!)がもうじき始まるので楽しみ。
あ、清盛の感想も書こうと思ってたんだった。

兎丸退場が切なかったです。これが後の屋島とか壇ノ浦で水軍関係の伏線になっていくのかなあ。
禿たちから褒めてオーラが出てたのもまた切なかった。
これからどんどん平家には闇が迫ってくるんだよね。
そんな中、五条大橋の例のエピソードが微笑ましかったです。
牛若さんてば……あの年になって「高い高い」されちゃうほど軽いのか~?

続きを読む

10月になったのに……

なんか毎日暑いすな~(-_-;)
衣替えを計画するものの、まだまだ夏物をしまえず。
多分15日以降に日延べです。

水曜日のレディスデーに「天地明察」見てきました。滝田監督らしいとてもキレイな作品に仕上がっていました。
原作にとても沿った作りだったので、また読み返したくなりましたよ。
北極出地の笹野建部さまと官房長(こら)伊藤さまが行進歩きしながら、きゃっきゃと北極観測をしてらっしゃる姿がもうたまらなくキュートでした。
岡田算哲もよかったです。
「鍵泥棒のメソッド」も見たいのですが、だんだん回数が減ってきているような……急がねば。

秋のドラマはとりあえず「大奥」が楽しみですよ。堺さんが有功やるんですよね~。
天地~の前に綱吉編の予告編見ましたが、こちらの右衛門佐も堺さんがキャスティングされてるので(ま、有功さんにそっくりという触れ込みだもんね)こちらも見たい~。
予告編見て、一番見るぞと思ったのは「レ・ミゼラブル」でした。

明日から世間様は三連休とか。
カレンダー見て「8日って何の休み?」と一瞬話題になりかけた我が家。
やはり祝日というものは由来の日に休むべきよねと思う私は、体育の日はやっぱり10月10日でなければとおもう超昭和脳で出来ています。

追記に拍手御礼を

続きを読む

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。