スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけで花組

トップスター真飛氏のサヨナラ公演。
お芝居の「愛のプレリュード」は禁酒法が廃止(1933年だという事を帰ってきてから調べましたよ)になったころのサンタモニカが舞台。
主題歌が頭に残るよね~。休憩時間にうっかり「さんたもにかに~♪」とか歌っちゃうくらい。
発明家のお金持ちのお嬢様と彼女のボディガードに雇われた元警官の淡い恋物語……なはずだよね。
この元警官フレディ。実は体に爆弾持ちでいつ命を落とすかわからんという。
そして、かなり長い間意識不明でいたらしい(たぶん治る見込みはないって言われてたんだろうと)
フレディの警官時代の相棒ジョセフは、彼が倒れた後も孤軍奮闘で悪と戦っていたのに上層部の金まみれの体質に警察いやんになって、不動産業に鞍替えしていましたとさ。
表向きは不動産業を装いながら、もぐり酒場はやってるし……まあ、色々あくどい金稼ぎをしていたようです。
そんなジョセフが目をつけたのが、お嬢様のパパの研究所。
その目的の為にお嬢様に近づいていたら、意識不明のはずの昔の男が突然目の前に現れて……。
揺れ動くジョセフを目の当たりにした今のパートナーマウロは彼の心を繋ぎ止めようと……。
あれ? 話違う? それってどんなBL小説?
とそんなノリな感想なので、続きは追記にて。

ショーはね~。宝塚はどんだけパリ賛歌なんだという(わはは)
パリはステキよね~。うん。
そういえば昨日もミッチーが言ってたっけ。
大人の恋のデートはパリ(でも現地集合)って(笑)
ちなみにフィレンツェでも現地集合だって。それってデートなんだろかねえ。

閑話休題。
一番萌えだったのは、やはり怪しげな……いや、これも追記にしよう。
トップ娘役の蘭ちゃんがカンカンやらロケットやらのセンターでガンガンに踊っていて、「ああ、若いな~」としみじみ思いましたよ。
でもって、あの子の二の腕の細さに眩暈がしました。
娘役の体系って同じ人間だとは思えません。
ちょっとジュリアス様風味のめおちゃんの髪型がステキだったとか。
みつるくんがいつの間にかものすごい野郎風味を増していてステキだったとか。
真飛氏の最後の舞台。痛々しいほどに頑張ってる(顔の線がシャープになりすぎててちょっと涙が出そうに。いや、退団公演のトップさんてみんなものすごく痩せてしまうけどねえ)のが伝わってきて、胸が痛くなったり。
チャリティー公演ということで、毎公演後にご挨拶があったり。
募金にもほんの少しだけど協力してきました(めおちゃんのBOXに入れてきたよ)
一時非現実の華やかさに触れたいな~と思ったら、ぜひ東京宝塚劇場へ……と思いました。
でもあと一週間で千秋楽なのか……早いなあ。

というわけで追記には毎度の腐語りなので、苦手な方はこちらまででよろしゅうに~。




腐語りだし、ネタバレなので(とりあえずしつこく注意を書いておこう/笑)

と言いつつ、この話の一番強引なところはやっぱりハッチさん演じるナチスの登場かな~。
アメリカ国内であんな目立つ制服来て街中歩いて色んなところに出没しちゃまずいっしょ。
ナチスの目的はお嬢様(いい加減役名書こうよ)のパパの発明を横取りして、兵器転用すること。
そして、ナチスに騙されていたと気付いたジョセフが昔の正義感を取り戻して、うっかりフレディを助けて(うっかりっておい)絶命しちゃうお話でした(はしょりすぎ?)
しかもね。フレディの腕の中で「おまえの腕の中で死ねて幸せだ」とかヒロインすぐそこにいるのに言っちゃうし。
マウロに限らず、いかにもチンピラ風の手下(しかもイケメン揃い)がみんなジョセフ命な感じでね。
まさに「兄貴に命預けます」って感じで。
まさにジョセフ総受け?(うっかり壮受けとか変換されて笑った笑った)
……兄貴なのに受けなんだ(よくある事よね……うん)
でもなんかこう手放しで「萌え~v」というには、ちょっと胸のあたりにこそばゆい「ふふふ」感があったりもして。
まとえりだと微妙に百合風味だからかなあ。
そして、普通は同じ曲をシーン変えてアンサーソングっぽく歌うのは、トップとトップ娘役だったりするのに、ここもフレディとジョセフが同じ曲を絶唱。
ジョセフが死んでしまった後のまとぶんの銀橋ソロが終わって、銀橋の付け根で「ジョセフ~!」と絶叫したところで幕でいんじゃない? ってちょっと思ったり思わなかったり。

話は色々突っ込みどころ満点だけど、サヨナラ公演だし、萌え心が疼いたからそれでよしです。

そして、ショーの萌えどころ。
パリの夜といった風情。
異邦人風味のまとぶんが、うっかりハッテン場に迷い込み、色んな男に誘いをかけられるも断り続け(あ、でも好みはみわっちとかだいもんとかのかわいこちゃんタイプなんだなというのはわかったぞ)、最後に女装のえりたんが持ってっちゃったという場面のタンゴが楽しかったです。
え? 違う? 違わないって。

観てから5日も経ってるのでやっぱり感想は熱いうちに書かないといかんな~と反省した次第です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。