スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月組「1789~バスティーユの恋人たち~」千秋楽

抽選に強い友のおかげで、千秋楽の公演を見る事が出来ました。いつもありがとう(深々)

暑い外の気温に負けないくらい熱い迫力のあるいい公演でした。
終っちゃったのが寂しいですよ。ほんと。
民衆群舞の一体感。
ロナンの一曲入魂なナンバーの数々の説得力。歌がうまいってすごいなと改めて思った次第。
ちゃぴアントワネットの毅然としたラストの歌にはほんと泣けた。
オランプはわかばちゃん。楽近くになって初見だったけれど、恋する乙女風味が強かった印象。
芯は強いんだけれど、不器用な生き方しか出来ないと揺れ動く乙女心の持ち主だなと。
海ちゃんオランプはもっと硬質なイメージで、王妃に仕える、王太子の養育係であるという自分の立場から踏み出せない自分の内面のジレンマとの折り合いをつけるのが難しい女性な感じで。
演じる人によってこんなに印象が変わるから役替わりはやる方は大変だろうけれど、見るのは楽しかったな。
ソレーヌは結局はーちゃんVer.を初日一回しか観られなかったのが今になると残念。
みくちゃんソレーヌは逞しく生き抜く女の底力を感じたです。
2回目に見た時のロナンが死んでしまった後の歌が怒りと悲しみが混じり合った表情が忘れられないな~。
ありちゃんフェルゼンの成長っぷりにもびっくり。
若い人の伸びしろってすごいね。
今回、フェルゼン役だった事で、群舞に出られなかったのが残念。
フィナーレで踊る姿見ると、ついつい目がいっちゃうのよね。
みやちゃんアルトワは傲慢で尊大で。「おまえらとは流れる血が違うんだよ」という風情がたまらなく妖しく魅力的でありました。

専科に異動になるマギーさんの挨拶も月組愛に溢れてて、寂しさがおしよせてきましたよ。
次の公演は専科として月組に参加。
ペイロールは王党派の権力の象徴として、常に民衆を威嚇し、攻撃する存在。マギーさんならではの存在感だったな。
ご挨拶といえば、これから5つに分かれて公演する月組の面々。
その予定を全て何も見ないで一気に紹介した組長ナガさんすごいな~と感嘆。

1789についてはつらつらともっと書きたい事があるので、今日はとりあえずここまで~。
帰り道に携帯でメモっていたものの半分も書けていないのだけれど、頭の中で文章がまとまりません(笑)


テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。