スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルサイユのばらBパターン

宝塚の「ベルサイユのばら」はもう何回観たか覚えてないんですけど(苦笑)
また新しいのがやってきたな……と。
新しい場面としては、オスカル誕生、三部会会議場封鎖、父上の成敗からオスカルを守るアンドレ。
……ってところでしょうかね?
オスカル誕生の所は、お姉さま5人(ひとケタ台という設定)のキャピキャピぶりがかわゆすで。
三部会の所はジェローデルの「マドモアゼル」に撃ち抜かれ(笑)
ジャルパパの刃からオスカルを守るアンドレの場面があった事で、アンドレ(今回ちょっと出番少なし)の想いの深さがよくわかるいい場面だったな~と思ったです。
ま、本人が知らないジェローデルとの縁談をなぜか衛兵隊諸君が知ってたり(わはは)
超シリアスモードの後に「オ~、プランタ~ン♪」と能天気なお姉さまがたがパパに「のんきに歌など!」って怒られたりしてたり「おいおい」と突っ込みたくなる場面もあったりでしたけど、たっぷりとオスカル様を堪能出来るバージョンだったと思います。
そして……
オスカル編といえば……

ペガ子!

ですわな。
「出てきた出てきた~」と思ったら羽根の先がヒラヒラしてるのにちょっと笑いのツボを刺激され、「ちょっと小さくね?」とか思った瞬間、翼がばさ~っと広がり舞い上がりましたよ。
その背には、黄金聖闘士かと見まごうばかりのオスカル様の姿が~。
1幕終わって、バージョンアップしたペガ子の話題になったわけですが「あれって、アンドレの想像力の賜物だよね」と。
そういえば、肖像画のオスカルを想像したアンドレの心の肖像なわけですからね。
というわけで、ペガ子の姿はアンドレの絵心の問題なんだねと妙に納得した1幕終了なのでした。

かなめさんのオスカルは、凛々しさ満載でちょっと暴れん坊な感じ(笑)の原作に近いオスカルさまだったと思うです。
今宵一夜の衣装のなんと似合う事。
キタさんアンドレ……もっと熱さ満載なのかなと思っていた一幕。意外に抑えた感じなんだなと思ったら、毒殺場面で爆発!緩急のつけ方がさすがでした。
カイちゃんアラン……意外とお坊ちゃまっぽいアランだったかなと。ま、彼も貴族だし?アンドレを思いやって敢えて憎まれ役をかって出る出撃前日の衛兵隊との件がよかったな~。

でもって、今回ちょっと心撃ち抜かれたまぁ様ジェローデル。
身を引きましょうの場面の「皆私に預けてみませんか?」にすっごいときめいたんですけど。
結婚するならジェローデル……いいよね(笑)

Aパターンはほぼ終わりに見るので、他の出演者の感想はその時に。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。