スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンナイトが楽しかった件

21日と22日ソワレ、2日続けてみてきました。
文京シビックホール、初めて行きましたが良いホールですね~。
音響はちょっと良過ぎなくらい。椅子に座ると膝裏がちょっと上がる感じがして、自然に背もたれにゆったり座るのがいい体勢になって。
座った時にもしかしてこれは前のめりになれない椅子なのか? とちょっと画期的なのかもと思ったです。
考え過ぎかもだけどね~。

さて。ドラゴンナイト感想です。
腐女子目線バリバリなので、苦手な方はごめんなさいと最初に謝ります。
という事で、追記に記事は上げる事にします。


三部構成でact1は地球に落ちたドラゴンが世界各地を旅するわけですが。
ロシアではツンツン王子みやちゃんと悪女まいまいに翻弄されてちょっと切ないドラゴンまさお。
チャイコフスキー満載で耽美な世界が繰り広げられましたな~。
ドラゴン登場の音楽が白鳥の湖でオディールがロットバルトと共に現れるファンファーレだったのがたまらんね。
イタリアではゴンドラに乗って月光の中を旅するわけですがウンディーネ(たまきち)&ゴンドリエ(からんちゃん)の2人にやっぱり翻弄されて、たまちゃんウンディーネに覆いかぶさってめくるめいちゃったりして、結構R18な世界がピンクライトの中繰り広げられた……後、ウンディーネにがしっと手を掴まれて去っていく時の歌が鬼束ちひろさんの「月光」のこんなもののために生まれたんじゃないのあたりで。
ドラゴン、水の精にむさぼりくわれるのか……と思ってしもた。手をひくたまちゃん悪い顔してたんだものー。
でもって、その次のインドではまゆみさん(マハラジャ)の奴隷になってるわけで。
白と金の誰よりキレイなお衣装来た奴隷くんだけどなっ(笑)
イタリアで色々吸い取られて、インドあたりでポイっと捨てられてしまったのかと。
だってさー。お妃さまのわかばちゃんにも翻弄されて、あやうくマハラジャに斬られかかったり。
その後の歌が1789のソレーヌが歌う「夜のプリンセス」男性版で。
ソレーヌが何の仕事してたかという事をまんま当てはめると……ついに堕ちたか……ドラゴンと(^_^;)
でもって最後のニューヨークではかなりやさぐれちゃったドラゴンでしたよ。
でも、どの歌ものびやかに歌ってて旅がちゃんと繋がってたなーと思ったよ。
NY冒頭にみやちゃんが「女々しくて」歌ったんだけど、盛り上がったな~。
あと、これは今日見てふっと思ったんだけど、客席に降りる階段に足かけて歌うまさおくんの姿が、嘗て同じポーズで歌ってたあさこちゃんを思い出させたのですよ。
上手の階段の時だけ、ほんの一瞬の事だったんだけどね。
アピールの仕方とか下級生時代に見ていた上級生のかっこいい仕草とか、影響されるのかなーと。

act1だけで結構時間使ってしもた。
明日の用意もせねばなので、act2と3はまた明日以降に書きます。

まさおくんのコンサートではあるんだけれど、一緒に出ていたメンバー一人一人を見て欲しいと言っていたように、今まであまり顔と名前が一致していなかった下級生の歌とかダンスとか見られて少人数公演の楽しさを満喫したです。
この公演に出ていた18人(まさお除く)は皆歌うまかったよ~。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。