スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月組 春の雪

昨日、青年館の初日を観に行ったのですが、昨日はなんだか力尽きて書けませんでした。
というわけで「春の雪」を観てきました。
原作は三島由紀夫の四部作「豊穣の海」の第一部「春の雪」で、妻夫木聡さん主演で映画にもなったお話です。
映画も見ていたし、原作も読んだのでお話の前知識は一応ばっちりで。
(映画は2005年の今頃公開だったようです。ブログに記事上がってないかと探したらありました。→ココ。ちなみに11/1に見てましたわ~。多分1000円で見られる日だったからだなっ。7年前になるのか~、そんなに前か~(遠い目になっちまうぜ)あの頃のブログ読むと、ほとんど月組日記と化しておりました。あさこちゃんがトップになった頃だから仕方ないわな~。まさおくんが研5でワークショップでバウ初主演の頃でもあったそうな。あさこちゃんの次の次のトップになるとは思ってもみなかっただろう、あの頃の私と思いましたよ)

で、春の雪の話に戻ります。
主役の清顕さんはなんといいいますか、一幕終わって仁美ちゃんと語り合ったのは「中二病だよね~」というしょうもないもので。
実際に側にいたら迷惑この上ない男だよね。もうキレイだから許されるってもんでもなく。
だけど、物語の主人公として眺めれば、上流のキレイな誇り高い男子が強がって、ほんとに欲しいものに手が届かなくて、結局自滅していくというのはドラマチックでありますなと。
みりおくんは正統派の役が似合うと言われてますが、こういう少し翳りのある役をすると美しい分凄みが増すような気がしました。
ヒロイン聡子の咲妃みゆ嬢。まだ研3ですが、清様よりもお姉さまに見えたのは立派ですな。
きれいなお振袖もよく似合って、禁断の恋に突っ走るお嬢様を力演していたと思うです。
ロミジュリでヴェローナ大公をやっていた輝月ゆうまくんが清様のお父上、松枝侯爵を演じていましたが、ダンディで俗物っぽい所がうまかったと思いました。
としくんが演じた松枝家の書生飯沼も印象的。
若手が多かったですが、落ち着いた雰囲気の舞台だったなと。

追記に観劇前後の寄り道日記を。
青年館で宝塚の公演が行われるのももうあと数える位しかないんだなということで、青山近辺の行ってみたいお店でご飯を食べようと、仁美ちゃんとあれこれリストアップした中で、昨日のお昼はこちらに行ってみました。
ハンバーガーは噂にたがわずなかなかの迫力モノで↓
20121031114657.jpg
とても美味しかったですよ(o^-')b
終演後、お茶しようとか言ってましたが、なんか満腹感が終演後も続いて結局ほんとにお茶だけで充分だったという……。
ハンバーガーはもちろん、サンドイッチもたくさん種類があるみたいで、また行きたいな~と思った次第。

そして、終演後はまた渋谷まで246沿いをお散歩しつつ帰りました。
13時公演だったので、まだ時間も少し早かったので、念願のヒカリエへ寄り道~。
20121031181227.jpg
紫色のキャトル袋持って、OGさんのお店を覗くのはさすがに恥ずかしくてできませんでした(笑)
ハロウィン当日ということで、31日までという限定のショップを覗いたり、地下でスイーツ買ってみたり、ほんの一部だけしか見てきませんでしたが、また今度ゆっくり回りたいな~と思いました。
ロブションのパンがものすごく美味しかったでございました。
さすがのお値段でしたけどね。月末なのにプチ贅沢をしてしまいました……てへへ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。