終わっちゃったんだな~と

心だけは大阪に飛ばしながら、梅芸の風共千秋楽報告を求めてネットの海をさまよっていました。
ああ、終わっちゃったんだな~。
初日あけてすぐに見に行っちゃうと、新幹線乗ったら見られるのに~とか思ってしまうのがつらいところで(^_^;)
昔、ムラだったか博多だったかちょっとうろ覚えなんだけれど、楽あたりに観に行って帰る時に「もう公演終わっちゃってると帰るのにもあきらめがつくよね」なんて話をしながら帰ったのを思い出します。
スカステは多分水曜日に放送かな。
思っていた以上にまさおくんのスカーレットが可愛いいワガママ女で(笑)
ナウオンとかスカレポで見る轟理事様の姿になんだか隔世の感を覚えました。
理事さまは下級生時代から見ていますけれど、こんなに面倒見のいい轟さん見るのは初めてじゃないか? という印象で。(昔からクールでならしてた人だったからな~)
この時期に共演出来たのは、まさおくんにとってもすごいプラスになったんじゃないのかなと思ったのが正直なところです。
次は3本立ての記念公演。久しぶりにバリバリな男役龍真咲を見られるのかなと期待大でございますよ。

NW月もスカステで諸々見る度に「あ~観たかったな~」と思います。
センターでバリバリ踊るとしくんとか、超美脚でたまきちと踊るちなっちゃんとか。
キラキラのみやるりももちろん。
みゆちゃんは次に見る時はもう雪組生なんだなとか。

ああ、やっぱり私月組が好きだわ~。

心がふわふわしている状態でございます。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

CDのはなし

ここのところ、昔のアンジェのCDドラマシリーズを聞いてますと何度か記事をあげたのですが、「禁域の鏡」を4枚聞いて、今日のドライブのお供は「KISS KISS KISS」
歌とミニドラマと語りが交互に入ってるバラエティCDですが、久々に聞いたらなんかすごく萌えたぞっ。
(どんなミニドラマだっけ> という方へ簡単に解説。チャーリーの店にあった開けると愛がかなう(もれなく告白のオマケ付)という小箱がいろんな人の手に渡るってアレです)
ジュリがなんか可愛くってさ~。
ちょっとお悩みモードに入ったジュリの事をちゃんとわかってるクラがいてさ~。
ミニドラマの合間の語りはもうお互いについて語っているとしか思えなくてさ~。
このCD買った頃も多分同じところで萌えていたんだろうけれど(笑)CDが結構怒涛の勢いで出ていて(しかも私がアンジェを始めた頃にはもう結構な数のCDが出ていて追いつくのに一生懸命だったりして)次から次へと聞くのに忙しかったんだな~。なんて幸せな時期だったんだろうと今振り返って思うわけです。うん。
で、改めて聞くと「いや~、楽しいじゃないか~」と思ったわけです。うん。

禁域~も、あのピーマンと戦っていた天レクのお話で結構シリアスな展開だったけれど、いかんせん出演者が多くてね~。
なんせ守護聖9人、教官協力者6人に偽守護聖が9人にアリオスにロキシーも結構活躍してたから総勢26人。
(まあ、一人二役が楽しめた側面もありますがね~)
クラ様が召喚してた「黒水晶の門」のドラゴンが大活躍してたんですけど、どうもゲームのビジュアル思い出すと、そんなに活躍出来るドラゴンかなぁ……と小さな疑問がよぎってちょっと「ぷぷっ」って笑ってしまったり。

そんなこんなで昔のCDで萌え心を再燃させている次第です。
もしかするとOVAも見てみると新たな萌えが発見出来るかな?
なんせ、あのでいだらぼっちが大暴れしてたアニメを思えば、このCDもミニドラマと語りがほどよくマッチしていてよく出来たお話じゃないのとか思ってしまうのが悲しいですよ。ふ……ふふふ。

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

科捜研の女!

木曜日の夕食タイムは大抵「科捜研の女」な我が家です。
解剖所見の写真見ながらご飯食べるってのもなんなんですけど(^_^;)
今日はなんかもう後味悪いな~と思ったら櫻井さんの脚本だったのでなんか納得しちゃったりして。

で。
予告編でちらっと映った映像見て私が一言叫びました。
「あさこちゃんだっ!」
瀬奈氏のマネージャーさんがツイッターで呟いていたバイオリニストのマネージャー役は来週の科捜研の女だったようです。
録画予約しなくっちゃと。
小料理屋の女将さん役はなんのドラマなのかな~。


先日、古いPCから少しばかり小話のファイルを拾ってきたので、ピクシブに2編アップしました。
ちょうど季節ネタがあったのでちょうどいいかなと。
たまには新しいものをアップしたいなと思いながら、相変わらずサルベージものでお茶を濁しております。
ま、新しいものを書くなら続きを今のうちに書いとけって話よね(笑)
遙かのお話もそのうちアップしようと思っています。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

やはり役替わりがあるそうで……

一日遅れな話題でなんですが。
夏ごろ東京公演がやってくる宙組の「ベルサイユのばら~オスカル編」
やっぱり役替わりがあるそうで。
アンドレとジェローデルとアランが役替わるそうですよ。
ちなみに
Aパターンがアンドレまぁくん、ジェローデルカイちゃん、アランキタさん。
Bパターンがアンドレキタさん、ジェローデルまぁくん、アランカイちゃん。
ラインハルトとキルヒアイスでラブラブしてた(……こら)二人のAパターンも真打ち登場っぽいキタテルなBパターンもまたどっちも見たい感じに配役組んできますな~。
エレガンスの極みなジェロっちとワイルドなアランの二役というのも大変そうだけれど、カイちゃんのヲタク心がまたここで如何なく発揮されるんじゃないかと期待ですな。
ジェローデルとアランの共通点をつらつらと考えていたのですが、オスカルが好きという事の他に「そうか……二人とも貴族だ」と思い当たったのでした。
つい忘れちゃうのよね、アランが貴族だってこと(笑)

もうどんどん先に先に色んな事を考えなくちゃですな。

山手線の旅にはまだ出られておりませんよ。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は冬のドラマを語ってみる

冬の新ドラマが出揃ってきたので、見た番組を中心に語ります。
とりあえず簡単にね(笑)
刑事ドラマ多しです。これは好みなので仕方ないですな。
長くなりそうなので最初から追記にて~。

続きを読む

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

山手線の旅に出たい

今月いっぱいこういうのが走ってるそうなんですよ。
とりあえずどこかの駅で30分位張っていれば、出会えるのかな~。
狙いめは平日昼間よね……やっぱり。
だって写真とか撮りたいじゃない(笑)
山手線って何時頃がすいてるのかな……。とりあえず1周乗っても1時間だし……チャンスはあるわな。

そういえば、阪急の梅田駅のコンコースもミニ大階段(この言い方で正解なんだろか?)のオブジェがあったり、100周年のポスターがでん! と貼ってあったり、さすが地元だわとキョロキョロしてましたよ。
柱の公演ポスターは既にラストタイクーン仕様になってましたよ。
今回は梅田で観劇だったので、全く阪急電車に乗る機会がなかったのが残念だったな~なんて帰ってきて1週間経ってから思い出す私なのでしたよ。

もひとつ思い出した話。
この前の金曜日に「シスターアクト」の製作発表があったそうで(……今回はオーディエンスはずれちゃった……)you tubeにモリクミさんと二人で歌ってる姿が上がっていたりしたのを楽しみました。
後ろで手拍子しながら大笑いしている村井さんがなんか可愛かったです。
石井さんのブログにも、今回はデロリスに恋心を抱く役だということで言及があって楽しく読みましたよ。
……その前に愛妻家があるんだっけ。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

ふと気が付けば……

カレンダーの右端の曜日になっている……。
今週も一週間が早かったこと。
週の頭に大阪行って、梅芸でまさおスカーレットに萌え萌えしたのも束の間。
水曜日には雪予報が出ていてドキドキしながらも、映画と宝塚の二本立てという強行スケジュールを敢行。
雪が降らなくてほんとに助かりましたよ。
ちょっとそれ履いて都心? という感じのボアブーツがありがたいほどに寒い日でございました。
映画はオードリー・ヘプバーンの幻の作品と言われた「マイヤーリング」
宝塚はこれで見納めの雪組公演です。

「マイヤーリング」はテレビドラマだったそうで、75分で3部に分かれていました。
(多分CMとか入ったんだろうなと思うような感じで、章が変わるごとに出演者の説明が入ったりしてました)
勿論白黒作品でしたよ。お話はタイトルを見ればわかるように、ハプスブルク家のルドルフとマリーのお話で、ヅカファンならきっと楽しめると思いました。
だって……まんま「うたかたの恋」だったもの~。
ジャンとミリーはいなかったけどね。
官房長官の代わりにルドルフの動静を見極めるのは東宝版の「ルドルフ」で結構活躍していた首相のターフェでした。
うたかた~でお馴染みのロシェックとかラリッシュ夫人とかマリンカとかあとゼップスか。このあたりがそれなりにご活躍で。
いや~オードリーのマリーがきれいだった~。
27歳の時の作品という事でしたが、17歳の乙女らしくて。
ルドルフはメル・ファーラー。オードリーと結婚していた頃の作品だそうで。イケメンで背が高くて神経質そうなルドルフでした。
もちろんシシィもフランツ・ヨーゼフもステファニーも出てましたよ。ステファニー皇太子妃ウェスト細かったわ~。(……そんな感想?)

長くなりそうなので、雪組公演の感想は追記にて。

続きを読む

スカステで

梅芸の初日映像見て、「NOW ON STAGE」見て風共復習(笑)に励む一日でしたよ。
NOW ONの司会が華陽子ちゃんで、そういえば轟さんとは同期だったな~と思い出しつつ。
観劇して帰ってきたのは昨日の事なのに、ずっと前みたいに思えてしまうのがなんか不思議。
轟さんがナガさんやゆうちゃんさんみたいにぶつかっていける上級生がいるのがありがたいみたいな話をしていて、どんなに上級生になっても、そうなんだな~と思って。
女性を演じる事の難しさを語るまさおくんの話の後に、ちゃぴに話をふった轟さんが「そういえば昔男だったね~」と(笑)
まさおスカーレットも上級生の轟バトラーがでん!と存在しているからこそ、あんな風に丁々発止できたのかなと思いましたよ。
立場的にトップ二人でレットとスカーレットを演じる公演って本公演ではなかったものね。
一路さんのスカーレット編の時に特出していたのは、当時の各組二番手さんだったし……なんて事を思ったり。

なんだかんだとどっぷり風共に浸っておりまする……。

明日は雪が降るという予報が出ていますが、本当かな~~?
実は雪組観にゆく予定なのに~……ふふふ。

ここ数日の旅日記にたくさん拍手いただいてありがとうございました~♪

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

梅田芸術劇場「風と共に去りぬ」

帰ってきました。
今日はありがたくもあまりオペラグラスを必要としない席だったので、のめり込み度が更に上がったです。
オペラでロックオンしちゃうと周りが見えないからね~。
風共についてはもう今更ネタバレもないと思うので、このまま記憶が鮮明なうちに書いちゃおうと思います。
一番最初に歌いだすのがゆりちゃんなんだよね~。
チャールズとフランクでスカーレットを取り合うみたいな始まり方で。
ぴょん! と跳ねる姿がおてんば娘だな~と(笑)
チャールズはほんとにスカーレットが好きだったんだな~と。
フランクも周りからどんなに言われてもスカーレットを愛していると言い切って男らしかったのに……のにね。
樫の木屋敷の園遊会の場面がある事で、バトラーとスカーレットの出会いもあるし、チャールズと結婚する件もあるし、唐突にアトランタにやってくるスカーレットから始まるバトラー編よりもやはりこちらの方が物語的に盛り上がるなと思ったです。
日生版よりも台詞がちょっと少なくなったりした場面もあったけれど、大事な台詞は削ってないのでテンポがよかったなと思うです。
ピティパットすーちゃんがすごくかわいいおばあちゃんで、全然やり過ぎない感じがよかった。
ちょっとうるさすぎるきらいのある役だからね(苦笑)
アシュレとメラニーが歌う「水色の愛」は昔はレットとスカーレットの曲だったけれど、あの二人にも合ってるなと思ったですよ。水色といえばメラニーって感じだものね。宝塚だと。いや~懐かしかった~。
ちゃぴメラニーは優しいだけの女性じゃない芯の強さ、あのベル・ワットリングも一目おく女性を凜と演じていたと思うです。聖母さまのようだったよ~。
アシュレは儚げでしたな。メラニーが逝ってしまって、手袋を手に放心している様がほんとうに魂の抜け殻のようで。
一貫して夢見る夢男くんでしたよ。
しかし、メラニー死後のあのウィルクス邸の場面は何度見てもバトラーが不憫でな~。
ベルのるうくんは温かみのあるベルでね~。「行っておやりよ」と言えちゃう懐の大きさとかちょっとおっかさん的な愛に溢れた人だなと。まあ、だから彼女の所ではレットも安らげたんでしょうな~。

轟さんのバトラーは4回やってるうち今回で3公演目を見ましたが、結婚に至るまでの余裕っぷりたるや。
スカーレットがかわいくてたまらないんだろうなというのが見えて、牢獄の場面とかもう最高。
手のひらで転がされている感じのスカーレットが一々つっかかってくるのが楽しくてたまらないという風情で。

で、スカーレット。
いざという時は必ずレットを頼るあたりで、本当に誰が一番自分の為に頑張ってくれる人なのかがわかってたらね~と思うんだけど、そこがわかったらスカーレットはスカーレットじゃなくなっちゃうんだよね。
くいっと顎を上げて前を見据える姿に見惚れたよ。
ラストもね、「そんな風に君は子供なんだよ」と言われてしまうのが本当にぴったりで、マミーにすがりついて泣く姿がもうなりふり構わず。あの子を捨てていくなんてバトラーまぢ鬼ぢゃっとか思っちゃった(てへ)
あの後、バトラーがちゃんと導いてあげたら喧嘩しながらもいい夫婦になったかもなのに(と思わずにいられなかったのさ)
レットもきっと何度も「今度こそ」と思ったんだろうけれど、彼の方が「パトラッシュ、僕もう疲れたよ」になっちゃったんだろうね。だって正直ひどい女だもんね、スカーレットって。
打算的だったり、あてつけだったりとそういうひどい側面も、生きる事に貪欲な彼女の一面だし、それを凌駕してやっぱりすごく可愛かったし、お馬鹿さんでもあるし、魅力的だったですよ。
あんな風に生きられたら……とちょっと思っちゃう典型かな。あんな風に生きられないもん。絶対(笑)
ほんとにスカーレットから目が離せなかったですよ。ああ、見に行ってよかった。

今回は女性役に回った男役さんたちがかなりいたけれど、皆美人さんでした。
中でもみっしょんはほんと美しかった~。
若手君は話題の暁千星くんが機関士だったり、アトランタの街角で踊ってたりしてましたね。
プリシーの姫咲美礼ちゃんもうまかったよ。
あ、スエレンみくちゃんが美人さんだった~。

プログラムがスカーレットとレットの写真集のようで(笑)表紙も好きなんだけど、スカイステージの広告の入ってるページの写真が私はかなりお気に入りです。
ぽつぽつと思い出したらまた書きに来ます。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日も幕間に書く

一人旅なので、感想を呟かずにいられないのですよ。

スカーレット、サッシュの巻き方が下手だよとか、プリシーに食器投げるのいつも机の下だよとか、ピティパットおばさまの椅子芸がすごいよとか色々思いつつ、「明日になれば」聞いて泣けてきちゃったよ

まゆみちゃんのエルシング夫人が昔すみれ先生がやっていたエルシング夫人を彷彿とさせます。
夫人連三人のバランスがとてもいいように感じます。
あと、ミード夫妻が若いわ~。
2幕で優柔不断になるミード博士がまたロマンスグレーの素敵紳士でなー(笑)

ああ、バザー会場駆け回って、ぴょんぴょん跳ねてるスカーレットの可愛い事ったらもう。

今日のお昼は

大阪日記その……いくつだろ?
2日めを迎えました。寒いです。超寒いです。
新名所のグランフロントにやってきました。めっさ混んでますよ。
そして晴れ着のお嬢さん方もちらほらと。中に髪の毛すごい盛ってるお嬢さんがいて、マリーアントワネットか?とちと思ってしまいました。

で、お昼ご飯はお好み焼きっ。アップしようとしたら、フォルダがいっぱいではねられちゃったので、帰って整理したらアップしまーす。
ランチセットには当たり前にご飯がついてきましたよ。
炭水化物を堪能いたしました。

今日も夜の部観劇です
もすこし大阪駅付近を探検しまーす。

今夜は

大阪泊まりです~。
明日も梅芸行っちゃうんだ

で、風共見終わって簡単に感想。
まさおスカーレットすごいわっ(贔屓目抜きでも嵌り役だと思ったよ。)超熱演。
タカビーで可愛くてくるくる表情変わって、引き込まれたです。
チャールズとフランクの事もちゃんと思っていたというセリフもあって、ちょっと救われたですよ。描かれ方が映画版のスカーレットっぽかったような気がしたです。なんていうのかな?正直に生きすぎて、通った道に必ず敵を作るタイプというか。

で、こんなにスカーレットとバトラーが2人並び立ったバージョンは初めて見たですよ。

一幕と二幕で開演アナウンスまで分け合ってたしね~。

轟バトラーは余裕。フランクが死んだ後のスカーレットへのプロポーズ場面にちょっとやられた。

ちゃぴメラニー、天使がいたっ。
治療に追われるミード博士の首もと緩めた白衣姿が色気ありすぎなのはどうかと思います。

水色の愛とかそよかぜの青春とか懐かしい歌も。
スカーレット編の初演(汀さんと安奈さんがやったバージョンね)の演出も所々にあったような。
るうくんのベルも温かみがあったし、夫人連の1人メリウェザー夫人みっしょんが美しすぎてちょっと見惚れたり。

他にもいっぱい書きたい事はありますが、とりあえず今日はこの辺で。

せっかくの大阪ナイトですが1日歩いて足がもう限界
今日は早寝しちゃうぞっ。
昨夜二時間しか寝なかった割には元気に過ごせた1日でした(あ、で寝たか~

イベントも楽しく参加してきました。
お話して下さった皆様、ありがとうございました。

幕間

月組風共初見。
ヤバいよ……スカーレットがおもしろすぎて目が離せない
喜怒哀楽の振れ幅のなんと広いスカーレットなんでしょう

バザー会場のすみっこで誰よりもキャピキャピしている黒と白の2人が2人とも男役だなんてしかも2人とも超小顔でデコルテのキレイな事ったらもう。

帰ったら語るですよ。(実は電池がもうピンチ)
想像以上に楽しい事になってますよ。

一幕見ただけで、オペラグラス覗き過ぎで疲れたですだよ。はう

大阪日記その2

やでやで。インテ脱出に時間がかかってしまった
慣れない土地だから早め早めに動いてるんだけどなー。

梅芸行く前にお昼ご飯の予定にしてたけど、無理かもしれぬ

空腹で観劇だけは避けたいぞっ。

インテックスに来ました~

8ヶ月ぶりのインテ。明らかに5月より人が多いです。着いただけでSP削られましたよ電車超ラッシュ。
 
は新幹線で通った関ヶ原あたり。トンネル抜けたら雪国でしたよ
ほんの一時でしたけど(次のトンネル抜けたら雪はどこに?でした)
富士山は雲かかってしかもまだ夜明け前で薄暗くてあまり見えなかったです。残念っ
 
さ、1日頑張らなくては。始まる始まる~パチパチパチ。
 

明日は大阪です

インテックス大阪で開催されるコミックシティに参加します。
アンジェの本は二種だけ宅配に入れました。
6号館Cゾーン の-23b LICHTERGLANZです。
W9二人組刑事モノ二代目くんCPのほかに、夏にちょこさんと作った合同誌、宝塚まさみり本も持って行きます。
大阪の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

コピー誌作ってて、風共初日の様子巡りが出来ませんでした……が、まっさらな気持ちで(って風共だから今更だけど)初見というのもいいなと思って。
朝が早いので少しも早く寝なくては~。

というわけで、今日はとってもキンコーズさんにお世話になりました。
コピー機はどんどん便利になるけど、使い方をマスターするまでの道のりは遠そうでありますよ。

朝からびっくり!

って11時は朝じゃないやいと世間様には言われそうな気が……。
ネタがなくてもこつこつと年明けから書いてたブログですが、原稿に追われてついに1週間で力尽きてしまいました……。
ま、この位が楽にいつものペースに戻れてよかったかなというわけで。

さて。
11時にモバタカからお知らせが来ました。
花組と月組の次回演目が発表にとなれば、PC立ち上げてる時間も惜しく(笑)早速ぽちっと。
花組のみりおくんのお披露目公演は

「エリザベート」!!!

おお、トート閣下でお披露目か~。

そして更に下に書いてある月組の演目に

「PUCK」!!!

ぴーゆーしーけー♪パック!!
ふぁ~~~まさおパック!!!
ほぉ~~~~……パック……パックかぁ………。
ちゃぴのハーミア可愛かろうな~(最初にそれか?)
その後にヘレネは? カチャ? いや、カチャみや役替わり???(え? また??)

と、しばらくグルグルして、それからショーの演目見ましたよ。

「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」

クリスタル……よくわからんイメージだけどと読み進めて、『ダンスを中心にしたエネルギッシュなショー』で目が止まる。
ダンス……ダンスなのね(ふふふ←謎笑)
そうさ、そうだよ。皆で踊ったらええがな(笑)
はぁ……年末公演も楽しみだな~(まだ1月だから)

風共の稽古場映像も見ましたよ。
まさおスカーレット可愛いな~(でれでれ)
理事バトはもう4回目だしね。言うに及ばず。
ちらっと見ただけだけど、コマアシュレがなかなかにステキそうではございませんの。
日生版を踏襲しながらフィナーレもついているとか。
ってことは何? ナイト&デイ踊るの? 踊るの? 踊るの?
わくわくを抱えながら、明後日インテのイベント出て、夜の部観に行っちゃうよ。
さ、コピー誌作らなきゃ(まだ出来てないらしい……)

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

とりあえず告知

12日(日)のコミックシティ大阪(インテックス大阪)に参加しますので、告知しまーす。
6号館のCゾーン の-23bにおります。芸能ゾーンです。毎度の2人組おっさんCPのところにおりますよ。
新刊は出る……かも~。ほんとは宅配にのせたかったなぁ(諦めて今日宅配便出しましたよ)
書き始めてちと止まり、夕方の再放送見て、初めてこのジャンルでサークル参加した頃の事思い出して、昔の原稿読み返してみたりして遅々としてまた現実逃避の旅に出ています。
だめじゃん(笑)

去年の5月にインテ行ったのが12年ぶりで、当分来ないだろうな~と思ったのに、まさか約半年後にまた行く事になるとはね~。
よろしかったらお立ち寄りくださいませ。

S席が値上がるそうです

消費税が上がるにあたって、きっと値上げされるんだろうなと思っていた宝塚の座席料金。
SSとSだけが値上げになるのね~、だったらあんまり関係ないやと思った(こら)2階席常連の私です。
いっそのことSSをもちっと高めにしてもいいんじゃないの? と思ったのは内緒ですが、300円の値上げならばぴあとかのプレリザで買うのを控えれば(手数料とか高いもんね)あまりお財布直撃価格じゃなかったのでちょっとほっとしておりますよ(笑)

そうそう。宙組の「翼ある人々」の配役が発表されていたのね。
リストとヴィトゲンシュタイン夫人とかの名前を見てちょっとうふふと思ったりしてますよ。

昨日はカイちゃん(宙組の七海ひろきさん)が声優さんとして出演の「ノブナガ・ザ・フール」を見ましたよ。
時代劇かと思いきやロボットアニメでしたな。
オダノブナガが主役だけど、ジャンヌ・ダルクとか出てくるのね。
とりあえず初回は色々ついていけなかったよ(笑)
そしたら、同じ位の時間に放送の(調べたら一時間早かった)「バディ・コンプレックス」に速水さんが出演しているのをさっき知ったです~。
BS11がまだ初回放送に間に合うので見てみようと思います。
キャラクターの所見ながら「38歳はまだまだ若いやい」とか思ったりもしましたよ(えへへ)
新番組の季節ですな~。

スマスマ見たので追記。
トップさんによる色々講座。見てるとちょっと恥ずかしい気分になっちゃうんだけど、独特のかっこよさがあるよな~と再認識。
でも、宝塚はやっぱり舞台で見てこそよね。
木村くんの本気の取り組みっぷり見て、やっぱりかっこええなと思った次第。
あとはタソこと天真みちるくんの本気のタンバリン芸に笑った笑った。さすがだ。
そして贔屓が出ていないと割と心安らかに見られる事に気付いたよ(笑)

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

またもテレビの話

年末年始は2時間超の番組が多くて、つい長時間TVの前に座り込んでしまうのが常なのですが……。
昨日見たBSプレミアムでやっていた「よみがえる江戸城」というのが面白くて、ちょっと書いてしまおうかなと。
将軍様の1日とか、残っている石垣のアレコレとか、残っていた図面からCGで色々な所を再現していたりと江戸城を探検する……みたいな番組だったのですがね。
一番興味深かったのは、忠臣蔵で有名な松の廊下は実はこんなだったんだよという件で。
舞台やお芝居なんかで松の廊下というと、結構開放感があって昼日中の刃傷事件という事で、白昼の惨劇というイメージをずっと持っていたわけですが。
廊下には板戸があって(しかも開かない)日の光は上方部分に作られた明かり取りの障子ごしに少し入るだけで、結構薄暗い所だったそうな。
当時の江戸の天気は資料が残っていなくて詳しい天気はわからないのだけれど、残っていた日本各地の覚え書きとかから天気図書いて江戸の天気を割り出してみたりして(元禄14年3月14日は雨まじりの曇りじゃないかという事でしたよ)。
という事で、それでなくとも薄暗い廊下で天気も悪くて……という状況での刃傷事件だったという事で、再現CGがもうなんか陰鬱な画面だったですよ。
そういえば京都御所は何度か見学した事ありますが、皇居はないな~と思って。
一度見に行ってみたいなと思いましたよ。
2日に宝塚見に行ったんだから、一般参賀とか行けばよかったのか~と今頃になって思い当たったり(思うの遅すぎだよ)

お正月の古事記といい、なんか日本の古いモノに触れるお正月になったのでした。
もちっとあったかくなったら、また相棒の聖地巡礼とかもしてみたいです。
大体都内で行けるのがいいよね~(笑)

テレビ語りついでにスカイステージの話もちょっと。
雪組初日映像には私の姿は映ってなくてほっとしましたぜ(笑)
お正月のニュース拡大版は各組トップを囲んでの男役スタートークとゲームとかも面白かったですが、5組のトップ娘役が揃って対談しながら相手役自慢ぽくガールズトークしてたのが楽しかったですよ。
あのコーナー見ていてあゆっちへの相槌をうつねねちゃんがとってもフランクな感じでやっぱり姉妹なのね~と(明らかに他の3人とは違う感じだったなと)。
そして相変わらず蘭ちゃんのヅカオタっぷりが光ってましたな。

続きを読む

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

お正月からベルばら

今日はお昼頃に本屋さんへ行き、本日発売のマーガレットを買ってきましたよ。
ベルばらの描き下ろしシリーズ第三弾はフェルゼンのお話。
アントワネットの処刑後のお話でした。
ネタバレが……という方の為に一応追記に感想を。

今回は付録はついていませんでしたが、巻頭にシールがついていて。
カラーはいいんですけれど、コミックから抜粋された白黒シールがことごとく「どうしてそれを選ぶの?」というチョイスっぷりで。(いや、見事過ぎて笑ったというか、ある意味感動したというか)
次回はアラン編だそうですよ。


一つ告知~。
久しぶりにPixivに一つSSをアップしました。2002年の夏コミで無料配布したペーパーのお話です。
コミックスの短編から思いついた妄想話です~。よかったら見てねv
(何か上げられないかとファイルあさったら最初に見つけたのでこれにしました)

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

3が日おわっちゃった……

せめて年のはじめくらいは毎日アップしようと(笑)
多分3日坊主に終わる予感もしますが……。
とりあえず三が日を振り返ってみますか。

年末に古事記で日本の歴史を知る的な番組をBSで見ていたのですが、途中で不意にものすごく「MAHOROBA」が見たくなって、DVD見たりしたのが1日の午前中の事でした。
あさこちゃんイザナギとみほこちゃんイザナミの歌で綴る国造りの歌がやっぱり好きだわ~としみじみと最後までじっくり見てしまいました。
あの作品ももう7年前になるんですね~。そんなに前という気がしないんですけどね。

昨日と今日の午前中はやっぱり箱根駅伝をついつい見てしまいました。
(中抜けだったりでず~っと見ていたわけではないんだけれど)
そして今日は朝に起きた有楽町の火事のニュースにびっくりでした。
なんてったって、有楽町はほんとにしょっちゅう行くところですから(昨日も帰りはJR使ったので、見慣れた風景があんなことになっていて驚いたですよ)お正月の帰省ラッシュの時だけに、大変だった方が多いんだろうなと思ったです。

今日は週末に向けて年末に録画した番組をとりあえずブルーレイに移して(移したら安心しちゃって見ない確率が高くなるというのに……)HDDを空ける作業を。
それでもあまり空かなかったな~。
5日はBSで雪組のベルばらフェルゼン編やるし、6日はスマスマにタカラジェンヌが100人出演だし。
インテの原稿やらなくちゃなのに、今日の午後は相棒の再放送5時間がっつり見ちゃいましたよ。
録画あっていつでも見られる話なのにね(笑)

って今原稿やってる時点で既に間違っているのはわかってるのです。
とまあそんなお正月でございました。まったり日記ですんまそん。

こんぐらちゅれーしょん!

昨日、宝塚100周年の幕開きとなりました。
本拠地宝塚大劇場では元日に星組さんが初日の幕をあけましたが、東京は今日の雪組さんが初日。
仁美ちゃんが100年に1度の初日チケをゲットしてくれて、お正月早々感激初めとなりました。
演目は周防監督の有名な映画をミュージカル化した「Shall we ダンス?」とショー「CONGRATULATIONS 宝塚!!」
年明けに明るい作品はいいね~。
Shall we~は映画と同じ内容ながら、舞台はイギリス。
ジェントルの国でも皆がダンスを踊れるわけではないのです(当たり前)
そして、くたびれたサラリーマンを演じても、タカラジェンヌはかっこいいな~。
あんなにステキなパパなら鼻高々だよエミリア(星乃あんりちゃん)とちょっと思ったりも(笑)
ダンスに熱中して帰りの遅い夫の浮気を疑って、探偵社に行っちゃう奥さんのあゆっちもすごく可愛い奥さんだったな。
特筆すべきというか、もう絶対にともみんドニー(映画では竹中さんの役ですよ)に笑うだろうなと思っていましたが、予想以上におかしかった。
もうね、動きの全てがおかしいの。一生懸命だから余計におかしいの。
すごいよ、ともみん。
ダンス教師エラのちぎちゃんも、孤高の鎧で身を纏って必死に自分を律しているのに、思うままにならない苛立ちとかプライドの高さとか、でも本質はダンスが好きでもろいところとか、そんな諸々が入り混じったステキなエラでした。
皆の憧れの人という雰囲気をすごく出していたと思うですよ。
大ちゃんが演じていた婚約者に押し切られた気弱なサラリーマンも存在だけですごくおかしかった(婚約者はきゃびぃだったのね~、全然わからんかった……)

そしてそして!!
まっつお帰りなさい~~~~!!!
超金髪で、プロローグで踊るまっつを見て「ああ、まっつがいる~~」とほんとに嬉しかったです。
ダンスもたくさん踊っていて、アルバートもステキダンサーだったです。

ショーの方はもう『めでたさ満開!』
宝塚の過去作の主題歌もあり、どうしてそんなにポップな編曲に? と思いながらビートのきいたパリメドレーあり。
カンカンも、えりたんの女役も、チギちゃんのスーパースターも(今回の公演で初めて宝塚を見た人はエラさんをやった人はどこに? とショーの時に思ったりするのかしら? とか考えてしまったですよ)男祭りも楽しくて、コングラチュレーションの歌詞が最後にはぐるぐるしながら帰ってきました。

そして、今日はちょっとお席がすばらしくて(どちらかといえば後ろの方だったんですけどね)客席降り(なんと三回もあるのだ)のスターさんを間近で拝めたという……。
えりたんとのハイタッチは叶いませんでしたが、まっつと大ちゃんにハイタッチしていただいて、もう「うきゃ~~~」な気分ですよ。
あとはスカステニュースにアホ面を晒しているところを映されていないかだけが心配です。
もうね、真後ろで大ちゃんの白いコートがひらっひらしてました。
一回目の客席降りでは、ちぎちゃんとともみんが最接近。
ジェンヌさんがずざ~っと去っていった後にはしばらく香水のかほりがただよっていましたよ。

あ、初日なので星組さん以外のトップコンビと轟さんの口上があったのでした(最後に書くな~)
新年早々まさおくんのお姿見られて嬉しかったですよ。
かなり髪の毛伸びたな~とかやっぱりちゃぴおっきいな~とか(こら)組によってやっぱりお化粧って違うんだな~とかあっという間に終わってしまった口上でしたが、紋付に緑の袴のトップさん勢揃いを見られたのも初日ならでは。
ロビーでは小柳先生と藤井先生がお着物姿でご挨拶に立っていらっしゃるのもこそっと拝見。
お正月公演ならではの華やかさがあって、気持ちが浮き浮きしましたよ。

というわけで、とっても楽しい公演でした。
もう一回見る事が出来るので、今度は二階席からちょっと寂しさを覚えながら(笑)みたいなと思います。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。
今年はアンジェ20周年!宝塚が100周年!メモリヤルイヤーが重なってめでたさ満点の1年になりそうです。
色々頑張りたいと思います。
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール
  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ