スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブビューイングに行ってきました

とむくんのラストデイ。映画館でお見送りしてきました。
「ラストタイクーン」と「TAKARAZUKA∞夢眩」については、感想あげたばかりなのでサヨナラショー中心に。

映画館で見ているわけなので、拍手や手拍子は劇場に届くわけでもないんだけど、ここぞという場面になると、拍手しちゃったりするのは何故なんだ~と思いながらもついつい拍手してしまっていたりしてましたよ。ま、そういうもんよね、わはは。

スクリーンで見るとオペラグラスを覗くよりももっともっと表情がわかるので、臨場感は半端ないです。
(でも必ずしも見たい人が映るわけじゃないけどね~←当たり前)

ラストタイクーンのラストシーン。大写しになったモンロー……というか、とむくんの視線が2階席の奥までしっかり見渡して、とても清々しい爽やかな笑顔だったのが、ぐっときました。
千秋楽ならではのアドリブはショーの方が弾けてましたね~。
VACATION(この綴りは歌いながら書きました)ではまさかのとむくん登場に、大拍手。
真っ赤なふわふわひらひらの衣装に頭は赤いアフロ。
ふわ~り、ゆら~り揺れながら人魚たちの登場前ひとしきり踊りまくるとむくん。
私はタコ? とか思ったんだけど、帰ってきて感想見るとポニョとか言われてて赤いからタコという連想しか出来なかった自分に笑ってしまった。
自分のサヨナラ公演楽にここまで渾身のアドリブで登場するトップスターがいただろうか……ほんとに楽しそうだったよ。
夢眩ファイブはもう掛け声がとむとむとむとむ~~~!!と皆で連呼。
最後は花組~!でしめて場内大拍手。

サヨナラショーも盛りだくさんな内容でした。
ファントムから始まって、ほとんど花組時代の曲だったかな。
Mr.swingのプロローグとか、リベルタンゴやコンガの一場面再現など、ダンスシーンも満載で。
一緒に退団するよっちも大活躍でした。彼女もステキなダンサーだったんだなと改めて思ったです。
白い衣装で全員がとむくんを出迎えた時に「みりおくんがいないぞ」と思ったら赤いバラの花束を持って最後に登場。
それを受け取ってきゅっとみりおくんの腕を引いて抱き寄せたとむくんのまあ男前な事。
そのバラを歌いながら客席に。しっとりと歌い終わって終わるのかと思いきや……。
最後はクンバンチェロで一気にラテンムードでお祭り状態。
さすがです。最後まで熱かったです。

サヨナラショーの用意と、最後の袴姿でのご挨拶の用意の間に組長さんが退団者のメッセージを思い出の舞台の映像と共にご紹介という時間があったのですが、とむくんの最初の映像が「マノン」のラストシーンで蜂の巣状態で撃たれたところで。
それを見ながら、とむくんはあの公演でヒロインのお兄さん役だったのに、なぜか最期の言葉が「ロドリゴ」とあさこちゃんの役の名を呼んでたんだよな~とか思い出したりしていました。(ちゃんと彼女もいた役だったのに)
ほんと、撃たれるの上手かったよね~。
そうそう、特出アンドレの場面もちょっとあって、まさおオスカルの後ろ姿もちらっと(笑)
ファントム銀橋でのパパキャリエールとのデュエットで最後にハグっとするシーンは結構長めに映されてたりして。
あの役もこの役も見たな~としみじみしちゃいました。

最後のご挨拶でもアンコールで何度も幕が開いてのコメントでも、笑顔がもうやりきった感満載で、「こんな幸せな時間が待っていたのか」という言葉には、涙もちょっと出たけれど「本当に卒業おめでとう」とつられて笑顔になっちゃうような気持ちにもなりました。

全部終わって映画館を出たのが18:30頃。たっぷり5時間(休憩もあったけど)堪能いたしました。
最後に改めて「とむくん、ご卒業おめでとうございました」

本当は昨日のうちにアップしたかったのだけれど、帰ってきてからどっと眠気がやってきて負けてしまいました。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。