スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダル・レークの恋in香川

というわけでラッチマンに会って参りました。
もしかしたら、この全ツで一番の良席が今日だったのかも。
この先、関東では遠くからオペラグラスで会いましょう(笑)
ホールは3階席まである立派なおっきなホールでした。

え~とまず気になった事。
上演中は携帯電話をね~……なんとかしてくださいよ。
切って観るのは常識だと思うんですけど……せめてマナーモードに。
折角のいい場面で沖縄民謡の着メロはないと思うのです。
うん、それだけなんですけどね。

ラッチマンは、ほんとに素敵でした
切なくて色っぽくてちょっと悪くて優しくて誇り高くて。
ああ、やはりネタバレ多数になるので続きは追記にて。




お互いの気持ちは通じ合っていたのに、身分と回りの言葉で
板ばさみになってカマラが選択したのは、やっぱり育てられた
環境なんだろうけど、同じに育てられて妹は奔放なのはやはり
長女と次女の違いなのかしらねえ。いや……性格か(笑)
身分を隠して悪ぶったラッチマンはどうなのよという意見も
あるところとは思いますが、カマラには何度も選択し直す
チャンスがあったはず。
それを一貫してマハ・ラジアの姫である道を選んだ以上
あの結末は致し方ないのかな~となんか納得しちゃったですよ。
もしもあそこに憲兵隊長達がやってこなかったら、
そのままハイダラバードへ行って、お祖父様と対面して
「ただの騎兵大尉なんだけど愛してるの」
「何を言ってる、この方は」
ってな展開になったのかもと思うと、それもまた運命よね。
(そうなったら物語にならないじゃん/笑)
カマラの顔見て悪ぶってる時の顔と、背を向けた時に言われる言葉を
聞く時の顔が全然違うのよ~。ラッチマンてば。
切なそうな表情にきゅんきゅんきてしまうこのときめきは何?!
って感じでね~。
ほどよくエロ風味を漂わせつつ、でも爽やかさんで。
パパ(ヒロさん)とのパリでの会話シーンはお互いを信頼し合う
親子の雰囲気がとっても良く出ていて楽しかったv
無頼漢だったり博打うちだったりしても、品がいいのはいいね~

みほこちゃんは、そんなカマラの愚かさを含めた可愛さとか
凛とした姿が魅力的だったです。
ゆうひくんは7年前のパリの悪党ぶりがかっこえかった。
あさこちゃんとの博打ダンス(笑)はよかった~。
あひちゃんはおおらかな雰囲気が役にとっても合ってたと思うです。
すずなちゃんの奥様がきゃんきゃん物言っても「はいはい」って
感じに受け流せる所がある意味大物。
長身に派手な衣装でゆったり歩くとなかなか迫力ですな。
そのかちゃんは相変わらずダンスリーダーでした。
フィナーレのオールバックがあまりにも男前で、
一瞬目を奪われた私を許して~あさこちゃん(笑)
そういえばパリの場面でそのかちゃんとみりおくんが二人で
ちょっと踊るシーン。
みりおくんダンスうまくなった? とか思ったのはそのかちゃん効果?
そうやってうまい人の近くで刺激受けて伸びていく若い子を見ると
嬉しくなるです。
フィナーレといえば、娘役さん陣のかっこいいこと。
下手で見ているあさこちゃんがまたいいんだけど、どっちも見たくて
困ってしまいました。
そうそう。例の円形ベッドのシーン。
ターバン外すところがちょうどみほこちゃんに被って見えなかったのが
ちと悲しかった…てへ。
次回上から観劇の時オペラグラスをロックオンします。
黒いロン毛も素敵だったわぁ
帰ってくる飛行機の中でも、メロディーが頭の中をぐるぐるしてました。
幸せ幸せ(^_^)v

これだけ書くのに40分も費やしてしまった。
書き忘れたことだらけだけど……。
次回観劇は来週川口です。その前に大坂侍観劇します。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。