スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

め~で~た~やな♪めでたやな~♪

月組の100周年記念3本立て公演見てきました。
めでたさ満載、100周年のお祝い公演という事で、華やかでありました。
日本物ショーはやっぱりチョンパで始まるとテンション上がります。
ま、今日は簡単に語ります。ほんとはブログ書いてる場合じゃないんだけど(笑)
てか、それ以前に観劇行ってる場合でもないんだけど(大笑)

ライトが点いた瞬間の客席が「うわぁ~~~」というどよめきと共に始めるとわくわくしちゃいますな。
幕開きの100の人文字とか、ショーの100人ロケットとか2階席から見るとフォーメーションが美しくて楽しいなと思ったですよ。
フィナーレがすみれのボレロなのも盛り上がっていいな~。
初舞台生の口上も初々しくて。例年の紋付袴ではなくて、皆お揃いの桜の着物で。この39人の中から将来のスターさんが育つんだな~と思うと、見ている側も頑張って~という温かな空気になるのが良いですな。
節目の年の初舞台生という事で、ロケットも見られて東京公演中心の観劇者には嬉しい限りです。
たまちゃん中心のよさこいの場面すっごくよかった。

お芝居「明日への指針~センチュリー号の航海日誌~」はまさおくん演じるジェイクのだめんずっぷりがたまらなく魅力的でした。ダメ男やるとなんてステキなんでしょう(褒めてますよ。もちろん)
そしてレイラのちゃぴちゃんのラスト前の男前な事ったらもう。
アンジェラ海ちゃんがかわいかったです。
航海士君たちは常に6人1組でしたが、ゆりちゃんが好みのいいメガネくんでした。

「TAKARAZUKA花詩集100!!」は聞いたことのある曲満載でありながら、現代的にキラキラにアレンジされていて。
フランスから招いた衣装デザイナーによる衣装の数々も、スタイリッシュで初めてスカステで見た時は「ええっ?!」とか思いましたけれど、実際に舞台で見ると華やかでいいではありませんか~。
てか、あの衣装を着こなせるって皆すごいわ。
100人ロケット迫力でした。
初舞台生のロケットもとても揃っていて水準高いなと思ったです。
あ、一公演で「すみれの花咲く頃」を何回聞くんだろうとはちょっと思いましたけどね(ふふふ)
書き始めるとひと場面ずつ語りたくなってしまうので、次回観劇の時にでも。

まさおくんが好きなのはもう今更なので、あまり多くを語りませんが、キラッキラな彼を見てると幸せ気分になりますv
でもって、ちゃぴちゃんが3本通して大きくなったな~キレイになったな~うまくなったな~と。
見る度にちゃぴちゃんが好きになりますよ、うん。

休憩がいつもより長いので、一人で行くとちょっとその時間が寂しいですが(笑)楽しかった~。
演目のせいか、ヅカファンの大先輩と思われる方々のお姿が目立った気がしました。
平日お昼でも立ち見まで出ていて盛況なのは、組ファンとしても嬉しいところです。

終演後にお向かいのクリエに大行列が出来ていて「出待ち?」とか思ったのですが(クリエではJ系の舞台をやっているんです)なんと当日券の抽選でした。
帝劇のチケットを受け取りにクリエの窓口に行きたくてその整然と並んだ列の中を突っ切るのがちょっと勇気いりましたよ。
帰ってきて当日券ゲットの仕方を読んで「なるほどそういう仕組みなのね」と納得した次第です。
いずこもチケットゲットは大変ですな~。

東宝といえばどうやらエリザベートやるらしいです。コチラでカウントダウンが始まっていますよ。
もしかしたらもしかして、宝塚初代シシィのあの方がついに?? とか密かに思ってるんですけど。
さて、今回はどんなキャストになるのやら。

桜のテンプレをちょっと花詩集のフィナーレっぽい色合いに替えたのですが、黒地に桜のテンプレを見てこっちのが花詩集っぽいわ~と6/15まで季節無視で桜のテンプレで参ります。

さて……。原稿やらなくちゃ(25日にW9オンリーがあるのにまだ頑張ってるらしいです←これが遊んでる場合じゃない原因)

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。