スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は観劇初め

お正月な雰囲気がまだ残る東京宝塚劇場で、宙組公演を見てきました。
かしちゃんのお披露目&サヨナラ公演。
「維新回天・竜馬伝!」と「ザ・クラシック」の二本立てです。
20070108150234.jpg

ロビーは先日までのクリスマスツリーに変わって門松仕様。
いつまでこれが飾ってあるのかな~とか思い、やはり記念に撮ってみました。
新しくなった2Fのカフェも覗いてきたですよ。以前は見えた帝国ホテルが
すっかり見えなくなってました。

さて、竜馬伝。
石田先生テイストのちと寒い台詞にはとりあえず目をつぶり参ります。
登場人物が多かったな~。
かしちゃん竜馬は美しかったです。繊細さの中に豪快さが垣間見える
感じかな~。るいちゃんとの並びも美しかった。
やっぱり一作サヨナラは惜しいとしみじみ思ったですよ。
徳川慶喜役のとむくんがとにかく立派だったことったら。
銀橋ソロで二階席へくわ~~~~っと目線を送りながら通る
上様を見て、「さすが花組育ち」なんて思ったりした次第です。
ほんとにすてきな負けっぷりでございましたよ。
あとはね、みっちゃん! 
やはり月組から組替えしたからってのもあって、注目しちゃったけど
いいよ~。なんかね。目を惹きますの。これからもがんばれ~。

ザ・クラシックは副題にI love Chopinと銘打ってるくらい
ショパンの曲満載でした。
装置がなかなかに美しくて幕開きから「お~~~っ」とちと感激。
ショーとしてはちとゆる~い感じ(エレガントと言わんかい)かな。
宙組の若手さん達をなんかじっくりとこんなに観たのは初めてかも
しれませんよ。
ショパンの意思を受け継ぐ人には色んな意味で頑張ってほしいものです。

見終わった後に同行の友人に言いましたが、竜馬がお披露目で
クラシックがサヨナラ公演な雰囲気かなと思いました。
るいるいとのデュエットの後のかしちゃんのソロは胸にじんわりきました。
その前の別れの曲にかぶせたナレーションはいらないんじゃと
正直思いましたよ。
わたるさんの大きさにほっこりとした星組。
タランテラで毒が回りまくりで全神経を張り詰めて見た雪組。
そして、惜しいな~と思いながらここは一体何組? と思った宙組。
サヨナラ公演が3作続いたけれど、ほんとに人それぞれ
組それぞれというのを感じたお正月の観劇初めでした。
やっぱりね。1作トップってのはよくないよ。
これから皆で一丸になって新しい組の門出! というのに
その中心がすぐに変わってしまうわけだもの。
新陳代謝を繰り返して、その時分の花を愛でるスターシステムだけれど
やはり花開くには1作は無理ですって。
落ち着いて数年見られるように、その組の良さを引き出せるように……。
そんな風に長年育てた生徒さんを大事にしてあげてくださいよ。
歌劇団にはそれだけお願いしたいです。

と改めて思っちゃいました。
明日は青年館でとうこちゃんのお披露目ヘイズ・コード見てきます。
あすかちゃ~~~~ん

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。