スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」

演目発表になってからずっと楽しみにしていた宝塚版銀英伝を見てきました。

プロローグからテンション上がるわ~。
まさに「宙組イケメン祭り開催じゃ~~~」とばかりに。
(幕開き、オーベルシュタインが銀橋で語り始めた時には「太王四神記かっ?」とちょっと心の中でツッコミを)
でも、物語の背景やらそれぞれの関係などを簡略に説明することによってお話に入りやすくという意図はよくわかります。
私は原作は未読で、アニメは全話見ていてという偏った前知識はあるのですが、登場人物の関係性と人となりを一応把握していたので、テンポよく進んでいく物語を素直に楽しく拝見しました。

かなめラインハルトはやっぱり美しかったvvvvv
キルヒアイス役のまぁくんは花組時代あまり歌声を聞いた記憶がなくて、今回「うまいな~」と思いましたよ。
双璧の2人もロイエンタールのちーちゃんはクールに。ミッターマイヤーのカイちゃんは実直に。
帝国軍ではビッテンフェルトの澄輝くんがとてもキャラにはまっていたように思ったです。
ヒルダのみりおんも歌うまさんで。
ヤン・ウェンリーのキタロウくんがいつものアクの強さがすっかり抜けて(失礼)すごく自然体なヤンで、ほほぉ~と思いました。ユリアンの伶美うららちゃんも凛々しくて、もう少し背があれば男役出来たのにと思ったり(笑)
ラインハルトが主役なので、もっと帝国寄りなお話になるのかなと思ったら、自由惑星同盟の方もかなりしっかり描かれていて、トリューニヒトのモンチの歌声と立派なたたずまいに目を見張りました。ほんに大きくなって……。
ルビンスキーとドミニクはちょっと狂言回しっぽく、それでいて抜け目ない胡散臭い感じが良く出ていたですよ。
やっぱり大作になると、小池先生の演出は冴えるな~と思いました。
(フィナーレのパターン化は相変わらずでしたけど)
新生宙組の船出を見届けましたという気持ちです。
あ、今読み返して大事な事を……。
観劇して、私の萌え心の80%位をぐわしっと掴んでいったのは、まぎれもなくともちん演じるオーベルシュタインでした。なんかね、もうね……諸々たまらんかったです。

この後はクラジュリ的萌えを語りますので、純粋に銀英伝の感想をという方はこちらまでで。
(腐女子警報発令な追記に続きます)


ジュリアスファンとして、長い金髪美しい人が「気高くありたい、人の道を踏み外さず誇り高く」生きたいと歌う姿に、ジュリアス様を重ねずにいられましょうか?
しかも赤い髪のキルヒアイスと長くないけど黒っぽいオーベルシュタインが彼の回りで天使と悪魔のように舞って、その二人の間で良心やら野心やら抱えてせめぎ合って苦悩するわけですよ。
しかも、オーベルシュタインが……オーベルシュタインが……。
忠誠をといいながら、ラインハルトの手を握ったり、マントの裾を握ったり、一緒にマントにくるまれて歌ったりと……。
客席でオペラグラス覗いてハクハクしてますた。
見終わって、クラヴィスとオスカー相手のジュリ総受けみたいな話だったのうと感想をもらしてしまうほどに、まさかクラジュリ萌えまで発動とは。
仁美ちゃんとどうしてクラジュリ観劇会を計画しなかったのかと、二人で残念だよね~と語り合う帰り道でしたよ。
いや~、びっくり。
そんなわけで、ともちんの怪演オーベルシュタインに心奪われてしまったのでした。

読み返したけど、こんな感想でいいんだろうか?
……いいことにしよう(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。