スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予習?

横浜美術館で開催中の「源氏物語の1000年」に仁美ちゃんと行ってきました。
展示物は絵巻とか写本とか平安調度とか諸々と。
大劇場では年末に、そして東京ではお正月から公演の月組公演「夢の浮橋」が源氏の宇治十帖編ということで、ちょっと予習も兼ねまして。
源氏といえば遙か1創作を始めた頃に、やはり色々と参考になるので「あさきゆめみし」とかで寝殿造りとか調度とか覚えたなと思い出してみたり。
今回の展示は、月を見る紫式部像を色々な画家さんがモチーフとしているんだなとか
江戸時代に発行されてた外伝本とか、ちょっとオタク心をくすぐるものも。
中でも「雲隠れ」と題して色々書いてある本を見て「二次創作?」と(笑)。いつの時代も、名作の行間を読んだり、ない部分を想像したりという文化はあるのだなと感じたり。
遊女の絵と女三の宮の絵がシンクロされていたり、パタリロみたいな源氏の君がいたり(ずんぐりむっくりな姿が実はすごく気に入ってしまったの)浮世絵風な紫式部がいたり。
美男美女の姿も世につれなんですね~。

そして宇治十帖編で一番多く描かれていたのは、碁を打つ大君と中の君を垣間見る薫と、浮舟を小舟で連れ出す匂宮だったように思います。
八の宮一家が一切出てこない風な「夢の浮橋」はどんな話になるのかが楽しみですな~。
個人蔵な作品も数多く見られたし(しかも金色が鮮やかに美しい様にちと感動)、屏風に扇型の絵巻を一面に貼った物語順な絵もたくさんみられて、なかなかに充実の展示でありました。
結構会期中に展示替えがあったみたいで、見られなかったものもかなりあったみたい。
何度もおいでよってことなのかしら?
今日は暖かい一日だったので、みなとみらい散策も楽しかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。