スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my楽となりました。

5日間連続観劇週間最終日。
月組全ツマイ楽となりました地、横須賀へ行って参りました。
yokosuka.jpg

なんだか近すぎてどこだかわからん写真になっちゃいました(笑)
最終日という事だからというわけでもないんですが、昼夜2回観劇。
いや~5階席はなかなか怖かったですよ。
高所恐怖症の方にはオススメ出来ない席です。ええほんとに。
よこすか芸術劇場は初めて行ったのですが、ちょっとオペラハウス風に
ぐるりと客席がありましてね。
正直サイドの席は花道とか見難いと思うし、相当乗り出してる方を
多数お見かけしたので、(中には立ってる方もいらしたですよ)
本舞台も結構見づらい所があるのかもですね。
オーケストラとか音楽系の催しならば問題ない劇場なのでしょうね。
緞帳とかすごく長いし(笑)ちょっと気分だけはゴージャス感を
味わって参りました。
ってなんだか劇場語りで終わってしまいそうな。

え~と。とりあえず『僕とダイヤ』
お昼→いきなりあさこちゃんと握手な最前列のお客様。
あさこちゃんは「僕と~」と聞く間もなく舞台へ戻っていきました。
夜→「ダイヤ」とお答えが。
「ダイヤ」と聞き返して本舞台に戻るあさこちゃん。
曲の感想で「ちくしょー!」と(笑)

でXタイム。
お昼→ふじこちゃん、れみちゃん。振り向いてすずなちゃんに……
目は合わせたもののいかずに、ちわわちゃんとも目を合わせて
微妙に三すくみ? そのままお歌に突入でした。
夜→ちわわちゃん。その後ふじこちゃんにいくのかなと思わせてSTOP。
最終日にしてれみちゃんとのも見られてとりあえず全員見たな。
満足

あとはあかねについてちょっと語りますが例の如く「腐」要素なので
伏せます。苦手な方はこちらまででよろしくです。



やはりね~。今回のゆうひさんの中大兄皇子さまがとっても鬼畜風味なのと
色っぽくて強引なのがいいですね。
んでね、やっぱり兄は弟を意識せずにいられないってスタンスに見えて
仕方がないわけなのですよ。
最後の大津京浜楼の場面で、額田を返す返さないのやり取りの時に
「わかってくれ、大海人」と剣を向けて言う中大兄の瞳の奥に
『どうしてわかってくれないんだ、大海人』と自分の気持ちに
気付かない弟への愛を感じたり(あはは)
くどいと言われて槍を向ける大海人と対峙して持っていた剣を
投げ捨てる姿とか。
(あれってもう殺すなら殺しても構わないぜってスタンスよね)
もうね。額田は帝として必要なのであって、愛は全て大海人へという
感じがしてならないんですよ。切ないね、兄。
あの調子だと、きっと嫁に出した娘にも嫉妬するね。
初めてそんな感じで見たのが博多座だったので(おさちゃんの中大兄は
また違う個性の孤高の人だったなあ……ってかあの時は大海人も絶対に
兄が好きなんじゃないかと思ったりしたんだけど)
博多座のビデオを久しぶりに見直してみるかな~。
ついでに雪組のと中日のと。BSでやった中大兄轟版もあったっけ(笑)
復習にはことかかないけど、この全ツで一回りも二回りも大きく
男っぽくなったあさこちゃんの大海人はほんとにステキでした。
これから北へ向かうのですね。どうかお体気をつけて。
(とまるで手紙の締めのように書いて今日は終わります)

あ~あ。終わっちゃったよ。
始まっちゃうと早いなあ。がっくし。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。