10日ぶりに

外出いたしましたよ~。
いや~10日も引きこもっちゃった。腰は大分痛みがひいてきたです。
普通に生活してますが、立ち上がる時とかに若干かばったりしちゃいますな。
これからますます寒くなるので、無理せんように気をつけたいと思う次第。

さて。
久しぶりに本屋さんへGO! してみましたよ。
Sho-Comi増刊とマーガレット23号とあさこちゃんとあすかちゃんの記事が載ってるFRaUとを探しに。
しかーし、Sho-Comi増刊のみ見つかりませんでした。
(マーガレットは明日24号が出ちゃうのでラストチャンスでしたけど2冊残ってました。)
最近の女性誌はコンパクトサイズと大きいサイズと二種類出ていたりするのね~。
でも、グラビア部分を見たいわけなので大きいのにしてみましたよ。
あさこちゃんとあすかちゃんはハロウィンイベントの時の衣装でした。
イベント写真よりすっきりして見えたのは、なんでだろう。

というわけで、まだルトゥールの全貌を見てはいないのですが、(チラチラと情報としては入ってきておりますです)今度出かけたらまた本屋さん回ってみる予定です。

マーガレットのエピソード5、ジェローデル後編は超シリアスな展開の中、何が一番笑ったってジェロっちがオスカル様に結婚を申し込みたいから正式に使いを出してほしいと言った時のジェロパパとジェロママの反応ですわな。
息子が女嫌いとか言われてる噂を随分心痛めていたみたいで。
(多分にあっちの方だと思われていたんだろうな~)
やっと結婚したいと言い出したら、家柄的には問題ないけど「あの」オスカル様なわけで。
そしてなんとも羅生門のような終わり方……。
ソフィアさんとの間には何か通じるものがあったみたいですが、プライド高い同士ってなかなか恋愛に発展しなものなのねとちょっと参考になりました(何のよ……ってもちろん黒い人と金色の人の妄想にだけど)

にしても、フェルゼンへのジェラシー全開っぷりとか、スウェーデンでのすれ違いとか見てみると、宝塚のフェルゼン編におけるジェローデルとフェルゼンのラブラブ旅行(それ違う)とかについつい思いを馳せてしまいます。
次は誰のエピソードが読めるんかな~。

まったくもって……

腰が痛いとこうも動けないばかりか日常生活に支障をきたすとは……。
この一週間は寝ている間に終わってしまいましたよ。
家で座って出来る仕事でよかったよ。
私の年季モノの携帯(まだガラケーだよっ)には歩数計がついているんですが、この一週間、歩いた歩数の7日分合計が2241歩でしたよ。
ひどいもんだわ~。
(ま、家の中で携帯持って歩かないからってのもありますけどね。)
今朝は少しいい感じに痛みがひいたので、のんびりと負担のかからないストレッチなどしてみました。
このまま快方に向かいたいです。
というわけで、行くはずだったエリザベートの楽昼公演は劇場の椅子で3時間座っているのは無理かなと判断して、諦めました……ぐしぐし。
結局一回しか見られなかったよ。
蘭ちゃん、ご卒業おめでとうございました。
来週からは月組公演が始まるわけで……一週間で普通に生活できるようにしたいと思う次第です。


追記に拍手御礼

続きを読む

大分動けるようになりました

公式にアンジェのリメイクがやっと発表されましたね→コチラ
リメイクにあたって新しいコミカライズ作品の掲載された少コミ(今はSho-Comi 表記なのですな)増刊が明日発売になるそうですが、本屋さんに行けるのはいつになるのやら……。
てか、ジェロ編後篇が掲載されたマーガレットってまだ店頭にあるのかしら?
ほぼ5日間家にこもったままで、すっかり浦島であります。
ぎっくりしちゃった腰は痛みも大分ひいて一日起きていても支障ない感じにはなりました。
(階段の昇り降りがまだ片足ずつで外に出るのは危険かなという感じですけど)
本当に健康のありがたさをしみじみ味わっている日々でございます。
アンジェのリメイクについては色々思う事もありますが、好きになったのは初代なので、私の中であれを超えるものには出会えないんだろうなと割と落ち着いて受け止めている気がします。
ゲームを実際やってみて、あまりにキャラが違ってたらその時に盛大に色々言いたいと思いますけど(苦笑)

というわけで、少し元気になったのでPixivにクラ誕過去作を上げました。
一つは女子高生なクラジュリの百合モノで、もう一つはクラ退任後のお話でパラレルばっかりですみませんです。
百合に至ってはいつ書いたのか既に覚えてさえいないという……。
後でファイルの保存日付確かめてみます。
よろしかったら覗いて笑ってやって下さいませ。

追記に拍手御礼

続きを読む

クラヴィス様おめでとう

年に一度のめでたい日。今年は腰がぎっくりいっちゃって寝たきりで妄想をふくらませる日になってしまいました。
過去作サルベージしよっかなと思ったのですが、とりあえず作業も中断中。
そのうちこそっとpixivに過去作上げてるかもしれません。
新しいのを書いてもいいのよとも言われましたが(笑)ちょっと元気が出ませんでした。
ごめんね、クラ様。
そういえば去年のお誕生日にpixivに過去作を上げ始めたんだっけと思い出しました。
1年経ったけれど、あまり更新してないな~と改めて思いましたよ。
来年のお誕生日(鬼が腹抱えて笑ってる~)には新作あげたいっす。

エリザベートの続きと思ったけど

前の感想が中途半端で終わってしまったので続きを書こうかなと思いつつ、エリザベート見るとなぜか過去のエリザを見たくなってしまうという不思議な状態に陥る私。
今日は久々に2005年の月組新人公演と本公演をちょこっと見ちゃいました。
新人公演はカットされた場面が多くて、プロローグもカットなのでまさみりのルドルフ&子ルドルフの歌い継ぎがなかったのが今となると残念だったな~。
いや~子ルドのみりおくんめっさ可愛かった。
9年後にこの子がトート閣下になったんだな~と感慨深く見ちゃいましたよ。
そして、今回の観劇時に「あれ?」と思う事が割とあったんですが、どうも東宝版もたくさん見ているので、その台詞やセット、演出などが若干記憶の中で混在しちゃっていて(^^ゞ
それが一番如実だったのが一幕最後の鏡の間。
宝塚は舞台奥センターからシシィが登場するのが常なのに、「あれ?階段ないぞ」とか思っちゃう始末。
(東宝版は舞台若干下手側に長い階段セットが出てきてその扉からシシィが登場するのです)
もう一度観劇する機会があるので、頭をきちんと宝塚版にリセットして観たいと思った次第です……やだわ~。

というわけで、感想の続きを追記にて。
(若干というかかなり腐な流れになるかと思いますので、苦手な方はここまででよろしくです)

続きを読む

花組エリザベート

中日をとっくに過ぎ、後半戦に入ってからの昨日やっと初見でございました。
まずはみりおくん、トップお披露目おめでとうございます~!
美しくて素敵なトート閣下でした。
俺様風味でありながら、実はとても繊細。
シシィと初めて出会う「愛と死の輪舞」では初恋の少年のようであり、
黒天使を従えての「最後のダンス」は艶っぽい誘惑者。
フランツに最後通牒を突き付けた場面で拒絶された時やルドルフの葬儀後にシシィを突き放した後の傷心っぷりったらもう。(自分から突き放しておいてそこまで?と)
どの歌にも説得力があっていい作品でお披露目できたな~と思ったです。
ルキーニのだいもんも素晴らしかった。
終始狂気をはらんでいて、トートに従属するものではなくて共犯者という感じで、対等に見えたのは同期効果なのかな?
今までにない関係性で自由度の高いルキーニだったと思います。
今回のエリザは歌ウマさんが多くて、こんなに耳に心地いい公演も珍しいなと(歌劇団なんだからやっぱりいつでもこうあってほしいけれどね~)
みっちゃんフランツは言わずもがな。昨日のカフェブレで稽古始めはゾフィーより他の重臣たちよりも偉く見える的な事を注意されたといってましたが、存在感は半端なかったです。
そうそう、バートイシュルのお見合いシーンがすごく早回し的な動きがコミカルで面白かった。
ああ、なんかもう事細かに色々書きたくなってきた(笑)
とりあえず、今時間がないのでここまでで。

あ、一つだけすごく気になった事。
トートの登場シーンの「またの名を『死』!」で拍手なのはどうなのかなあ。
物語の緊迫感を削いであんまりよくない気がしたんだけど……てか大拍手が起きてびっくりしちゃったよ。
あそこは静寂の中で登場を見たいとしみじみ思ったです。
お披露目公演の初めての登場シーンなのは百も承知だよ。
私がエリザのプロローグが物凄く好きだからそう感じたのかなぁ……。
また色々書きに来ます。

追記に拍手御礼

続きを読む

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ