スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かる~く

喉が痛いです。風邪というにはあとはどこも痛くもかゆくもないし
熱もありません。
原因はね~多分逆転裁判4の最後やってた時にうっかり
うたた寝しちゃって、起きたらちと背中が寒かったのが
いかんかったかな~と今になって思い当たりました。
だからちみのが移ったわけじゃないから安心しちくり>某Hちゃんへ私信。

ウィーン版エリザを見ていた時にふと思った事を思い出したので
今更ですがちらっと書いてみようかと。
今回上手、下手に字幕が出るんですが、日本で上演された
宝塚や東宝版の歌詞にほぼ同じ曲もあれば、微妙にニュアンスが
違ったりするのもあるし、ものすごく字幕を熟読しながら観たわけじゃ
ないので、ほんとにうろ覚えなんですがそこで印象的だったことなんかを。
まず、精神病院訪問の場面。
日本版は「患者さんに会わせてください」という台詞だったと
思うんだけど、あちらは「患者さんを見せて」なのね。
ヴィンディッシュ嬢が淡々と歌うのが、却ってシシィと鏡同士みたいに
見えて、シシィの歌とすごく重なるんだなと。
ここの歌詞に「ティタニア」と出てくるけど、真夏の夜の夢の女王サマよね?たしか妖精の。
魔法かけられてロバ男に恋しちゃうんだっけか~とかぽややんと
思い出したり。
随分唐突に出てきた名前なので、ちょっと印象的でした。
この辺にシシィの病的な心の闇みたいな部分が出てるなと思って
(今パンフレット見たら「魂の自由」の訳詞は載ってなかった
ちゃんと書こうとするとこれだもんな。記憶はあてにならないな。
ってか私の海馬がやばいのか?(笑)
ルドルフに対しても、かなり冷たいよね。
「騒がしいわね」とか「あなたのためでも(フランツに)願い出る
なんて絶対しない」だものね。
(マリー・ヴェッツェラになったトート閣下の逞しい胸筋はちょっと
すごかったな…とか思い出したり)
なんかね、エリザベートってこういう人だったのねと改めて
思った次第だったのでした。
あと、「HASS」のシーンになるとついつい頭の中で
「どいーつじんのとーいつこっか、ぷろーいせんをつくる」とか
字あまりの日本語歌詞を歌っていたりして。
あとは、東京では大阪で私が勝手に命名した「地獄車」(笑)
でっかい馬車のセットが影も形もなかったのがちと寂しかったです。
どう考えても、あれは出てくる場所ないもんな~。
というわけで、このあたりで。

昨日買った「CREA」の宝塚特集を今日はじっくりと拝見。
皆様お花をバックに麗しかった事。
あさこちゃんもかっこよかったっす
あのインタビュー読んで、TCAとかでおさトートとあさこシシィが
観たいな~なんて相変わらずおさあさファンなたわごとを夢に見て
しまいましたとさ。てへ(追記じゃないのでちょっと小さくしてみました)

それから十和子さまのシシィの扮装はムラでなさったのかしら?

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。