スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みーちゃん(;_:)

今日こそ、見てから一週間以上経つのに、書いてなかったレオ様のギャツビーの話を書こうと思ってたのに。
この後に書きましょうかね、思い出した時に書かねば。

というわけで、今日は花組さんの集合日だったそうですね。
BASARAの楽が1日でしょ? 3日しかお休みないのか~。ほんとに忙しすぎですよ。
もうちょっとお休みあげてくださーい。
配役は新公の主な配役しか新しいものは出なかったらしく。
元々オペラが題材だから、役少ないんだろうけれど、景子先生の事だからまた凝ったお名前つけた登場人物がわさっと出てくるんだろうと期待してますよ。

で!
みーちゃんの退団発表にがっくしきてます。
オーシャンズのバシャーで色気ダダ洩れな大人の男で、きゃ~vvvと思い、BASARAの政宗はキャラにはまってとってもステキで(「you see?」で笑ったけど……)これからが楽しみだったのに。
思いがけない生徒さんの早すぎる(と感じる)退団発表は、いつの日も寂しいもんですな。
ほんと、宝塚って花の時期が短いな……。
だからこそ、観たい舞台は観ておかないとだよね(結局そこに落ち着く)

というわけで、追記にギャツビー(映画)の軽い感想を。


ギャツビーといえば、私はやはり宝塚。
初演の杜さん版も再演のあさこちゃん版もどっちも好きですよ。
観た回数は圧倒的に杜さん版のが多いけど(笑)←だって、あの頃は東宝に安い3階席があったんだもの~。
今回の映画を見て、あれを1時間半にまとめた小池先生ってやっぱりすごいわと思ったのが最初の感想でしたよ(てへ)
あさこちゃんの時に1本立て作品にリメイクされて、ウィルソン夫妻の事とかがだいぶ書き込まれて、眼鏡の看板がすごく効果的に使われてたのだけれど、映画でもあの看板はすごく存在感がありました。
神の目は見ておられるという比喩なのよね。

正直、今までレオ様をものすごくいいとかステキとか思った事なくて(すみませぬ~)ギャツビーのリメイクと聞いた時も「どうなのかしら?」と思ったのですけど、ニックと初めて会うパーティーの場面で、「私がギャツビーです」と極上の笑顔でニックを迎える所と、パーティーの後にニックを見送る表情見て、「あらステキ」と思いましたよ。
見たのは2D版だったのですけど、ギャツビーのお屋敷の撮り方とか3Dで見た方が楽しいのかもと思わせる演出が随所にありました。
パーティー場面とかも、色の洪水という感じで。
デイジーを迎えるニックの家の花とかもそれはそれは艶やかで。
ヒロインデイジーは、絶世の美女というよりもかわいい少女のようで。だからこそラストの悲劇が浮き彫りにもなるのかな~。
友達のゴルファー、ジョーダンの方が美人さんだな~と思いましたよ。
ギャツビーの屋敷から見える河の対岸のデイジーの家の緑の灯りがなんとも悲しくて儚くて。
あの灯りを見つめていた時間が一番幸せだったんだろうな~と思うと、なんとも遣り切れないですよね、あの話は。

というわけで見た結論。「小池修一郎はやっぱりすごい」(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。