エリザベートの続きと思ったけど

前の感想が中途半端で終わってしまったので続きを書こうかなと思いつつ、エリザベート見るとなぜか過去のエリザを見たくなってしまうという不思議な状態に陥る私。
今日は久々に2005年の月組新人公演と本公演をちょこっと見ちゃいました。
新人公演はカットされた場面が多くて、プロローグもカットなのでまさみりのルドルフ&子ルドルフの歌い継ぎがなかったのが今となると残念だったな~。
いや~子ルドのみりおくんめっさ可愛かった。
9年後にこの子がトート閣下になったんだな~と感慨深く見ちゃいましたよ。
そして、今回の観劇時に「あれ?」と思う事が割とあったんですが、どうも東宝版もたくさん見ているので、その台詞やセット、演出などが若干記憶の中で混在しちゃっていて(^^ゞ
それが一番如実だったのが一幕最後の鏡の間。
宝塚は舞台奥センターからシシィが登場するのが常なのに、「あれ?階段ないぞ」とか思っちゃう始末。
(東宝版は舞台若干下手側に長い階段セットが出てきてその扉からシシィが登場するのです)
もう一度観劇する機会があるので、頭をきちんと宝塚版にリセットして観たいと思った次第です……やだわ~。

というわけで、感想の続きを追記にて。
(若干というかかなり腐な流れになるかと思いますので、苦手な方はここまででよろしくです)

続きを読む

花組エリザベート

中日をとっくに過ぎ、後半戦に入ってからの昨日やっと初見でございました。
まずはみりおくん、トップお披露目おめでとうございます~!
美しくて素敵なトート閣下でした。
俺様風味でありながら、実はとても繊細。
シシィと初めて出会う「愛と死の輪舞」では初恋の少年のようであり、
黒天使を従えての「最後のダンス」は艶っぽい誘惑者。
フランツに最後通牒を突き付けた場面で拒絶された時やルドルフの葬儀後にシシィを突き放した後の傷心っぷりったらもう。(自分から突き放しておいてそこまで?と)
どの歌にも説得力があっていい作品でお披露目できたな~と思ったです。
ルキーニのだいもんも素晴らしかった。
終始狂気をはらんでいて、トートに従属するものではなくて共犯者という感じで、対等に見えたのは同期効果なのかな?
今までにない関係性で自由度の高いルキーニだったと思います。
今回のエリザは歌ウマさんが多くて、こんなに耳に心地いい公演も珍しいなと(歌劇団なんだからやっぱりいつでもこうあってほしいけれどね~)
みっちゃんフランツは言わずもがな。昨日のカフェブレで稽古始めはゾフィーより他の重臣たちよりも偉く見える的な事を注意されたといってましたが、存在感は半端なかったです。
そうそう、バートイシュルのお見合いシーンがすごく早回し的な動きがコミカルで面白かった。
ああ、なんかもう事細かに色々書きたくなってきた(笑)
とりあえず、今時間がないのでここまでで。

あ、一つだけすごく気になった事。
トートの登場シーンの「またの名を『死』!」で拍手なのはどうなのかなあ。
物語の緊迫感を削いであんまりよくない気がしたんだけど……てか大拍手が起きてびっくりしちゃったよ。
あそこは静寂の中で登場を見たいとしみじみ思ったです。
お披露目公演の初めての登場シーンなのは百も承知だよ。
私がエリザのプロローグが物凄く好きだからそう感じたのかなぁ……。
また色々書きに来ます。

追記に拍手御礼

続きを読む

10月も最終週ですなぁ

カレンダー見てしみじみしております。
タカラヅカニュースで毎日運動会の各組大追跡とかやっているので、運動会の余韻に浸りまくりな今日この頃です。
明日は月組大追跡だ~。
そして今朝はPUCK&クリタカのスカステ貸切のトークショーが楽しくて、あれは全編流してくれないのかな~?
美弥ちゃんが言ってたお片付けの妖精は私も来てほしい(カチャに突っ込まれて「なによ~」みたいに言い返してる所が同期ならではな雰囲気で笑ってしまった)
そして、キャラが濃いとマギーを真っ先に指名して皆の同意を得ながらも、マギーから反撃されて「私は大丈夫だから」と言った瞬間に皆から「いやいやいや」と一斉に突っ込まれていたまさおくんに大いに笑う。

今日はテレビ語りとかしてみるかと思っていたですが、この貸切トークのおかげで毎度の月組語りとなってしまいました。

閑話休題
それにしても昨今のハロウィンの定着ぶりには驚くばかり。
電車の中や街中でこれからパーティとか練り歩きなのかは謎ですが、仮装したままの人とかいたりしてね。
でもちみちゃい子がでっかいカボチャの衣装着ていたりすると、自然と微笑んでしまいます。
とか言いつつ、海沿いのねずみーさんにはハロウィンの頃に一番多く出かけている気がするな~。
飾りつけがかわいかったりでね。

映像見ただけで語る(笑)

エリザベートの東京公演中ではありますが、初見が来月に入ってからなので、何を書こうかな~とまた放置(笑)
ってわけで、映像で見ただけの月組の事とかちょっとだけ。
PUCKはなかなか評判が良さそうなので東京公演が実に楽しみ。
スカステでやっていた新公映像も見ましたが、あーさのパックは意外と男らしい印象。
たまきちサー・グレイヴィルがダンディでしたな。
わかばちゃんがあんなに美人さんなのに今ひとつなヘレン役は全力で笑いを取りに行ってる感じで。
東京公演は新人公演のチケットも友会のおかげで当たったりしているので、更に楽しみですよ。
最後のご挨拶のあーさはもうひたすら「頑張れっ」と思ったけれど、後ろで見守るくらげちゃんがまるで母のような眼差しで見守っていましたな。

さて。2月の中日劇場はまた風共なわけですけれど、主な配役が出てほほぉ~と思った事。
実は、アシュレとスカーレットⅡがまたカチャみやで役替わりなんじゃとか思ってたんですよ。
そしたら、アシュレはみつるくんでみやちゃんはベルだっていうじゃありませんの。
カチャのスカⅡはまさおくんととってもいい並びだったので、再びなのは納得なんですけれど、月組の主要男役陣が揃ってみんな女役なんだな~と。
来年の名古屋行きは見合わせるつもりだったんだけど、こうして配役とか出てくると観に行きたい気持ちが高まりますな~。
たまちゃんの「Bandito」はわかばちゃんがヒロイン。としくんが二番手なのね。
多分これが今の青年館の見納めになるのかな。
あのあたりの風景も2020年に向けてすごく変わっていくんだろうな~。
先日、NHKスペシャルで戦前の映像をカラー化した番組で、整備されたばかりの神宮外苑とか見たんですが、本当にキレイな街並みでね~。
折角作り直すんだから、先々使えて更に街並みも美しくなってほしいもんです。

宝塚大運動会萌え覚え書き

せっかく運動会を観に行ったというのに、その後の修羅場に巻き込まれ(って自分がいかんのだけれど)
あまりしっかり書けてなかったので、スカステのダイジェストを見ながら萌えどころをメモっておこうと思います。

入場行進
宙組…なんてったって、テルラインハルト様再びですな。素顔であの金髪と衣装が似合うってもうそれだけですごいと思う。
各組にファイエル~と言いながら星組にだけなぜかやぁ~みたいな事になってたりして。
一番最初に真っ暗な中でスタンバる宙組生見て客席で「学ラン?学ラン?」ってわくわくしてたら軍服だったよ。
星組…ジャイアンちえちゃんリサイタル。ジャイアンといえば、退団されたえりたんだったけれど、襲名したのかな(笑)
入場行進から気合い入ってたよ。
専科・音楽学校…専科生全員の自己紹介と音校生の揃いっぷり。みつるくん専科デビューおめでとう(笑)
月組…暗い中に用意された自転車にでっかい月のオブジェを見て「あ、月組クル~~~」とわくわく。
(実は自転車なのかバイクなのか暗くてよくわからんかった)
アフロアレンジのリーゼントがあれほど揃うのも全員アフロ持ってるからよね。
一輪車で旗持って独り走り回るのがマギーだったのは、アナウンスで知りました。
そして金色の特攻服姿で自転車で走り回るまさおくんの姿に笑った笑った。
赤い特攻服で踊りまくり、自転車の後を旗持って走り回るちゃぴちゃんの男前だったこと。
雪組…きちんとショーアップされてて殺陣とか取り入れたりして、昔からそうだけど、ほんと雪組は真面目だな~。
そういうところ変わってないな~(20年前の入場行進でもそんな感想を仲間と言い合った気が……)
ちぎちゃんとゆうみちゃんの披露宴のようでしたな。ちぎちゃんはトップとしてのお披露目が運動会というのも、なんだか体育会系なちぎちゃんにぴったりな気が。
花組…花組といえばスーツでひたすらキザってなんぼ。その伝統は変わりませんな。
エリザっぽい雰囲気で(そのまま公演の曲使うわけにはいかないもんね←大人の事情/笑)
若頭的にみりおくんの隣で盛り上げるだいもんにちょっと笑ったです。

……覚え書きと言いながら、入場行進だけでこんなに書いてたら……終わらない……。
とりあえず、長そうなので続きは追記に。

続きを読む

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

運動会

今や新幹線に乗れば二時間半で大阪に着く時代に、二時間半でやっと名古屋着各停で旅に出ますた。
 
静岡県広いわー、でもって曇って見えなかった
しかーし、名古屋は超青空っ。
大阪もいい天気でしたー。
 
で、今日の目的は
 
↑ここだっ
 
まで打って只今帰りのバス待ち時間。
 
電池がピンチなのでこれだけしかアップ出来ないとは……不覚なり~。
 
星組さん、優勝おめでとうございました☆
 

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

雪組千秋楽ライブ中継

結局、えりたんのラストデイ中継を見て感想をアップする事になってしまいました……。
雪組公演「一夢庵風流記 前田慶次」と「My Dream TAKARAZUKA」の二本立て。
劇場では2回観劇しました。
原作の「一夢庵風流記」は図書館で借りて、珍しく観劇前に読了。
でも、舞台になっていたのは前半部分かな。
慶次の傾奇者としての破天荒ぶりを描きながらも、きちんと恋愛モノのお話になっていたところがさすが宝塚。
大野先生の脚本は、たくさんの登場人物をきちんと魅力的に書いているので好きだなと改めて思ったです。
なんだかたくさん書きたい事があるのに、うまくまとまらないな~。
個々の感想は思い出しつつ後日まとめて上げたいな~(予定)
とりあえず今日は退団者の事について。
ライブ中継は大きなスクリーンでオペラグラスいらずに表情が手に取るようにわかるので、細かいお芝居とかが見えて、劇場とは違った見方が出来てそれもまた楽しいかなと思ったですよ。
もちろん、生で見る迫力が一番なのは当たり前過ぎなのだけどね……(笑)

えりたんがもうほんとに清々しいやりきった感溢れる笑顔でね。
前田慶次の方ではラストにかけてじわじわと涙腺攻撃されていたですが、ショーのレジェンドの場面で組子に囲まれて、皆に笑顔を向けているのを(それこそもうニカ~っと満開な笑顔で)見て「ああ、いい顔してるな~」とか思ったらダダ~っと涙が……。
同時退団の相手役あゆっちは、ほんとにいつでもえりたんを見ているのだな~と。
最後のご挨拶で「壮さん」という一言が出た瞬間に、劇場全体にふふふ……という笑みがこぼれたのももうご愛嬌。
最後まで壮さん大好きパワーがみなぎっていたですね。
えりたんのご挨拶であゆっちへの感謝の言葉があった時に、満面の笑顔を見せて、その後もう花束に顔を埋めて号泣で。
1年8ヶ月と短いコンビ生活ではあったけれど、いいトップコンビだったなと思ったです。
そしてまっつの歌声も聞き納め。ほんとにいい声でステキな歌をたくさん聞かせてもらったな~。
最後のご挨拶で、あそこまであゆっちにバトルをしかけてくるとは思いませんでしたが(^_^;)
ゆめみさんの歌声、えりたんとあゆっちのデュエットダンスでのカゲソロ、素晴らしかったです。
いい千秋楽でした。うん。

10月からの花組エリザベートでらんちゃんが退団。
来年頭には宙組のトップ、かなめ氏が退団。
来年5月には星組のトップコンビ、ちえちゃんとねねちゃんが退団。
今年の始め、100周年のトップスター&トップ娘役として並んだ10人が来年の5月になると3人しか残らないんですな~。
月組は次回公演PUCKもまだ幕が開いていないのに、その次の公演のフレンチミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」が発表になって、ついつい動画サイトなど見てみる始末。
その前の花組公演もフランス革命時代のお話なのよね。
ヅカファンはもうフランス革命通になるしかありませんな。

ああ、明日からもう9月。時の流れは早いですな~。

1週間……早いね……ふふ

火曜日に宝塚の色んな発表があって、覚えきれずに(笑)落ち着いたら記事にしようと思っていたらもう土曜日だよ!
組替えはまあ……あると思ってたけどね。
顔のわかる生徒さんと全くわからない生徒さんがいたりで、ほほ~と言う感じ。
花組でアーネストやるなら、だいもんがいるうちがよかったのにと思ったのはちょっと大声で言いたいところです。
あれは、アーネストとアルジィが丁々発止出来る関係性じゃないと楽しくないんだよ~。
でもって、主役二人は見てるこっちがこっぱずかしくなるほどラブラブな関係性を出してくれないと盛り上がらないんだよね~。
楽しみではありますが、やはりあさこちゃんの思い出の作品で大好きな作品なので思い入れハンパないわけですよ(笑)
みりおくんがんばって!!

日本青年館は来年の3月で閉館⇒移築という事らしいので、バウ&青年館の月組が最後になるのかな~。
主演は誰なのかな~、今の流れを考えるとたまちゃんが有力なんでしょうかね。
新しい青年館は2017年春に営業再開の予定らしいですよ。
2年はあちこちで公演するんだろうなと来年のスケジュール見て思いましたよ。
文京シビックホールとか検索しちゃいましたよ。(しかし大きなホールだよね。ほぼ東宝劇場並みではないですか)

とまあそんな事をつらつらと思っていたら、雪組さんの「ルパン三世」の配役がいつの間にか出ていたり。
………。
みゆちゃんの役……マリーアントワネットって一体………。
そして、ルパン三世におけるカリオストロ伯爵といえば、あの人しか思い浮かばないんんですが……。
ルパンとアントワネットとカリオストロと揃えたら……やっぱり首飾り? とか思ってしまいました。
そして………ともみん銭形警部キター!(笑)
伯爵令嬢のポスターもきらっきらしていましたな。

でもってムラのエリザベートのチケ難具合を鑑みるに東京公演も大変そうだなと改めて思った次第。
チケ取り頑張るぞっと。

にしても、あんなにご大層にカウントダウンしていた東宝エリザベートはそろそろ配役が出るんでしょうかねぇ。
日程出すだけであれはないよな~。

というわけで、夏コミに向けて頑張ってる日々でもありますので、また1週間位したらふら~りと出てくるやもしれませぬ。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は革命記念日

そして、今日は雪組の大劇場千秋楽。
えりたん、あゆっち、そしてまっつにゆめみさん。あと4人の退団者の皆さんご卒業おめでとうございます。
東京公演楽しみにしてます。
ベルばらには色々な役でたくさんご出演のえりたんの大劇場千秋楽が革命記念日というのも何かのご縁なのでしょうかしらね?

先日、図書館で「一夢庵風流記」を借りて読み始めましたよ。
半分まできたので、見るまでに読み終わる予定です。
なるほど、松風が重要なわけだな~と納得です。

公式(ここです)の壮印の兜にジャイアンTシャツ姿のえりたん……いい笑顔だな~。
そして夏場の公演という事もあるのかな~。袴姿の写真見て痩せちゃったな~と思ったです。
もともと細いのに。

ベルサイユのばらBパターン

宝塚の「ベルサイユのばら」はもう何回観たか覚えてないんですけど(苦笑)
また新しいのがやってきたな……と。
新しい場面としては、オスカル誕生、三部会会議場封鎖、父上の成敗からオスカルを守るアンドレ。
……ってところでしょうかね?
オスカル誕生の所は、お姉さま5人(ひとケタ台という設定)のキャピキャピぶりがかわゆすで。
三部会の所はジェローデルの「マドモアゼル」に撃ち抜かれ(笑)
ジャルパパの刃からオスカルを守るアンドレの場面があった事で、アンドレ(今回ちょっと出番少なし)の想いの深さがよくわかるいい場面だったな~と思ったです。
ま、本人が知らないジェローデルとの縁談をなぜか衛兵隊諸君が知ってたり(わはは)
超シリアスモードの後に「オ~、プランタ~ン♪」と能天気なお姉さまがたがパパに「のんきに歌など!」って怒られたりしてたり「おいおい」と突っ込みたくなる場面もあったりでしたけど、たっぷりとオスカル様を堪能出来るバージョンだったと思います。
そして……
オスカル編といえば……

ペガ子!

ですわな。
「出てきた出てきた~」と思ったら羽根の先がヒラヒラしてるのにちょっと笑いのツボを刺激され、「ちょっと小さくね?」とか思った瞬間、翼がばさ~っと広がり舞い上がりましたよ。
その背には、黄金聖闘士かと見まごうばかりのオスカル様の姿が~。
1幕終わって、バージョンアップしたペガ子の話題になったわけですが「あれって、アンドレの想像力の賜物だよね」と。
そういえば、肖像画のオスカルを想像したアンドレの心の肖像なわけですからね。
というわけで、ペガ子の姿はアンドレの絵心の問題なんだねと妙に納得した1幕終了なのでした。

かなめさんのオスカルは、凛々しさ満載でちょっと暴れん坊な感じ(笑)の原作に近いオスカルさまだったと思うです。
今宵一夜の衣装のなんと似合う事。
キタさんアンドレ……もっと熱さ満載なのかなと思っていた一幕。意外に抑えた感じなんだなと思ったら、毒殺場面で爆発!緩急のつけ方がさすがでした。
カイちゃんアラン……意外とお坊ちゃまっぽいアランだったかなと。ま、彼も貴族だし?アンドレを思いやって敢えて憎まれ役をかって出る出撃前日の衛兵隊との件がよかったな~。

でもって、今回ちょっと心撃ち抜かれたまぁ様ジェローデル。
身を引きましょうの場面の「皆私に預けてみませんか?」にすっごいときめいたんですけど。
結婚するならジェローデル……いいよね(笑)

Aパターンはほぼ終わりに見るので、他の出演者の感想はその時に。

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
pixiv
最近の記事
プロフィール

奈莉

  • Author:奈莉
  • FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索
RSSリンクの表示
RSSフィード
月別アーカイブ